ペットの遺骨を散骨するメリットとは?好きな場所に散骨していいの?

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットの遺骨を散骨するメリットとは?好きな場所に散骨していいの?

「自分が沢山愛情を注いで育てたペットだから、最期の最期までしっかり面倒をみてやりたい」「大切な時間を一緒に過ごしたペットを大自然に返したい」
そうお思いの飼い主様に、「散骨」という埋葬方法があります。
散骨は、火葬した後ペットちゃんのお骨を砕き希望の場所に撒く供養の方法です。元々は人に対して使われていましたが、最近ではペットちゃんにも行われるようになってきました。とはいえ、火葬した後お骨を納骨堂に収めるという一般的な方法がまだまだ多く「本当に散骨を選んで大丈夫なのか」「好きな場所に散骨していいのか」という不安があるかもしれません。
そこで今回は、ペットちゃんの遺骨を散骨するメリットや、散骨する場所について丁寧に解説していきます。

 

散骨するメリット

ペットの写真

ペットちゃんの遺骨を散骨するメリットは、主に3つあります。
 

①諸費用を抑えることができる

一般的な供養には納骨・お墓の建立・維持に合計数十万円の費用が発生してしまいます。散骨の場合、これらを負担する必要はありません。火葬・粉骨・散骨の費用を除けば、かなり安くなるはずです。ご自身で散骨される場合は、さらに諸費用を抑えることができます。
 

②お墓参りをする必要がなくなる

お墓を建てると、お住まいによってはお墓参りに移動する手間がかかってしまいます。場所を指定しない散骨なら移動の必要がなくなるので、時間というコストも省くことができます。遠方に住んでいる方や、身体的不自由がある方にとっては負担の少ない供養なのです。
 

③特別な許可や届け出が必要ない

散骨には特別な許可や届け出が必要ありません。自治体などへの手続きや許可書の届け出も不要です。ただし、節度をもって行うよう気を付けましょう。例えば、散骨前に遺骨を一片2㎜以下のパウダー状に砕き(粉骨)、骨と判別できない大きさにする必要があります。遺骨と判断できる状態で散骨すると「死体遺棄罪」に罰せられるため、ルールやマナーを守って行うようにしましょう。

 

散骨の流れ

散骨された骨のイメージ

では、実際にどのような流れで散骨が行われるのでしょうか?
 

①火葬

ペット火葬ができる火葬場に依頼します。料金は生前のペットちゃんの体重で決まりますが、約1~3万円(1㎏~30㎏)が相場です。
 

②粉骨

火葬後、お骨を細かく小さな粉末に砕きます。法律に触れる恐れがあるため、散骨する場所を問わず必ず行うようにしましょう。なお、約5千円~1万円で民間業者へ粉骨を依頼することもできます。
 

③散骨

粉骨が完了したら、希望の場所で散骨を行います。場所によっては飛行機や船の予約が必要になるので要注意です。移動の手配や散骨の儀式を行う代行業者もいるため、必要に応じて利用してみましょう。
 
このように、ペットちゃんの散骨にそこまで複雑な手続きはありません。となると、重要なのは「どこで散骨を行うか」です。次章以降は、散骨できる場所・できない場所について解説していきます。

 

散骨できる場所

散骨できる場所のイメージ

散骨する場所は基本的に自由ですが、「大自然に返してあげたい」「思い出の場所に散骨したい」という飼い主様がやはり多いです。今回は代表的な散骨場所をご紹介します。
 

海(海洋散骨)

生命の起源に返してあげることで供養します。元々は人の葬儀の方法でしたが、ペットちゃんにも使われるようになってきました。パウダー状の骨を水に溶ける紙に包み、ボートやクルーザーで移動しそのまま海上で散骨します。
 

山林(樹木葬)

海と同様、大自然に返す供養方法として「山林での樹木葬」があります。文字通り、樹木をお墓として供養します。実際の葬儀では、粉骨したパウダー状の遺骨をそのまま樹木や野山に散布する方法がとられています。
 

自宅の庭

ご自宅のお庭は最もお手軽な散骨場所の一つです。お花の咲いたプランターに散骨するケースもあります。ペットちゃんが大好きだった香りのお花や、いつも眺めていたお庭があれば、そこに撒きましょう。愛するペットちゃんをいつでも身近に感じることができますし、なにより住み慣れた場所ならペットちゃんも安心できるはずです。
 

一緒に訪れた旅先

お気に入りのボールで遊んだビーチや、ハイキングで一緒にお昼ご飯を食べた山……愛するペットちゃんと訪れた旅先には、深い思い入れがあることでしょう。そんな場所でも散骨はできます。場所によっては移動コストがかかりますが、飼い主様との思い出が詰まった場所で散骨されたら、ペットちゃんもきっと喜ぶでしょう。
 
このように、埋葬場所を自由に決めることができるのは散骨の最たる魅力です。ペットちゃんの一生を象徴するような供養方法なので、飼い主様自身の気持ちの整理も進みやすいのではないでしょうか。

 

散骨できない場所

立ち入り禁止

一方、散骨できない場所というのも存在します。以下の場所で散骨することは禁止されています。事前に必ずチェックしておきましょう。

 

他人の所有する土地

所有者の許可が無い土地で散骨してはいけません。粉骨していない状態で散骨するのもご法度ですので、十分注意しましょう。
 

散骨が禁止されている地域

日本には、散骨自体の禁止や規制を設けている自治体があります。散骨事業者と地元住民とのトラブルを避けるために、「散骨禁止条例」を定め厳しく取り締まっているのです。実際に、以下の自治体が散骨に対して規制を設けています。

散骨の禁止や規制を設けている自治体

北海道長沼町、北海道七飯町、北海道岩見沢市、長野県諏訪市、埼玉県秩父市、埼玉県本庄市、静岡県御殿場市
以上の自治体では、散骨の許可を得ることができません。それ以外の地域で行うようにしましょう。
 

漁業が盛んな場所

漁業が盛んな場所での散骨もしてはいけません。漁業法第143条に「漁業権又は漁業組合の組合員の漁業を営む権利を侵害した者は、二十万円以下の罰金に処する」と定められています。沿岸から離れた養殖場や漁場もあるため、油断は禁物です。海洋散骨をご検討される際は「地元漁師の漁業権を侵害していないか」を慎重に確認しておきましょう。

 

散骨する際のルール・マナー

注意点を確認する犬

ここまで法律上の禁止行為について述べてきましたが、散骨における暗黙のルールやマナーも他に存在します。
例えば「飼い主様以外も納得した上で散骨する」です。散骨は立派な葬儀です。ただ、供養の方法が独特になるので「辛いからやめてほしい」「それではペットが喜ばない」と、ペットちゃんを愛していた他の方々から不快に思われることがあります。動物は人間のように意思を伝えられないため、「どのような供養ならペットが喜ぶのか」を話し合うことが大切なのです。
死後に揉めていてはペットちゃんも悲しむので、彼らの心情や宗教的感情に配慮するのがマナーです。皆様で十分納得された上で散骨を決めましょう。
また散布は誰も嫌がらない場所にし、自然に返らない副葬品(ビニールやセロファン)などは撒かないよう気を付けましょう。先程述べた散布できない場所は避け、私有地の場合は所有者に必ず許可を取ってください。加えて現地へは軽装で向かい、喪服は避けましょう。喪服と分かれば、近くに居合わせた人が不快に思うことがあるためです。
ペットちゃんの散骨は一度きりです。誰もが気持ちよくお見送りするためにも、ルールやマナーを必ず守りましょう。

 

まとめ

遺骨の散骨は、ただの葬儀のハウツーではありません。飼い主様がペットちゃんに愛情を注ぎ切るための、とても尊い儀式です。それは同時に、ペットちゃんが飼い主様とのかけがえのない思い出を、天国に持っていくためのお手伝いでもあるのです。散骨を検討される方はそのメリットを最大限発揮できるよう、ぜひ入念な準備を進めていきましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております