ペットの共同墓地ってどうなの?共同墓地について解説します

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットの共同墓地ってどうなの?共同墓地について解説します

「ペットの共同墓地ってどんなところなの?」「ペットの共同墓地って大丈夫かしら?」といった不安を抱えられている方も多いのではないでしょうか。「共同墓地」という言葉は聞いたことがあっても、実際どのようなものなのか知らない方も多くいらっしゃいます。そこで今回は、ペットの共同墓地について詳しく解説していきます。これから大切なペットちゃんの供養を考えているという方はぜひ参考にしてください。

 

共同墓地とは?

ペットのお墓のイメージ写真

一般的なお墓は「個別でペットちゃんの遺骨を埋葬して墓石を建てる」というイメージですが、共同墓地は「複数のペットちゃんの遺骨が埋葬されたお墓」のことです。合同で火葬された遺骨を埋葬することもありますが、それぞれ個別で火葬された遺骨を埋葬することもあります。人の供養ではまだまだ知られていないですが、ペットちゃんの場合は共同墓地で供養される方もたくさんいらっしゃいます。

 

共同墓地のメリットとデメリット

メリットとデメリットのイメージ写真

共同墓地のメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。大切なペットちゃんの供養ですから、きちんと理解してから後悔のない方法を選びたいものですよね。この章では共同墓地のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

 

メリット

費用が抑えられる

共同墓地のメリットはなんといっても一般的なお墓に比べ、費用が抑えられるという面です。一般的なお墓は墓石を購入して、お墓を建てるスペースを借りないといけません。しかし、共同墓地なら一人ひとりの墓石や土地が必要ないため、その分費用が抑えられます。

 

管理をする必要がない

一般的なお墓であれば飼い主様が定期的に清掃するなど、管理をしないと草が生えて荒地になってしまいます。しかし、共同墓地の場合は霊園や施設が清掃などの管理を行ってくれるため安心です。

 

永代供養がついていることも

共同墓地の場合は、「永代供養」のサービスがついていることがあります。お盆やお彼岸などに合同で供養してくれる霊園もあります。

 

寂しい思いをしない

他のペットちゃんと一緒に眠ることができるため、寂しい思いをすることがありません。そのため、寂しがり屋のペットちゃんに選ばれています。

 

場所が多い

ペットちゃんの場合、個別のお墓より共同墓地を設けている霊園や施設が多くなっています。そのため、「ご自宅の近くの霊園」や「葬儀と一緒に行ってくれる霊園」など選択肢が多くなることがメリットになります。

 

デメリット

返骨することができない

共同墓地に一度納骨すると、万が一後から「遺骨を返却してほしい」と思われても取り出すことが難しくなります。そのため、他の供養方法をよく調べてから納骨するようにしましょう。

 

規定がある

共同墓地の場合は、「お供えができない」「お墓参りできる時間の規定がある」などその施設によって細かい規定がありますので、確認しておきましょう。

 

費用相場

電卓の写真

共同墓地のメリットは一般的なお墓を建てるときと比べ、「費用が抑えられる」とご紹介しました。では、実際どのくらいの費用がかかるのでしょうか。この章では、共同墓地の費用相場をご紹介します。

 

火葬料

ペットちゃんの火葬から墓地への埋葬まで一式行ってくれる葬儀業者や霊園も多くあります。共同墓地へ埋葬する場合は、他のペットちゃんと一緒に火葬する「合同火葬」を行う場合が多く、個別で火葬する「個別火葬」よりも費用が抑えられます。合同火葬の相場は、鳥やハムスターなどの小動物は12,000~15,000円、猫や小型犬は16,000~25,000円、中型犬や大型犬は30,000~50,000円が相場となっています。

 

埋葬料

火葬後にそのまま埋葬してもらう場合、基本的には火葬料に含まれています。しかし、別のところで火葬してもらった遺骨を埋葬してもらう場合は別途費用がかかります。費用相場は10,000~15,000円となっています。

 

永代使用料

個別にお墓を建てる場合は、そのお墓の土地を永代に渡って使用するために永代使用料という費用が発生します。しかし、ほとんどの場合、共同墓地では永代使用料がかかりません。

 

永代供養料

共同墓地の場合は家族に代わって、霊園やお寺が供養をしてくれます。そのためにかかる費用が永代供養料です。毎月支払うものではなく、火葬から納骨をしてもらう際に一度だけ支払うことがほとんどで、費用相場は数千円のところが多くなっています。

 

管理料

管理料とは霊園やお寺で共同で使用する場所を管理するためにかかる費用です。具体的には霊園を維持するためのメンテナンス料や清掃、トイレや水汲み場の水道代などになります。費用の相場は一般的なお墓の場合は年間5,000~10,000円、納骨堂の場合は年間3,000~5,000円程度です。共同墓地の場合は管理料がかからないことが多くなっています。

 

彫刻料

共同墓地の場合は、ペットちゃんの名前やメッセージをプレートに彫刻してもらえるオプションがある霊園もあります。相場は10,000~20,000円ほどです。

 

共同墓地へ埋葬するまでの流れ

案内をする女性の写真

この章では火葬から共同墓地に埋葬するまでの流れをご紹介します。霊園やお寺によって対応が異なりますので、詳しくは依頼する場所に確認するようにしましょう。

 

①火葬

共同墓地へ埋葬する場合は、複数のペットちゃんを一緒に火葬する「合同火葬」をすることが多くなります。

 

②納骨

合同火葬した遺骨はそのまま共同墓地へと埋葬されます。

 

③お経を読んで供養する

ペットちゃんの場合は宗教など関係ありませんが、霊園やお寺によってはお経を読んでくれる場合もあります。

 

④プレートなどを建ててもらう

名前やメッセージなどを書いたプレートを建ててもらいます。

 

その他の供養方法

庭のイメージ写真

共同墓地は後から遺骨を取り出すことができません。そのため、他にどのような供養があるか知った上で、じっくり検討してから共同墓地を選択することが好ましいです。そこでこの章ではその他にどのような供養方法があるかご紹介します。

 

個別のお墓

墓石を購入して個別でペットちゃんのお墓を建てる方法です。共同墓地に比べ費用は高くなります。

 

納骨堂

遺骨を納骨堂に納骨する方法です。納骨堂もお墓と同じように個別で納骨する方法と合同で納骨する方法があります。

 

樹木葬

墓石の代わりに樹木を植えて目印にする方法です。樹木葬も同様に、個別のお墓と合同のお墓があります。

 

ペットと一緒に入る

最近はペットちゃんと人が一緒に入ることができるお墓もあります。お墓、納骨堂、樹木葬それぞれの種類であります。ただし、ペットと一緒に入るお墓は基本的には一家族となりますので、先祖などのお墓がある場合はきちんと家族で話し合っておきましょう。

 

自宅の庭に埋葬

ご自宅の庭に火葬後の遺骨を埋葬される方もいらっしゃいます。ただし、私有地でない場所に納骨すると不法投棄となります。また、引っ越しする際は掘り起さなくてはいけませんので、必ず目印をつけておきましょう。

 

プランターに埋葬

プランター葬と呼ばれる方法で、遺骨をプランターに埋葬しお花を植える方法です。ベランダや玄関などに華やかに飾ることができます。ペットちゃんのイメージにあったお花を植えて供養してあげましょう。

 

手元供養

アクセサリーやぬいぐるみ、オブジェなどに遺骨の一部を入れる方法で「手元供養」とも呼ばれています。「いつも身近にペットちゃんを感じることができる」と人気です。さらに、遺骨をダイヤモンドに加工するサービスなどもあります。

 

散骨

海や山などに粉状にした遺骨を散骨する供養方法で、最近は人の供養でも人気があります。他人の私有地に埋葬する際は許可などが必要な場合もありますので、ご自身で散骨する場合は気をつけなくてはいけません。

 

まとめ

今回はペットの共同墓地についてご紹介しました。共同墓地はその他の供養に比べ様々なメリットがありますが、一度納骨してしまうと遺骨を返却してもらうことができません。大切なペットちゃんの供養ですから、後悔のないようにどのような方法がご自身に合っているかきちんと検討してから供養しましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら