ペット火葬のやり方を徹底解説!後悔しないお別れの方法とは?

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペット火葬のやり方を徹底解説!後悔しないお別れの方法とは?

一緒に外で遊んだり、いたずらして怒ったり、優しく抱きしめてあげたり……ペットちゃんは飼い主様にとって、喜怒哀楽を共にした大切な家族であり、人生というジクソーパズルの大事な1ピースです。それはペットちゃんも同じで、飼い主様と一緒に過ごせて幸せだったことに間違いありません。いつか天国で再会した時に、飼い主様ともう一度遊べることを楽しみにしているはずです。
 
そのためには、ペットちゃんが安心してお別れできるような準備が必要になります。それがペット火葬です。近年、新しい弔いの形として火葬を選ばれる飼い主様が増えつつあるのです。今回は、ペットちゃんの火葬を行うために必要な手順や、一度きりの火葬で後悔せずにお別れする方法を紹介いたします。

 

火葬までに必要な準備は?

芝に伏せる柴犬

亡くなってから火葬を行うまでに必要な準備は、以下の手順で進めていきます。
 

①遺体を安置させる

ペットちゃんのご遺体を安らかな姿で安置してあげましょう。なお、ご自宅で亡くなった場合は以下の処置を速やかに行ってください。
 

まぶたを閉じ、手足を胸の方にやさしく折り曲げる

ペットちゃんが息を引き取ると、約2時間程度で死後硬直が始まります。足が伸びた状態で固まるとご遺体が棺や火葬炉に収まらなくなることがあります。できるだけ早く胸の方に手足をやさしく折り曲げてあげましょう。同様にまぶたも開いたままになるため、ペットちゃんが安らかに眠れるよう閉じてあげてください。
 

全身を清める

暖かいお湯で絞ったタオルやガーゼを使い、ペットちゃんの全身を清めましょう。タオルで手足や全身をやさしく拭き上げます。くしやブラシで全身の毛並みも整えてあげましょう。また死後ほどなくして、口や肛門から体液や汚物が出てくることがあります。こちらはガーゼで覆うなどして汚れが広がらないようにしましょう。
 

運べるものに安置させる

以上が完了したら、ペットちゃんを運べるものに安置させましょう。火葬までの一時的なご遺体の保管場所として機能するものであればどれでも構いません。丈夫な段ボールや晩年愛用していたケージを使用するのもおすすめです。また腐敗を防ぐために、箱にドライアイスや保冷剤を入れて冷やしておきましょう。
 

②死亡届を自治体へ提出する

ペットちゃんが犬の場合、「犬の死亡届」を死後30日以内に自治体に提出します。これは狂犬病予防注射をされた際自治体で行った犬の登録を抹消するためです。「狂犬病予防法」で定められているため、必ず行うようにしましょう。なお猫やその他の小動物であれば、死亡届の提出義務はありません。
 

③火葬場へ連絡する

ペット葬儀ができる火葬場へ連絡を入れましょう。手あたり次第連絡されるのも良いですが、できればペットちゃんのご家族と事前に相談されることをおすすめします。「場所」「火葬の方法」「予算」「希望の日時」など、双方が納得するよう話し合ってください。ただ、悲しみのあまり連絡や相談される気力が無い場合は、決してご無理をされないでください。
こうして決められた条件をもとに、葬儀業者をお見比べください。特に「場所」と「火葬の方法」は慎重に確認しておきましょう。次章で解説いたします。

 

火葬の方法は?

火葬のイメージ画像

ペットちゃんを火葬するには、主に3つの方法があります。
 

①個別火葬

ペットちゃんを1体ずつ火葬します。他のペットちゃんとお骨が混ざらず、専用の壺や袋に収められた状態で返骨されます。また個別火葬には一任と立会いがあります。「一任」は火葬後にお骨を業者のスタッフが回収するのに対し、「立会い」はご遺族がお骨を拾うことができます。
 

②合同火葬

他のペットちゃんと一緒に火葬します。一度に最大10体のご遺体が火葬されます。お骨が混ざると見分けがつかなくなるため、ご自分のペットちゃんの遺骨を拾うことはできません。また、お墓へも他のペットちゃんたちと一緒に埋葬されることになります。
 

③訪問(移動)火葬

ご自宅の近辺で火葬します。火葬設備付きの車がご自宅まで来て、駐車場などで実施されます。また臭いや火葬が第三者に知られないよう配慮されており、落ち着いた雰囲気で執り行われます。スケジュールや物理的な事情で火葬場への移動が難しい方に利用されています。
 
火葬を行う場所や方法に正解はありません。ただ、いずれも共通しているのは「ペットちゃんが安らかに天国へ行く儀式としてふさわしいかどうか」です。そしてそれを決めるのは飼い主様やご遺族のお気持ち次第となります。ご家族とのご相談や業者への確認を慎重に行いお選びください。

 

火葬にかかる時間は?

時間の経過を表す写真

火葬にかかる時間は、ペットちゃんの大きさによって異なります。
例えば、インコやハムスターなどの小動物であれば30分程度で火葬が終了します。これがラブラドルレトリバーなどの大型犬の場合、1~2時間かかる可能性があります。さらに、個別・合同火葬の場合は火葬場への移動時間も加わります。
 
なお、これらは火葬のみにかかる時間であり、読経やお別れの時間は含まれておりません。総じて2時間以上かかるものとご認識いただくほうが無難です。
 
ちなみに「火葬を始めるタイミング」は季節によって変わります。例えば、夏場(7~8月)はご遺体の腐敗が進みやすいため、死亡した当日~翌日に火葬を実施される方が多いです。その点、冬場は死去後3~4日以内に済ませる方が多くなります。火葬の実施は「亡くなられてから2~3日以内」をおすすめします。
とはいえご希望の時間・日にちになるかは業者のスケジュール次第です。気持ちを整理する暇もなくバタバタされると心身ともに疲弊します。死去~火葬の終了にかかる時間を踏まえ、できればペットちゃんが亡くなられるまでに段取りしましょう。

 

費用はいくらかかる?

カエルの下に1万円札を並べた写真

ペット火葬にかかる費用は約「1万円~6万円」と言われています。ただし「火葬業者」「火葬を行う場所」「体重」「火葬の方法」によって細かく変わるので、ご自身の条件に合うサービスをお選びください。以下は「体重」に応じた価格の相場です。あくまで参考程度にご覧ください。
 
・0~1㎏(リス、ハムスター、インコなど):1~2万
・1~5㎏(ネコ、ウサギ、カメ、小型犬など):1.5~2.5万
・5~20㎏(柴犬、アヒル、ヘビなど):2~4万
・20~40㎏(ゴールデンレトリバー、ダチョウ、ブタなど):3.5~6万
 
ちなみに、合同火葬の場合は個別火葬よりも価格が低くなります。これは数体の遺体を一度に火葬する分、1体あたりにかかるコストが小さくなるためです。また愛するペットちゃんのために本格的な葬儀を行いたいとお考えの際は、別料金がかかります。僧侶による読経や、派手な棺桶を用意するとなれば、数万~数十万円かかる場合もあります。
 
いずれにせよ、お金をかければかけるほどペットちゃんが喜ぶとは限りません。どうすれば飼い主様と気持ち良くお別れできるかを考え、ご予算に合わせた葬儀を作ることが大切なのです。

 

後悔しないお別れの方法とは?

空をはばたく鳥の写真

ペットちゃんと後悔せずお別れするには、今回ご紹介した火葬の仕組みや手順を理解することはもちろん大切です。その中で常に忘れてはならないのが「ペットちゃんが喜ぶかどうか」という観点です。一度きりの機会なので、折角なら派手に行いたいとお考えになる飼い主様も中にはいらっしゃいます。それだけペットちゃんへの愛情が深いのは素晴らしいことです。ただ、普段ひとりでいるのが好きだったペットちゃんを「安いから」という理由で合同火葬にし、喜ばれるでしょうか。ご自宅がお好きだったペットちゃんを施設で火葬して、安心できるでしょうか。
 
火葬は、飼い主様が愛情を注ぎ切ると共に、ペットちゃんが気持ち良く天国へ行くための儀式でもあります。したがって「ペットちゃんらしい葬儀に出来上がっているか」を常にチェックすることが、「こんなはずじゃなかった」とお互いが後悔しないためにはとても大切なのです。

 

まとめ

火葬は、飼い主様がペットちゃんに送る最後のメッセージです。ご遺体のお清めや、お骨拾い……これらを通して、言葉にせずとも心からの「ありがとう」や「愛している」を形にすることができます。それはまた、お互いにとって幸せな思い出の総決算なのです。しかもたった一度きりです。だからこそ、正しい手順と考え方でペットちゃんをお見送りすることが、後悔しないお別れを実現させるのです。ぜひ、今回ご紹介した方法で火葬をご検討されてみませんか?

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております