愛する飼い猫が亡くなったら?死後やるべきことを徹底解説

お役立ちコラム お役立ちコラム

愛する飼い猫が亡くなったら?死後やるべきことを徹底解説

かけがえのない思い出を共にした飼い猫が天国へ旅立つことほど辛いことはありません。寿命が人間よりも短いことは分かっていても、大切な家族の一員に先立たれるのはさぞ悲しいことでしょう。もちろん死後行うべきことはたくさんありますが、気持ちの整理がつかぬまま進めるのはとても辛いことです。ですので、必要以上に慌てる必要はありません。ポイントを押さえて手順を踏めば、心身への負担を最小限に抑えた処理を行うことができるので、ひとまず安心してください。
今回はそのような、飼い猫を亡くされてから行うべきことを解説します。飼い主様にとって不自由なく死後の手続き進められるマニュアルとなれば幸いです。

 

死亡確認を行う

寝そべる猫

まず初めに猫の死亡確認を行いましょう。亡くなっているかどうかは、呼吸が完全に停止しているか、脈が取れないか、瞳孔が開いたままになっているかで確認できます。それが難しい場合は死後硬直の有無を確認しましょう。死後硬直とは、死後時間の経過とともに体が冷たくなり硬くなる現象で、これは人間にも起こります。
死後硬直は生きている間は見られない現象なので、これが起これば死亡したと断定することができます。呼吸や脈での死亡の判断が難しければ、死後硬直で判断してみましょう。

 

遺体を安置する

仏花

猫の死亡が確認できたら、できるだけ早く遺体を安置しましょう。死後硬直は想像以上のスピードで進行し、手足が伸びたまま硬直すると棺に収まらない可能性があります。以下の手順で安置を行い、猫をゆったりと休ませてあげましょう。
 

手足を折り曲げる

猫の死亡が確認できたらすぐに、手足の関節を体側にやさしく折り曲げてあげましょう。丸まって寝ているときに近い姿になれば問題ありません。
 

体を清潔にする

次に猫の体をきれいにしてあげましょう。まずは全身の毛並みを普段使用していたブラシで整えます。次にお湯で湿らせたガーゼやタオルなどで全身をやさしく拭いてあげましょう。肛門や口から体液や汚物が出てきたときは、ガーゼできれいに拭き取ってあげてください。
 

棺に収める

体がきれいになれば、猫を棺に収めます。棺は立派なものでなくても構いません。段ボールや猫が生前お気に入りだったケージなど、空間にゆとりができるサイズであれば問題ありません。まずは底面に新聞紙を隙間なく敷き詰め、その上にバスタオルやシーツを敷きます。体液がしみ出す可能性があるので、ペットシートなども有効です。
準備ができれば、猫を敷物の上にやさしく寝かせてあげましょう。移動の際は遺体が傷付いたり体液が漏れ出さないよう、水平にゆっくり持ち上げ収めてください。
 

しっかりと冷やす

猫を棺に安置させたら、体をしっかりと冷やしてあげましょう。冷却には保冷剤やドライアイスを使います。腐敗が進みやすい頭部と腹部を中心に冷却します。保冷剤は薄いタオルやガーゼで覆った状態で当ててあげましょう。ただしドライアイスは低温やけどの可能性がありますので、皮膚に直接触れないよう気を付けてください。

 

供養を行う

田舎の風景

遺体の安置が完了したら、猫をどのように供養するかを決めましょう。供養方法は大きく分けて「火葬」と「土葬」の2通りあります。
 

土葬

土葬は文字通り「ご遺体を土の中に葬ること」です。飼い主様ご自身の私有地もしくは、埋葬許可が正式に取れた土地で行いましょう。亡骸をそのまま土に葬るため、法律上は一般廃棄物となります。つまり他人の私有地や公共の場所に猫を無断で埋葬すると、不法投棄となり罰金・懲役を受ける可能性があります。これは廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)に定められているため、土葬の場所は慎重に選びましょう。
 

火葬

火葬の場合、基本的にペット火葬業者に頼んで済ませることがほとんどです。猫の火葬には3種類あります。
 

一任個別火葬

ペットを個別で火葬する方法です。火葬をスタッフに一任するため、お骨上げや立ち会いはできません。費用は、猫の場合は21,000円~24,000円が相場です。
 

立会個別火葬

一任火葬とは違い、火葬への立ち会い・お骨上げができます。納骨まで行うこともできる為、手厚くサポートしてほしいという飼い主様におすすめです。猫の場合、費用は23,000円~25,000円程度となります。
 

合同火葬

他の猫やペットと一緒に火葬してもらう方法です。立ち会いや遺骨の返却はなく、日付や曜日もある程度指定されているのが特徴です。費用は他の2つよりも安い16,000円~20,000円程度で、なるべくコストを抑えて葬儀がしたい飼い主様向けです。
 
火葬や土葬以外にも、各自治体に遺体を引き取ってもらうこともできます。こちらも比較的安価に葬儀を完了できますが、遺骨の返却はなく一般廃棄物として扱われるため、ご自身のお気持ちとじっくり向き合われた上でご決断ください。

 

新しい供養のかたち

数珠

近年、猫の供養にも新しい方法が取り入れられつつあります。
 

樹木葬

文字通り、樹木を墓標として供養を行う方法です。委託で樹木葬を依頼される場合は、樹木葬に対応しているペット霊園を選びましょう。また樹木葬は、ふさわしい大きさであればご自宅にある樹木でも行うことができます。もし樹木が無ければ、遺骨を埋めたところに苗を植えることもできますし、樹木葬キットが市販されておりますので、そちらを利用されるのもひとつです。
 

散骨

散骨は愛する飼い猫の遺骨を粉骨し、海や山などの雄大な自然に還してあげる方法です。飼い猫との思い出の場所へ散骨すればきっと喜んでくれるはずです。ただし、散骨にはいくつか厳重なルールが存在するため注意が必要です。例えば遺骨は必ず粉末状にしなければならないことや、喪服を着ずに平服で行うことが推奨されているなど、通常の供養とは大きく違う部分があるため、必ずチェックしておきましょう。
 

自宅(室内)供養

ご自宅の室内で飼い猫の供養を行う方法です。火葬後に、飼い猫のお骨が入った骨壺を家族がだんらんをするリビングなどに安置します。これにより飼い猫をいつでも身近に感じることができ、悲しみや寂しさをゆっくりと和らげることができます。また飼い猫との思い出の写真や、よく遊んでいたおもちゃを飾り簡易的な祭壇を作るご家庭もあります。

 

飼い猫の死後注意すべきこと

checkと電球

飼い猫が亡くなってから供養が完了するまで、以下のことに注意しましょう。
 

ペットロスは時間が解決する

大切な飼い猫を亡くされた悲しみは計り知れないものです。「いつまでも悲しんでいてはペットも悲しむ」とお気持ちを無理やり切り替えても、かえって悲しみを増幅させるだけです。ご自身のお気持ちに嘘をつく必要はありません。ずっとこらえるくらいなら、思い切り泣いて発散しましょう。気持ちがスッキリして、おのずと前に進めるようになりますよ。
 

業者選びは慎重に

深いショックを感じているときは、どうしても冷静な判断ができなくなりがちです。そこにつけこみ不当に高い値段で葬儀を行う業者も中には存在するかもしれないので、注意しましょう。前述のように悲しい気持ちを少しでもスッキリさせて、金額とサービス内容が適正かを焦らず慎重に見極めてください。

 

まとめ

飼い猫が亡くってすぐは、心にぽっかり穴が開いたような気持ちになられることでしょう。それは決して悪いことではなく、むしろ愛する飼い猫への深い愛情の裏返しです。それだけ愛情の深い飼い主様に愛された猫はきっと幸せ者でしょうし、飼い主様とのかけがえのない思い出とともに天国へ行くことができるはずです。だからこそ、ご自身のお気持ちに従い、最後のお見送りまで一つひとつ丁寧に手順を踏んでいきましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております