ペットにも四十九日法要はある?準備や過ごし方をご紹介

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットにも四十九日法要はある?準備や過ごし方をご紹介

最近はペットちゃんを家族の一員として迎え入れ、いつも一緒に過ごしているという飼い主様が増えています。そのため、ペットちゃんが亡くなった際は葬儀をあげ、四十九日などの法要を人と同じように行うというケースが多くなっています。そこでペットちゃんの葬儀や四十九日の法要についてご紹介します。

ペットの法要

透明の数珠の写真
ペットちゃんの法要は、人の法要と同様の考えのもと執り行われます。ペットちゃんの場合は必ず行わなければいけないというものではありませんが、やったほうがいいのかなと悩まれる場合は、行ってあげるほうがいいでしょう。ここではペットちゃんの法要について詳しくご紹介します。

お通夜

ペットちゃんが亡くなってから翌日以降に葬儀をする場合は、ペットちゃんをご自宅に安置します。葬儀業者に依頼して人を招くようなお通夜を行う飼い主様は少なく、これまでの感謝を伝え家族だけでゆっくりと過ごすという方がほとんどです。

葬儀

ペットちゃんのお見送りのセレモニーや火葬を葬儀業者などに依頼して執り行います。火葬方法は、複数のペットちゃんと一緒に火葬する合同火葬、葬儀業者に一任して個別で火葬してもらう一任個別火葬、家族で立ち会い個別で火葬してもらう立会個別火葬などが一般的です。個別でペットちゃんを火葬する場合は、遺骨を返骨してもらうことが可能となります。

初七日

亡くなった日を含めて7日目を初七日といいます。初七日はペットだけでなく人の場合も省略され、葬儀の日に合わせて行うことが多くなっています。

四十九日

仏教では亡くなってから四十九日を境に、魂が成仏すると考えられています。そのため、四十九日までの間、遺骨をご自宅で安置される飼い主様も多くいらっしゃいます。

百か日

ペットちゃんが亡くなってから100日目を百か日といいます。泣くのを卒業し悲しみに区切りをつけるという法要です。

一周忌

ペットちゃんが亡くなってから一年目に行う法要を一周忌といいます。基本的には亡くなった日からちょうど一年後の命日に行いますが、日付によって難しい場合は前倒しで行うケースも増えています。

三回忌

三回忌と呼ばれていますが、ペットちゃんが亡くなってから二年目に行う法要です。三年目と間違えられる飼い主様も多いため、注意しましょう。

四十九日までの流れ

仏壇に供えられたお花の写真

ペットちゃんを初めて看取る場合は、亡くなってからどのように対応してあげたらいいのか分からないという飼い主様も多いと思います。いざという時に慌てないよう、ここでは亡くなってから四十九日までの流れをご紹介します。

①ペットちゃんの永眠

ペットちゃんが息を引き取ったら、タオルなどの上に寝かせて、いつも寝ている体勢に整えてあげましょう。

②葬儀業者へ連絡

葬儀を行う際は葬儀業者に依頼して、日時やプランなどを決めて予約します。

③自宅で安置

できればペットちゃんが亡くなってから半日か一日ほど自宅で安置して、ペットちゃんとの時間を家族で過ごしましょう。安置する際は、遺体が腐敗しないように保冷剤などで冷やし涼しい部屋に安置しましょう。

④お迎えまたは火葬場へ

出張火葬の場合は葬儀当日、自宅まで葬儀業者が迎えに来てくれます。霊園などで葬儀を行う際は、火葬場までペットちゃんを連れていくケースがほとんどなどで予約した日時に連れていきます。

⑤葬儀・火葬

ペットちゃんをお見送りして、火葬してもらいます。

⑥遺骨の拾い上げ

家族で立ち会いをする場合は、火葬後ペットちゃんの遺骨を拾い上げ、持ち帰ることができます。

⑦遺骨の安置

火葬後、遺骨をそのまま墓地や納骨堂などに納骨してもらう場合もありますが、四十九日まで自宅で安置してから供養される方が多くいらっしゃいます。

 

四十九日ですること

墓地の写真

ペットちゃんの遺骨も人と同じように、四十九日まで自宅に安置することが良いとされています。そのため、四十九日は遺骨をお墓や納骨堂へ納骨して供養することが一般的です。

しかし、ペットちゃんの場合、遺骨を必ずお墓などに納骨しないといけないという決まりはありません。アクセサリーやオブジェに遺骨を入れての供養や、骨壺のまま置かれるという方もいらっしゃいます。

どのような供養をするにしても、四十九日までは魂が残っていると考えられていますので、それまではご自宅で安置されることが多いです。

また、お墓などに納骨する場合はお経を読んでもらうことが一般的ですが、自宅で供養する際も依頼してお経を読んでもらうこともできます。

四十九日の服装・持ち物

喪服姿の女性が手を合わせる写真

ペットの四十九日の法要は、お経を読んでもらいペットちゃんを供養することが一般的です。法要の際にはどのような服装で何を準備したらいいのかについてご紹介します。

服装

ペットちゃんの場合、法要の際に喪服を着る決まりはなく、いつも通りの服装で大丈夫です。しかし、葬儀業者や霊園で法要を行う場合は、人の葬儀施設と併設されている場合もあるため黒などの落ち着いた服装のほうが安心でしょう。

持ち物

亡くなってから四十九日が過ぎても、すぐに悲しみが癒えるわけありません。涙してしまうかもしれないので、ハンカチやタオルは必ず持っていくようにしましょう。また葬儀業者によっては、お経を読みお焼香する場合もあります。数珠は持っておくと安心です。

また、葬儀業者によってお花や好きだったお菓子などをお供えできる場合もあります。確認して準備するようにしましょう。

ペットロスを乗り越えるために

公園で遠くを見つめる女性

四十九日を過ぎると、ペットちゃんが亡くなったことを頭で理解はしていても、気持ちがついてこないという苦しみが訪れることもあります。

また、人も動物も四十九日を境に天国に旅立つと言われています。そのため、ペットちゃんがより遠くに感じ、悲しみが大きくなるということも。そこで、この章では四十九日を過ぎた頃のペットロスを乗り越えるための方法をご紹介します。

感情を素直に出す

四十九日を過ぎたら泣いてはいけないということは決してありません。悲しい気持ちのときは我慢せず、涙を流すなど気持ちを素直に表現するようにしましょう。

身体を休める

悲しみや寂しさから眠れないという方も多いと思います。しかし、身体と心は繋がっています。ご飯を食べ、夜は横になって身体を休めてあげましょう。また、軽い運動をして身体を動かすのもいいでしょう。

ペットの遺品を整理する

ペットちゃんの遺品整理はとても辛い作業ですが、手元に遺品があると思い出しいつまでも前に進めないということもあります。一つひとつ思い出の物を整理していくことで心の整理にもなります。

同じ境遇の人と話す

同じようにペットちゃんを亡くした悲しみから乗り越えた方に会うと、とても前向きな気持ちになれます。もし、周りにいない場合はインターネットなどでコミュニティを探したり、本を読んだりするのもいいでしょう。

まとめ

ペットちゃんは大切な家族。亡くなった際は最後まで供養してあげたいと思うのは当然です。しかし、ペットちゃんの供養は人の様に決まりはありません。ご自身に合った方法でしっかりと供養してあげましょう。また、四十九日を過ぎて悲しみが増してしまった際は、無理をせず身体を休ませてあげましょう。人それぞれのペースがあるので焦らず、感情に素直になることが大切です。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら