猫が死ぬ前にする行動は?最期にしてあげられることもご紹介

お役立ちコラム お役立ちコラム

猫が死ぬ前にする行動は?最期にしてあげられることもご紹介

大切な家族である猫ちゃんの最期は考えたくないことですが、いつかお別れのときが来てしまいます。愛する猫ちゃんのもしもの際、慌てないように猫ちゃんが死ぬ前に見せる行動を知っておくことが大切です。今回はペットちゃんが死ぬ前に見せる行動や最期に飼い主様がしてあげられることをご紹介します。

猫の寿命とは

大きなあくびをする猫の写真
猫は生まれてから1年で人間でいう20歳程度になると言われており、その後1年で4歳程度ずつ歳をとっていきます。つまり、生後6か月までを子猫期、7か月~2歳を青年期、3~6歳を成猫期、7~10歳を中年期、11~14歳を高齢期、15歳~が後期高齢期となります。人間は60際で還暦を迎えますが、猫は11歳くらいで人間の60歳程度になり、高齢期に入っていきます。

猫の寿命は平均15.03歳と言われています。しかし、食べ物や運動などの生活習慣によって異なるため、野良猫の寿命は3~5年程度と室内で飼われている猫ちゃんとは大きな差があります。

高齢期の猫に気をつけること

じゅうたんの上で眠る猫の写真

猫ちゃんは11歳を過ぎると高齢期に入り、老化が始まります。猫ちゃんの場合は一年に4歳程度、歳を重ねていくためちょっとした変化を見過ごさないようにしましょう。この章では猫ちゃんの高齢期に気をつけることをご紹介します。

体重の変化

高齢期になると猫も筋肉が落ち、体重が痩せてくることも不思議ではありません。しかし、食べているのに極端に体重が減ってきたというような場合は、病気からくる症状かもしれません。体重を定期的に計るようにしましょう。また、どのくらいご飯を食べているか日々確認しておくといいでしょう。

ずっと寝ている

猫は一日の中でトータル12~16時間寝て過ごすと言われおり、高齢期になるとさらに睡眠時間が長くなります。しかし、寝ている時間が極端に増えたという場合は、病気や痛みなどを抱えている可能性もあります。ご飯も食べず寝てばかりいるというような場合は、獣医師に相談するようにしましょう。

鳴き声がいつもと違う

「苦しそうに鳴いている」「大きな声で長時間鳴いている」「興奮したように鳴く」などいつもと違う鳴き方をしている場合は、病気や痛みを抱えている場合もあります。鳴き声以外にいつもと違うところはないか合わせて確認し、異常な場合は獣医師に相談しましょう。

猫が死ぬ前にみせる行動や変化とは

寝転んでいる猫の写真

「猫は亡くなる前に姿を消す」ということを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?飼い主に死んでいる姿を見せたくないという理由だと思っている人も多いですが、実際は弱っているときは人のいないところで回復を待つという猫の習性です。では、実際に猫が死ぬ前はどのような行動や変化があるのでしょうか、詳しく説明します。

たくさん甘えてくる

猫は死ぬ前になると悟ったように、甘えてくると言われています。寿命が短い猫ちゃんがいつも以上に甘えてきた場合は、優しく甘えさせてあげましょう。

ご飯も水も飲まない

死ぬ前はほとんどの猫ちゃんは食欲がなくなります。また、水も自力では飲めなくなるため、脱水症状になってしまうこともあります。獣医師に相談し、必要であればスポイト等で水を飲ませてあげましょう。

目がうつろ

死ぬ前の猫ちゃんは「目に力が入っていない」「目の焦点が合わない」などの症状が診られる事もあります。猫ちゃんが安心できるように、できるだけ見える場所にいて安心させてあげましょう。

お漏らしする

いつもトイレでしていた猫ちゃんが、場所に関係なくお漏らししてしまうことがあれば死が迫っているサインかもしれません。反対に、トイレの中から出てこずに、そこから動かないというケースもあります。

口呼吸になる

普段は口呼吸ではないですが、体調が悪い時や死が迫っている時に口呼吸をすることが多くみられます。呼吸の乱れはないかなど意識してみるようにしましょう。

心拍数の減少

猫ちゃんに死が近づいてくると、心拍数が減少していきます。猫の胸に耳を当てて音を聞いてあげましょう。

体温が下がる

猫ちゃんの死が近づくにつれて、体温がだんだん下がってきます。体温が下がっている状態のときに食事を与えると、嘔吐してしまう場合があるので気をつけましょう。

猫ちゃんの最期にできること

寝ている飼い主の上で寝る猫の写真

猫ちゃんに最期とみられる症状が出てきた場合は、何か猫ちゃんのためにしてあげたいと思うのは飼い主様なら当然のことでしょう。しかし、何をしてあげればいいか分からないという方がほとんどだと思います。そこで、この章では猫ちゃんに最期にしてあげられることをご紹介します。

優しく撫でてあげる

猫ちゃんは死ぬ直前になると、目がうつろになって来て見えていないこともあります。近くで見守るだけでなく、優しく撫でて落ち着かせてあげましょう。

声をかける

元気なときは、自分の名前を呼ばれると喜んでいたはずです。反応がなくても、声をかけられたり、名前を呼ばれたりすることで安心するでしょう。

食べたいものをあげる

獣医師より食べ物を制限されていない場合は、好きな食べ物をあげましょう。食べやすいように細かくしてあげましょう。

好きだったものを近くにおく

猫ちゃんが好きだったものを近くに置いてあげることで、気持ちが落ち着く場合もあります。お気に入りのおもちゃなどを近くに置いてあげましょう。

寝床を整える

最期の数日間は動かず寝て過ごすことがほとんです。排出物などで汚れてしまった場合は、拭いて寝床を綺麗にしてあげましょう。また床ずれを起こすこともあるので、クッションなどを置いてあげるのもいいでしょう。

亡くなる前に決めておくといいこと

向き合って話をする夫婦の写真

どんなに猫ちゃんの最期を覚悟していても、実際に大切な家族とお別れする際は誰もが慌ててしまいます。この章では、後悔のない最期を過ごすために、事前に決めておいたほうがいいことをご紹介します。

治療について

猫ちゃんを病気で看取る際は、「もっと治療してあげておけば…」など後悔が残ってしまうこともあります。どのような形で亡くなっても、辛く悲しいものですからできる限り後悔が残らないように「どこまで治療するのか」「どこで最期を迎えるのか」など事前に家族で話し合っておくようにしましょう。

葬儀・火葬方法について

猫ちゃんが亡くなった際は、「私有地に埋葬する」「自治体にて焼却してもらう」「葬儀業者にて火葬する」といった方法があります。また、葬儀業者に依頼する場合は、個別に火葬する方法や合同で火葬する方法があり、立ち会いをするかどうかも決めることができます。いざという時に慌てないよう、こちらも事前に決めておくといいでしょう。

遺骨の供養方法

最近は猫専用のお墓を作る方や、人と猫ちゃんが一緒に入ることができるお墓を建てられる方もいらっしゃいます。また、遺骨をアクセサリーやオブジェなどにする手元供養もあり、事前に供養方法を決めておくと、葬儀業者を選ぶ際にスムーズです。ただし、猫ちゃんの場合は遺骨のままご自宅で保管することもできますので、遺骨の供養は落ち着いてからされても問題はありません。

まとめ

大切な猫ちゃんの最期を考えることはとても辛いことです。しかし、いずれ訪れるお別れの際に、心から送り出してあげられるように事前に決めておくことはとても大切です。そのためにも、どのような最期にしてあげたいか、どのように送り出してあげたいかなど日頃から家族で話し合っておくようにしましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら