ペットが亡くなったら?安置や葬儀の方法をわかりやすく解説!

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットが亡くなったら?安置や葬儀の方法をわかりやすく解説!

家族の一員であるペットちゃんが亡くなったとき、どんなに覚悟をしていても慌ててしまうものです。さらに初めて経験される方は、亡くなったペットちゃんをどのように供養してあげたらいいか分からず、不安になることもあると思います。そこで今回は大切なペットちゃんをきちんと供養するために、安置や葬儀方法などを詳しくご紹介していきます。

 

ご遺体の処置方法

伏せをしている犬の写真

ペットちゃんが突然亡くなり、気が動転してしまうこともあると思います。しかし、ペットちゃんにとって頼れるのは飼い主様しかいません。落ち着いて、ペットちゃんが安心して旅立てるように準備をしてあげてください。

 

ペットちゃんを寝かせる

バスタオルや毛布を敷いて、そこにペットちゃんを優しく寝かせてあげてください。このとき敷くバスタオルや毛布は、ペットちゃんが生前に使っていた愛着のある物のほうがペットちゃんも安心するでしょう。

体勢を整える

ペットちゃんが亡くなってから2時間ほどで、遺体の硬直が始まります。そのため、できるだけ早く腕や足を内側に曲げて、普段寝ているときのような状態にしてあげましょう。手足が伸び切った状態だと、ご遺体を箱などに入れる際に入らないこともありますので、できるだけ硬直する前に体勢を整えてあげてください。

目や口を閉じてあげる

もし目や口が開いた状態で亡くなっている場合は、閉じてあげましょう。目はそっと手で撫でてあげれば閉じさせることができます。口の場合はタオルなどで口を閉じている状態に固定しておけば、硬直後に外しても開かなくなります。舌が出ている場合は、口の中に優しく閉まってあげてください。

ご遺体をきれいにしてあげる

ご遺体から体液や排泄物などが出てくることもあります。鼻や肛門・耳にコットンやティッシュペーパーなどを詰めて汚れないようにしてあげましょう。また、濡らしたタオルなどで全身を拭く、毛並みを整えるなどしてきれいにしてあげてください。

 

ご遺体の安置方法

箱の中で眠る子猫の写真

ペットちゃんを火葬するまでにご自宅で安置させる方法をご紹介します。季節によって安置できる日にちは変わりますが、大体1日くらい空けてペットちゃんに感謝の気持ちを伝えたり、ねぎらったりして家族で偲ぶ時間にしましょう。

 

①段ボールなどの箱を準備

ペットちゃんよりも一回り大きいサイズの箱を用意してください。

②箱に敷く物を準備

ペットちゃんの遺体から体液や排泄物が出てくることもあるので、箱が汚れないようにバスタオルやトイレシートなどを敷き、さらにその上に毛布などを敷いてペットちゃんを寝かせてあげてください。

③ご遺体を冷やす

できるだけご遺体の腐敗を進めないように、ドライアイスや保冷剤などを入れて冷やします。お腹を中心に頭・背中・首元なども冷やしてあげましょう。また、エアコンの温度を寒いと感じるくらいまで低くして、お部屋を冷やすことも効果的です。

 

 ペットの葬儀方法

手で持ち上げられるネズミの写真

大切なペットちゃんが亡くなったら、きちんと供養してあげたいと思うのは飼い主様なら当然のことです。亡くなったペットちゃんの葬儀方法は「自宅等に埋葬」「自治体での火葬」「ペット葬儀業者での火葬」の3つです。それぞれ詳しく説明していきますので、ご自身に合った葬儀方法をお選びください。

 

自宅に埋葬する

自宅など権利のある所有地なら、ペットちゃんのご遺体を埋葬するのは法律上、問題ありません。そのため、熱帯魚や小鳥・ハムスターなどの小動物をそのまま、自宅の庭に埋葬するという方も多いと思います。しかし、猫や犬などの場合は、ご遺体の腐敗による異臭や病原菌などが外に溢れてしまう危険もありますので、どうしてもご自宅に埋葬したい場合は火葬してから埋葬するといいでしょう。

自治体での火葬

大体の自治体では、依頼すればペットちゃんのご遺体を火葬してもらうことが可能です。しかし、自治体の場合はペットちゃんのご遺体を「一般廃棄物」として扱われ、焼却炉でゴミと一緒に焼却されるケースもあります。費用は比較的抑えられますが、飼い主様が望んでいるような供養をしてもらえないこともありますので、依頼する前にお住まいの自治体へ確認するようにしましょう。

ペット葬儀業者での火葬

近年は、大切なペットちゃんをペット葬儀業者によって火葬してもらう飼い主様が増えてきております。さらに、ご自宅まで訪問しに来てくれる「出張ペット火葬」が最近の主流です。出張ペット火葬はペットちゃんを引き取りに来てもらえたり、立ち会い希望の場合はご自宅の駐車場などで火葬してもらえたり、飼い主様のニーズに合わせて対応してもらうことができ大変便利です。

 

ペット火葬の種類は、複数のペットちゃんと合同で火葬する「合同火葬」、個別で火葬する「一任個別火葬」、火葬後遺骨の拾い上げまで立ち会える「立会個別火葬」の3つがあります。

 

火葬までの準備

飼い主に抱かれる犬の写真

大切なペットちゃんの葬儀方法が決まり、火葬日が決まればそれまでご遺体の腐敗を進めないように安置してあげてください。また、ペットちゃんの好きだったおやつや思い出の写真など、一緒に供えたいものがあれば準備しておきましょう。ただし、プラスチックやビニールなどは火葬する際に焦げて遺骨を綺麗に残せないこともあるので避けてください。また、この間にペットちゃんとお別れする、気持ちの準備もしておきましょう。

 

葬儀後すること

お墓の前で手を合わせる女性の写真

ペットちゃんが亡くなった場合は、様々なところに報告する必要があります。また火葬後は遺骨を返却してもらえる場合もあり、どのように供養すればいいか分からないという方もいらっしゃると思います。そこで葬儀後の流れについてご紹介いたします。

 

「死亡届」の提出

犬がなくなった場合は狂犬病の予防管理をしているため、役所や自治体に「死亡届」の提出が義務づけられています。ペットちゃんが亡くなりとても辛い中ですが、30日以内に提出するようにしましょう。

ペット保険会社へ報告

もし、亡くなったペットちゃん名義でペット保険に加入している場合は、保険会社に連絡する必要があります。ペットちゃんが亡くなった際に「見舞金」として保険金が受け取れる場合もありますので、保険会社に確認してみましょう。

動物病院へ報告

お世話になった動物病院の先生に、電話または直接お礼する飼い主様もいらっしゃいます。もちろん、必ずしなければいけないということでありませんので、お礼を伝えたいと思われる方だけで問題ありません。

遺骨の供養

火葬プランによって、遺骨を返却してもらうことができる場合もあります。返してもらった遺骨をそのままご自宅に置いておく場合は、除湿剤などを骨壺に入れてカビを防ぐようにしましょう。また、ご自宅の庭など所有地であれば遺骨を埋葬することが可能です。

 

「人と同じように墓石を建ててあげたい」とペット専門の霊園などに遺骨を納められる方も最近は増えてきております。また、分骨をしてくれる火葬業者もあり、遺骨の一部だけキーホルダーやペンダントにして身に付けられる飼い主様もいらっしゃいます。ご自身に合った方法で大切なペットちゃんの遺骨を供養してあげてください。

 

まとめ

大切なペットちゃんが亡くなると、ショックのあまり何も手がつかなくなることもあると思います。しかし、ペットちゃんは飼い主様しか頼れる人はいません。大切な家族のために落ち着いて、ペットちゃんが安心して旅立てる準備を進めていきましょう。きっとペットちゃんにも、飼い主様の思いが伝わるはずです。ペットちゃんを供養する方法は様々ですが、ペットちゃんと飼い主様にとって最善な方法で供養することが大切です。いつか笑ってペットちゃんのことを思い出せる日が来るように、心から願っています。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら