ペットの個別火葬とは?合同よりも個別がおすすめな理由

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットの個別火葬とは?合同よりも個別がおすすめな理由

家族の一員であるペットちゃんが亡くなったとき、飼い主様は責任を持って供養しなければいけません。しかし、近年はペットちゃんを供養する方法がいくつもあり、どのように自分のペットちゃんを供養してあげればいいか分からないという飼い主様も多いと思います。ペットちゃんを火葬する方法は、一般的に「合同火葬」と「個別火葬」があります。今回は「合同火葬」と「個別火葬」を比較してご紹介いたしますので、ご自身に合った火葬方法を選ぶ際の参考にしてみてください。

「合同火葬」と「個別火葬」とは

舌を出すチワワの写真

そもそも二つの火葬方法を「聞いたことすらない」という方も多いと思います。ここでは二つの火葬方法が、一体どのようなものなのかをそれぞれ詳しく説明していきます。

合同火葬

合同火葬とは、他のペットちゃん達と合同に火葬するという方法です。一度で複数のペットちゃんを供養できるため費用が抑えられます。そのため「できる限り低価格で供養したい」「一人で旅立つペットちゃんに寂しい思いをさせたくない」という飼い主様に選ばれている火葬方法です。

しかし、火葬後は複数のペットちゃんの遺骨が混ざっているため、遺骨の返却はありません。そのため「遺骨を残してあげたい」と思っている飼い主様には向いていない火葬プランです。

個別火葬

個別火葬とは、ペットちゃんを一匹ずつ火葬するという方法です。個別火葬はさらに「一任個別火葬」と「立会個別火葬」に分かれます。「一任個別火葬」は火葬業者に引き取ってもらい、火葬から拾骨まですべて任せるプランで、「立会個別火葬」は火葬から拾骨まですべてご家族で立ち会うことができるプランです。出張火葬業者の「立会個別火葬」は、自宅付近にて火葬してもらうことができます。

個別火葬は、個別で火葬するためペットちゃんの遺骨が残ります。そのため「きちんと個別で火葬して遺骨を残してあげたい」という飼い主様に選ばれています。

「合同火葬」と「個別火葬」の違い

ハンモックから顔を出す犬の写真

「合同火葬」と「個別火葬」は、火葬後に遺骨が残るか残らないか、ということが大きな違いになります。「合同火葬」の場合は遺骨が返却されず、そのまま複数のペットちゃんと一緒に火葬業者の共同墓地などに埋葬されます。そのため、遺骨を自分たちで供養してあげたいという飼い主様は「個別火葬」を選択する必要があります。また、費用面では「合同火葬」のほうが低価格で火葬することが可能です。

そのほか「他のペットちゃんと一緒に火葬するということに抵抗がある」「他のペットちゃんと火葬することで寂しくないだろう」など飼い主様の価値観によって感じ方が変わってきます。

個別火葬のメリット・デメリット

メリットとデメリットの写真

メリット

「個別火葬」はペットちゃんの遺骨を残すことができるという点が大きなメリットになります。最近はペットちゃんと一緒に入ることができるお墓や、遺骨を封入できるキーホルダーやアクセサリーなどもありペットちゃんの遺骨を残したいという飼い主様が多くいらっしゃるため、遺骨が残るという点は「個別火葬」ならではのメリットです。

また、遺骨の拾い上げに立ち会いたいという飼い主様もいらっしゃいますが、「合同火葬」では立ち会うことができません。しかし「個別火葬」の場合は立ち会うことができるプランもあるため、そのような飼い主様からも「個別火葬」は選ばれてます。

デメリット

個別火葬のデメリットは、合同火葬に比べて費用が上がるという点です。また、遺骨を返却してもらうことができる「個別火葬」ですが「一任個別火葬」の場合は、遺骨を返却してもらえないこともあるので事前に火葬業者に確認しておきましょう。

個別火葬の流れ

数珠のイメージ写真

近年、ペット火葬業者は出張火葬が主流となっておりますので、この章では一般的な出張火葬業者の「個別火葬」の流れについてご紹介いたします。日頃からご家族で話し合って火葬方法を決めておくことや、火葬までの流れを事前に知っておくことで、急なペットちゃんの不幸にも慌てず対応することができますので、ぜひ参考にしてください。

①火葬業者へ依頼

ペットちゃんの永眠を確認したら、火葬業者に依頼する。担当者の質問に答え火葬プラン・火葬日を決めていきましょう。火葬業者によっては早朝や深夜など24時間対応してくれる場合もあります。

②火葬日までペットちゃんを安置

ペットちゃんのご遺体は放置していると腐敗してきます。少しでも綺麗な状態で旅立てるように、ドライアイスや氷などでペットちゃんを冷やし安置してあげましょう。また、一緒におやつや写真などを入れる場合は準備しておいてください。

③火葬日

火葬日にご自宅まで火葬業者が伺います。「一任個別火葬」は、引き取って火葬場にて個別火葬、「立会個別火葬」はご自宅付近にて火葬車で火葬します。最後にしっかりとお顔を見て、見送ってあげてください。

④拾骨

「一任個別火葬」の場合は、火葬後「そのまま火葬業者にて埋葬してもらう」「遺骨を返却してもらう」など火葬業者によって対応は様々ですので、事前に確認しておきましょう。「立会個別火葬」の場合は、家族で遺骨を拾い上げ、骨壺に納骨します。

遺骨の供養方法

お墓のイメージ写真

個別火葬は、遺骨を返却してもらえることが可能です。しかし、返却してもらった遺骨をどのように供養すればいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこでこの章では、遺骨の供養方法をご紹介いたします。最近はペットちゃんの遺骨を供養する方法がたくさんありご自身に合った方法を選べますので、事前に決めておくといざという時にスムーズに進めることができます。

自宅で保管する

「ペットちゃんのお墓を建てても管理することが難しい」というような飼い主様は、ご自宅で遺骨を管理することも可能です。しかし、骨壺のまま保管すると湿気によってカビが生えてしまうこともあるので、除湿剤などを入れて湿気の少ない部屋できちんと管理するようにしましょう。

自宅の庭へ埋葬

ペットちゃんが大好きだったご自宅に埋葬してあげたい、という飼い主様もいらっしゃるのではないでしょうか。私有地であればご自宅の庭へ遺骨を埋葬しても問題ありません。しかし、途中で引っ越しする場合や、ご近所とトラブルになることもありますので「深く掘って埋める」「パウダー状にしてから埋める」など埋葬には十分注意しましょう。

ペット専用のお墓へ納骨

ペット専用のお墓を建てられる方も多くいらっしゃいます。お墓の種類は人のお墓と同じように名前が刻まれた個別のお墓や、複数のペットちゃんと一緒に納骨された合同のお墓があります。また、ペットちゃんと人が一緒に入ることができるお墓もあり、自分が亡くなった時に一緒に入りたいと望む飼い主様も増えています。

遺骨をアクセサリーやオブジェに

遺骨をアクセサリーやオブジェに加工して、供養することを手元供養といいます。近年は、大好きだったペットちゃんをいつも身に付けて供養する飼い主様も増えてきております。アクセサリーやオブジェ・キーホルダーだけでなく、ダイアモンドに生まれ変わらせるサービスもあり、様々な手元供養があります。

まとめ

ペットちゃんの火葬は「合同火葬」と「個別火葬」があります。近年は、一匹ずつ丁寧に火葬し遺骨を残すことができる「個別火葬」が、たくさんの飼い主様に選ばれています。それは、家族の一員として過ごしてきた大切なペットちゃんを「人と同じように手厚く見送ってあげたい」という考えの飼い主様が多くいらっしゃるからだと考えられます。

ペットちゃんの遺骨の供養方法はお墓や手元供養など様々ですが、どの供養方法が正しいというものではありません。いずれの方法にしても飼い主様がペットちゃんのことを思って供養すれば、きっとペットちゃんに届き天国で喜んでいるのはないでしょうか。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら