ペットが亡くなった知人にかける言葉は?状況別で詳しく解説

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットが亡くなった知人にかける言葉は?状況別で詳しく解説

突然、友人や知り合いから「ペットが亡くなった」という話を聞いたとき、どのような言葉をかけたらいいのかと悩まれる方も多いのではないでしょうか?近年は、子供の数よりペットちゃんを飼われている数のほうが上回っており、家族の一員として大切に飼われているという飼い主様も少なくありません。そのため、ペットちゃんを亡くした悲しみから心や身体にまで影響が出るというケースもあり、「ただペットが亡くなっただけ」という考えはとても危険です。この章では、ペットちゃんが亡くなった友人などにかける言葉の一例などをご紹介します。

言葉をかける前に

娘を抱いている写真
友人や知り合いの飼っていたペットちゃんが亡くなったとき、ペットを飼ったことがない多くの方は、どのような言葉をかけたらいいか分からないと悩まれると思います。そのようなときは、まず飼い主様にとってペットちゃんは大切な家族の一員ということを理解するようにしましょう。そして、その大切な家族を亡くしたという気持ちに寄り添う姿勢が何よりも大切です。

また、声をかえるタイミングも重要です。直接亡くなったことを聞かされて知ることも多いと思いますが、共通の知り合いから聞くことやSNSで知るということもあると思います。時間が経っていないほど、悲しみで辛い思いをされていることでしょう。親しい友人ならできるだけ早く言葉をかけるようにしましょう。

かけてあげる言葉とは

手を取り合って励ます写真
友人や知り合いが大切なペットちゃんを亡くした際、どのような言葉をかけてあげればいいのでしょうか?その方との関係性やペットちゃんが亡くなった状況によって、かける言葉は異なってきます。ここでは、状況や関係性によってかけてあげたい言葉をご紹介します。

病気などで看病をしていた場合

病気などで治療や看病をしていた場合は、ペットちゃんはもちろん飼い主様も共に戦っていたことでしょう。また、「あの時もっとこうしておけば…」といった後悔もあるかもしれません。頑張ってきたことを労い、前向きな言葉を選ぶようにしましょう。

例)「○○ちゃん(ペット)は最期まで○○さん(飼い主)が寄り添ってくれたことを幸せに思っていると思うよ」

突然亡くなった場合

事故などで突然ペットちゃんを亡くしたというような場合は、なかなか現実を受け止められず苦しまれている飼い主様が多いでしょう。そんなときに、言葉をかけていいものかと悩む方もいらっしゃると思います。しかし、一人で抱え込み「私のせいで…」と自分を責めてしまう可能性もあります。ペットちゃんは幸せだったと思えるような言葉をかけて励ましてあげましょう。

例)「○○ちゃん(ペット)にとっても○○さん(飼い主)と過ごした日々は宝物だと思うよ」

寿命で亡くなった場合

ペットちゃんの種類にもよりますが、寿命で亡くなった場合は過ごした時間が長くなります。きっと寂しい気持ちを抱えていることでしょう。ペットちゃんが長生きしたことを誇れるような言葉をかけ励ましましょう。

例)「大切に育ててきたんだね。○○ちゃん(ペット)もたくさん愛情もらって幸せだったと思うよ」

職場の人のペットが亡くなった場合

職場の人のペットちゃんが亡くなった場合は、上司や後輩など相手との関係性によってかける言葉も変わってきます。また、上司の場合は、人と同様に「ご愁傷様です」という言葉を使っても問題はありません。部下の場合は体調などにも気を遣ってあげるようにしましょう。

上司 例)「この度は、ご愁傷様です。お気持ちお察しします」
部下 例)「辛かったね、無理せず体調がよくないときはすぐに言ってね」

文章で言葉をかける

スマートフォンをさわって考える女性の写真

友人や知り合いのペットちゃんが亡くなったことを知り、言葉をかけたくてもなかなか直接会えないということも多いと思います。そのような場合は、メールやメッセージで言葉をかけてもいいでしょう。また、初盆などに改めて言葉をかけてあげるのも喜ばれるのではないでしょうか。

友人

○○ちゃん(ペット)が亡くなってとても寂しくなるね。だけど○○ちゃん(ペット)は○○さん(飼い主)と過ごすことができてとても幸せだったと思うよ。これからは、天国で○○さん(飼い主)のこと見守ってくれると思うから、身体を大切に元気になってね。辛いときはいつでも連絡してね。心から○○ちゃん(ペット)のご冥福をお祈りします。

ご近所様・上司など

○○ちゃん(ペット)のこと、心からお悔やみ申し上げます。○○さん(飼い主)と過ごした日々は○○ちゃん(ペット)にとっても大切な宝物だったと思います。○○さん(飼い主)が笑顔でいることが何よりの供養になると思いますので、早く元気になることを心から願っています。

かけてはいけない言葉

胸の前でバツをつくる女性の写真

家族同然のペットちゃんを亡くした飼い主様は、とても悲しく傷ついていることでしょう。優しい言葉をかけてあげるのも大切ですが、心のない言葉でさらに傷をつけてしまわないように配慮することが重要です。ここでは知らない間に相手を傷つけてしまわないように、ペットちゃんを亡くした人に言ってはいけない言葉をご紹介します。

「たかがペット」というような発言

ペットちゃんを大切に飼われている方にとって、「たかがペット」というような発言は、「ペットのためにそこまで落ち込まなくても…」と否定されているように捉え傷つくこともあります。ペットが家族ということを理解できない場合は、無理に言葉をかけずそっとしておくようにしましょう。

同情をするような発言

「かわいそう」といった言葉は使ってしまいがちですが、ペットちゃんを亡くされた飼い主へはあまりふさわしい言葉ではありません。人によっては自分を責めてしまう場合もあるので同情をするような言葉は使わないようにしましょう。

新しいペットを勧める

飼い主にとってはペットちゃんは大切な家族であり、替えの効かない存在です。亡くなってからすぐに新しいペットちゃんを飼うことを考えることは不謹慎だと感じている方もいらっしゃいます。安易に新しいペットを勧める発言は避けましょう。

言葉以外にしてあげられること

ピンクと白の花束の写真

大切な人のペットちゃんが亡くなったとき、言葉だけでなく何かしてあげたいと思うこともあると思います。しかし、経験がない場合、どのようなことをしてあげたらいいか分からないという方も多いのはないでしょうか?ペットちゃんが亡くなった友人や知人に言葉以外に贈れるものをご紹介します。

お供えのお花

ペットちゃんの葬儀や四十九日、初盆などのタイミングでお花を渡すことがベストですが、タイミングが合わない場合でも喜んでくれることでしょう。生花のほかに長く持つプリザーブドフラワーや花瓶が不要のマジカルブーケなども人気です。

ろうそくやキャンドル

メッセージが入ったろうそくや可愛いキャンドルなどもお供えできるものとして人気です。お線香とセットになったものもあります。メッセージカードを添えて渡すのもいいでしょう。

写真・写真立て

ペットちゃんを撮った写真のデーターがある場合は、写真と写真立てを贈ってあげると喜ばれるでしょう。写真がなくてもご自宅の仏壇などに飾ることができるため、写真立てだけでも喜んでもらえるでしょう。

ペット用のおやつ

ご自宅に仏壇や遺骨などがある場合や法要のタイミングであれば、お供え用のおやつも喜んでもらえるでしょう。人が食べられるペット用のお供えのおやつも人気です。

まとめ

大切な人がペットちゃんを亡くし落ち込んでいる場合は、何とかして励ましてあげたいと思うことでしょう。しかし、どんな言葉をかけたらいいのか、何をしてあげたらいいのかと悩むこともあると思います。そのようなときは、大切な家族が亡くなったということを理解して、相手を思いやることが大切です。言葉や贈り物だけなく、悲しみに寄り添い接すればきっと想いは届くことでしょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら