ペットの合同火葬とは?ペットにとって合同火葬は本当に幸せなの?

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットの合同火葬とは?ペットにとって合同火葬は本当に幸せなの?

ほとんどの動物が人間よりも寿命が短く、ペットちゃんを飼っていればいずれお別れのときがやってきます。愛するペットちゃんとのお別れは考えたくはないですが、いざという時に慌てないために、日ごろからペットちゃんの最期のことをご家族で話し合ったり、葬儀方法を決めておいたりすることはとても大切です。後悔しない「ペット火葬」を行うために、今回はペットの合同火葬のメリットやデメリットなどをご紹介します。

ペット火葬の種類

気持ちよさそうに寝る猫の写真

ペット火葬の火葬方法は、「合同火葬」と「個別火葬」の二種類があり、希望の火葬方法を選ぶことが可能です。それぞれ詳しく説明してきます。

合同火葬

合同火葬は、他のペットちゃん達と一緒に火葬する方法です。複数のペットちゃんと遺骨が混同してしまうため、遺骨は飼い主様へ返却されずそのまま合同墓地などに埋葬されます。

個別火葬

個別火葬は、ペットちゃんを一人ずつ個別で火葬する方法です。個別火葬はさらに「一任個別火葬」と「立会個別火葬」の種類に分かれます。「一任個別火葬」は火葬業者がご遺体を引き取り火葬を一任する方法で、「立会個別火葬」はご家族立ち会いのもと火葬される方法です。「立会個別火葬」は火葬後、ご家族で遺骨の拾い上げができ、そのまま返却してもらうことができます。

合同火葬の費用と流れ

オペレーターが案内をする写真

合同火葬の費用

0~2㎏の小動物は12,000円~15,000円、2~5㎏の猫などの動物は16,000円~20,000円、5~10㎏の小型犬は20,000円~25,000円、10~25㎏の中型犬は30,000円~35,000円、25~40㎏の大型犬は40,000円~45,000円、40㎏以上の超大型犬は50,000円~。さらにこの基本料金に10,000円~20,000円ほどの出張費やオプション料金がかかることもあります。

合同火葬の流れ(出張火葬)

一般的な出張火葬業者に「合同火葬」を依頼した際の流れをご紹介します。詳しくは依頼する火葬業者に確認してください。

①ペットちゃん永眠

ペットちゃんの永眠を確認したら、ペットちゃんがいつも寝ているときのような状態にして安置してあげてください。ご遺体の腐敗を防ぐためにドライアイスや氷で冷やすといいでしょう。

②火葬業者へ依頼

出張火葬業者は年中無休24時間対応してくれるところもあるので、事前に営業時間を確認して依頼するといいでしょう。火葬プランや火葬日時を決めます。

③お迎え

火葬日に火葬業者がペットちゃんをお迎えに来てくれます。

④火葬

ペットちゃんのご遺体を、他のペットちゃんと一緒に火葬します。

⑤埋葬

他のペットちゃん達と一緒になった遺骨を、合同墓地などに埋葬します 。

合同火葬のメリットとデメリット

デメリットとメリットのイメージ写真

この章では合同火葬のメリットとデメリットをご紹介します。メリットとデメリットを踏まえた上で、ご自身に合った火葬方法を決めましょう。

メリット

合同火葬の一番のメリットは費用を抑えられることです。「少しでも費用を抑えて供養したい」と思われている飼い主様におすすめな火葬方法といえるでしょう。また、人によって価値観は異なりますが、「他のペットちゃんと火葬・埋葬することで寂しくない」というようなメリットを感じる飼い主様もいらっしゃいます。

デメリット

合同火葬は複数のペットちゃんと火葬するため、個別のペットちゃんの遺骨が残りません。そのため、「遺骨を返却してほしい」というような飼い主様には大きなデメリットと感じるでしょう。さらに、飼い主様によっては複数のペットちゃんと合同で火葬すること自体に、抵抗を感じられる方も少なくありません。

遺骨の供養方法

子供がお墓に花を供える写真

合同火葬のデメリットの一つに、「遺骨の返却をしてもらえない」ということがありますが、なぜ遺骨が返ってこないことがデメリットなのか、いまいち分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。近年は、ペットちゃんと一緒に入れるお墓や遺骨のキーホルダーなど、遺骨を供養する方法が豊富にあります。そのことを知らずに合同火葬を利用した飼い主様が、あとから後悔するというケースも少なくありません。そのようなことがないように、この章では遺骨の供養方法についてご紹介いたします。

自宅でそのまま保管

人と違ってペットちゃんの遺骨は、ご自宅で保管しても問題ありません。そのため、遺骨を自宅保管されている方もいらっしゃいます。ただし、骨壺などは湿気が多くカビが生える恐れもあるので、除湿剤などを入れて大切に保管するようにしましょう。

仏壇やアクセサリーなどの手元供養

ペットの仏壇は、人のように立派なものではなく、見た目もお洒落で狭いお部屋にも収まるコンパクトなものがたくさん販売されています。また、最近ではペンダントやキーホルダーなどの持ち歩くことができる保管方法もたくさんあり、常にペットちゃんと一緒に居られると人気が高まっています。

庭などの私有地に埋葬する

ペットちゃんのご遺体をそのまま埋葬する方もいらっしゃいますが、衛星上の問題から、近年では火葬してから埋葬されるケースのほうが多くなっています。骨壺から遺骨を出し、さらしなどに包んで埋葬するようにしましょう。

ペットのお墓

ペット専用のお墓は様々な種類があります。人のお墓と同じようにペットちゃんの遺骨が個別で埋葬され名前が刻まれた「個別墓」、他のペットちゃんと一緒に埋葬される「合同墓」、骨壺のまま室内などに収蔵される「納骨堂」があります。また、最近は人とペットちゃんが一緒に入れる霊園なども増えていますので、希望に合った供養ができる霊園を事前に探しておくといいでしょう。

後悔しないお別れをするために

飼い主が犬を抱きながら見つめる写真

残念なことですが、「ペットちゃんをきちんと供養できなかった」と自分を責めることにより心の傷を負ってしまうケースも少なくありません。そのようなことにならないため、飼い主様はどのようなことに気をつけなければいけないのか考えていきましょう。

事前に家族で話し合っておく

家族の一員であるペットちゃんが亡くなってしまうと、誰でも慌ててしまいます。辛いからと「立ち会いたくない」「遺骨になった姿なんて見たくない」とその場の感情で火葬方法を決めてしまうのは危険です。元気なうちから、家族で大切なペットちゃんをどのように供養したいか、話し合って決めておくといいでしょう。

火葬業者を決めておく

ペットちゃんの不幸はいつ訪れるか分かりません。急なことで適当に火葬業者を選んでしまうと、ペットちゃんを雑に扱われてしまったり、高額をだまし取られたりするケースもあるので注意が必要です。電話などで事前相談にも対応してくれる火葬業者もありますので、スタッフの対応やプランなどを事前に確認しておくといいでしょう。

残せるものはできるだけ残す

遺品や遺骨などを見るとペットちゃんを思い出して辛いですが、きちんと供養してあげれば、笑顔でペットちゃんを思い出せる日がきっと訪れます。処分するのはいつでもできますが、取り戻すことはできません。気持ちの整理がつくまでは、ペットちゃんの物をできるだけ取っておくようにしましょう。

まとめ

合同火葬は費用を抑えられますが、「複数のペットちゃんと一緒に火葬され遺骨を残すことができない」というデメリットがあります。そのため「もっと手厚く供養してあげればよかった」「遺骨を残してあげればよかった」と後から後悔される飼い主様も中にはいらっしゃいます。そのようなことがないように、冷静な判断ができる元気なうちにご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。どの火葬方法を選んでも、きっとペットちゃんは喜んでくれているはず。何よりも飼い主様が後悔せず心から供養してあげることが大切です。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら