ペットにも初七日はあるの?ペットの法要について解説します

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットにも初七日はあるの?ペットの法要について解説します

ペットちゃんを家族の一員として飼われている方も多くいらっしゃいます。そのため、亡くなった際は「人と同じように供養したい」と思われている方も多いのではないでしょうか?しかし、ペットちゃんの法要について詳しく知っているという方は少ないと思います。そこで今回は「ペットにも初七日はあるの?」「法要は何をすればいいの?」などの疑問に答え、ペットちゃんの法要について詳しく解説します。

ペットの法要について

お焼香の写真

ペットちゃんをできるだけ人と同じように供養し、法要も行ってあげたいという飼い主様は近年増えています。法要はペットちゃんの冥福を家族で願う儀式です。必ず行わなければいけないというものではありませんが、ご家族の気持ちを整理する日でもあるといえます。飼い主様がやってあげたいという気持ちがあるならするほうがいいでしょう。法要はどのタイミングですればよいのか、それぞれ詳しくご紹介します。

通夜

通夜はペットちゃんが亡くなった日に行われます。ペットちゃんの場合は、家族だけで自宅で行うことがほとんでです。

葬儀

葬儀業者などに依頼して、お見送りから火葬・遺骨の拾い上げなどを家族立ち会いのもと執り行う儀式です。葬儀後の遺骨は自宅に持ち帰る、またはそのまま墓地や納骨堂に納骨してもらえる場合もあります。

初七日忌

初七日は亡くなった日を含めて7日目に行われる法要です。しかし、初七日は人の法要でも省略されることが多く、ペットちゃんの場合も同様です。

三十五日忌

亡くなってから、35日目に行われる法要です。三十五日忌も初七日同様に省略されることが多い法要です。

四十九日忌

人の場合、四十九日を境に魂が成仏すると言われています。そのため、四十九日までは遺骨をご自宅に保管して、四十九日を終えてから納骨されることが一般的です。ペットちゃんの場合も同じように、四十九日を過ぎるまでご自宅に保管される方も多いですが、特に決まりなどはありません。

百か日

亡くなった日から100日後に行うもので、「亡くなった悲しみを乗り越え、泣くことを卒業する」という意味の法要です。

一周忌

亡くなってから一年目の命日と同じ日に行う法要です。一周忌が平日の場合は、前の週の土日など家族が集まりやすい日にずらされる方もいらっしゃいます。

三回忌

三回忌という名前ですが、亡くなってから二年目の命日に行われる法要です。

三回忌以降

三回忌以降の法要は七回忌、十三回忌、二十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌まであります。ただし、ペットちゃんの場合はどこまで行うかは飼い主様それぞれです。

初七日までの流れ

テーブルから覗き込む猫の写真

初めてペットちゃんを見送る場合は、何をしてあげたらいいか分からないという方がほとんどです。この章ではペットちゃんが亡くなってから、初七日までどのように過ごせばいいのかをご紹介します。もしもの際は、落ち着いて準備を進めてましょう。

①ペットちゃん永眠

ペットちゃんが亡くなったら、葬儀業者へ連絡し葬儀の予約をします。

②通夜

一般的には亡くなった翌日以降に葬儀をされることが多く、亡くなった当日はご自宅にペットちゃんの遺体を安置して家族で偲びます。

③葬儀

葬儀業者にてペットちゃんの遺体を火葬。火葬後は家族で遺骨を拾い上げ持ち帰る、またはそのまま墓地などに納骨してもらいます。

④初七日

ペットちゃんの場合は初七日・三十五日忌は省略され、納骨するタイミングの四十九日に法要を行うこともあります。

法要は何をすればいいの?

青空とお墓の写真

法要とは愛するペットちゃんを家族で偲び、冥福を祈る儀式です。また、飼い主様自身が悲しみと向き合い、気持ちを整理をする時間でもあります。そのため、ペットちゃんの法要は飼い主様の気持ちが何よりも大切。どこまでしてあげるかは飼い主様それぞれですが、一般的にどのようなことを行うものなのか詳しくご紹介します。

納骨する

ペットちゃんの遺骨はいつまでに納骨しないといけないという決まりなく、ご家族の気持ちの整理がついたタイミングで納骨することができます。そのため、葬儀後すぐに納骨される方だけでなく、四十九日や一周忌など法要のタイミングで納骨する方もいらっしゃいます。

お経を読んでもらう

お墓や納骨堂などにペットちゃんが納骨されている場合は、お経を読んでもらうことが一般的です。霊園によってはペットちゃんの法要に合わせて行う「月例法要」をしてくれる場合や、お盆やお彼岸に他のペットちゃん達と一緒に「大法要祭」を行うこともあります。また、仏壇やプランター葬など自宅供養している場合は、ご自宅でお経を読んでもらうことも可能です。

お供えをする

お墓や仏壇などにペットちゃんが好きだったお菓子やお花などをお供えします。最近は、お供えしたあとに人が食べることができるお菓子なども販売されています。お墓や納骨堂にお供えする場合は「お供えできる物が決まっている」「お供え自体ができない」など霊園によって異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

法要の持ち物・服装

喪服で手を合わせる男性

「法要とは何か」「どのようなことをするのか」ということはある程度ご理解いただけと思います。この章では、実際に法要を行う際の持ち物と服装についてご紹介します。法要する場所にもよりますので、詳しくは法要を行う霊園などに確認しましょう。

持ち物

ペットちゃんを想い、涙してしまうこともあります。ハンカチやタオルは持っておくほうがいいでしょう。また、お焼香することもありますので、数珠も持っていくようにしましょう。

服装

基本的にはいつも通りの格好で問題ありません。ただ、霊園によっては人の葬儀施設が同じ敷地内にある場合もあるため、派手な格好や露出の高い服装は避けたほうがいいでしょう。

知人のペット法要にできること

ブリザーブドフラワーとハンカチの写真

友人や親戚・職場の人などのペットちゃんが亡くなった際、何かしてあげたいと思われる方も多いと思います。メールなどで言葉を贈ることはすぐにできますが、そのほかにしてあげられることは葬儀など法要のタイミングに合わせるといいでしょう。この章では、知人のペット法要にできることをご紹介します。

メッセージや電報を贈る

ぬいぐるみと手紙が一緒になった電報もあり、小さなお子さんがいるご家庭などに喜ばれています。家族のように大切なペットちゃんを亡くした飼い主様の気持ちに寄り添ったメッセージを贈りましょう。

お供えを贈る

法要のタイミングでご自宅の仏壇やお墓用のお供えを持っていくのもいいでしょう。お供え用の可愛いろうそくや線香なども喜ばれています。また、お花やお菓子は長期間お供えしても問題ないように、ブリザーブドフラワーやフェイクフードなども人気です。

メモリアルグッズを贈る

もしカメラやスマートフォンなどにペットちゃんが映っている写真があれば、写真立てと一緒に贈ってあげるといいでしょう。また、ペットちゃんの写真をクッションにしてくれるサービスなどもあり、贈り物として人気です。

まとめ

ペットちゃんは大切な家族の一員です。亡くなったときも、人と同じように葬儀や法要をされる方が最近は増えてきています。あなたの大切なペットちゃんや、大切な人のペットちゃんが亡くなった際もきちんと送り出し供養してあげたいものですよね。しかし、ペットちゃんの葬儀や法要をどこまでしてあげるかは飼い主様の気持ち次第です。決まりはありませんので、ご自身が納得する形で供養してあげましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら