ペットの遺骨を返骨してもらうには?返骨後の供養もご紹介します

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットの遺骨を返骨してもらうには?返骨後の供養もご紹介します

家族の一員としてペットを飼われている方も多く、亡くなった際は人と同じように火葬される方も増えております。さらに、火葬後に「遺骨を返してもらいたい」という方も多いのではないでしょうか。遺骨はすべて返してもらえる訳ではありません。そこで今回は、返骨してもらう方法や遺骨の供養方法についてご紹介します。

 

返骨してもらう方法

ペットの遺骨のイメージ写真

この章では、遺骨を返してもらう方法をご紹介します。火葬業者によって対応は異なりますので、依頼する前に確認するようにしましょう。

 

個別で火葬する

ペット火葬は複数のペットちゃんを一緒に火葬する「合同火葬」と個別でペットちゃんを火葬する「個別火葬」の二種類あります。合同火葬の場合は複数のペットちゃんの遺骨が混ざってしまうため、返却されることはありません。そのため、返骨してもらうためには個別火葬を選ぶ必要があります。

 

一任火葬の場合

業者にペットちゃんを引き取ってもらい個別火葬を一任する「一任個別火葬」では、返骨をしてもらえないケースもあります。一任個別火葬の場合は「返骨の有無」「返骨がない場合はどのように供養するのか」などを確認するようにしましょう。

 

立ち会う

ペット火葬では人と同じように家族で立ち会い、遺骨の拾い上げをするプランもあります。そのような立ち会いのプランでは基本的にそのまま持ち帰ることができます。

 

返骨しない場合

お墓に供えられたお花の写真

ペットちゃんの遺骨が返ってこない場合は、どのような方法で供養されているのでしょうか。この章では火葬業者でそのまま供養される場合の方法をご紹介します。

 

合同のお墓に埋葬

返骨されない場合は、提携している霊園や寺院などの合同のお墓に埋葬されることがほとんどです。埋葬されるお墓によっては、お参りができない場合もあります。事前にどのような対応なのか確認するようにしましょう。

 

個別のお墓に埋葬

お墓がある霊園や寺院で火葬を依頼する場合は、火葬後にそのまま個別のお墓に埋葬してもらうプランなどもあります。個別のお墓に埋葬してもらう場合は、個別火葬をする必要があります。

 

返骨のトラブル

山奥のトンネルの写真

ペットちゃんの遺骨を返してもらう際、業者とトラブルになってしまったというケースも多く報告されています。トラブルに巻き込まれてしまったら、とても悲しい思い出となって残ってしまいます。トラブルに巻き込まれないためには、どのようなトラブルがあるか知っておくことが大事です。この章では返骨のトラブルについてご紹介します。

 

遺骨の状態

「焦げている」または「生焼け」という状態で返骨されたというケースもあります。ペットちゃんの遺骨を綺麗に残すためには対応してくれるスタッフの経験はもちろん、火葬炉の種類も関係します。古いタイプの火葬炉では火力の調整がうまくできず遺骨が焦げてしまったり、反対に焼け残ったりすることもあります。

 

違う遺骨の返却

業者に火葬を一任した際、別の遺骨が返却されたというケースがありました。詳細を聞くと、預かったペットちゃんの遺体をそのまま山に不法投棄し、違う遺骨を返却していたそうです。火葬炉を所持するのには多額な費用がかかるため、火葬炉を設置していない業者も多くあります。しかし、そのような場合は火葬を別の業者に委託しなくてはいけません。その委託にかかる費用を節約するために、不法投棄していた悪徳な業者です。

 

返骨後の供養

ろうそくとお線香の写真

「返骨してもらったが、どのように供養すればいいか分からない」とお悩みの方も多いと思います。ペットちゃんの場合は人の供養と比べ様々な方法があります。この章では、ペットちゃんの遺骨の供養方法についてご紹介します。

 

自宅供養

仏具などに遺骨を納め、ご自宅に安置している方も多くいらっしゃいます。インテリアとして部屋に飾っておけるようなおしゃれな仏具セットや遺骨を入れることができるクッションなども販売されています。また、部屋の中だけでなくベランダや玄関に飾っておけるプランター葬なども人気です。種類がたくさんありますので、ご自宅に合ったグッズを選ぶことができます。

 

お墓

人と同じようにペットちゃんのお墓を建てて埋葬される方もいらっしゃいます。最近は「ペットも家族」という考えが一般的になっているため、人とペットちゃんが同じお墓に入ることができる霊園などもあります。しかし、ペットちゃんと一緒のお墓に入る場合は、宗教や先祖などの問題もありますので、しっかりと家族で話し合ってから決めることが大切です。

 

納骨堂

ペット専用の納骨堂もあります。一口に納骨堂と言っても、棚に個別で納骨するタイプや他のペットちゃんと一緒に納骨するタイプなど種類があります。そのため、事前にどのようなタイプがいいか検討しておくと探しやすくなります。また、一度納骨すると返してもらえない場合もありますので、合わせて確認しておくといいでしょう。

 

樹木葬

目印として墓石を建てるタイプのお墓が一般的ですが、代わりに樹木を植える樹木葬も最近は人気が高まっています。墓石のお墓に比べ費用が抑えられることや、永久供養がついていることが多く後継者がいない場合でも安心といったメリットがあります。

 

手元供養

遺骨の一部を入れることができるネックレスやブレスレットなどのアクセサリーも販売されています。「いつもペットちゃんを感じることができる」と人気の供養方法です。

 

散骨

遺骨をパウダー状にして思い出の場所や海などに散骨される方もいます。しかし、散骨はどこにでもしていいという訳ではありません。他人の敷地内に散骨してしまったり、人に見られたりすると不快に思われてしまうこともありますので気をつけましょう。

 

遺骨を供養するタイミング

リビングで首を傾げる女性の写真

ペットちゃんの場合は、いつまでに供養しないといけないという決まりはありません。そのため、タイミングが分からず、「自宅に置いたままになっている」という方も多くいらっしゃいます。そこでこの章では遺骨を供養するタイミングについてご紹介します。

 

返骨後すぐ

火葬後すぐに供養される方も多くいます。すぐに供養される場合は、しっかりと検討して後悔のない方法で供養するようにしましょう。

 

四十九日

人と同じように四十九日経ってから供養される方もいます。四十九日を境に魂が成仏するとも言われていますので、ペットちゃんの供養を祈りながら納骨してあげましょう。

 

気持ちの整理がついたら

ご自身や家族の気持ちの整理がついたタイミングで供養される方もいます。定期的に納骨しても大丈夫かどうか自分自身に確認しましょう。

 

自分が亡くなったとき

「自分が亡くなった後一緒に納骨する」という場合は骨壺に入れたまま自宅で安置しているという方も多くいます。「亡くなったらペットと一緒に埋葬してほしい」と家族に伝えておきましょう。

 

まとめ

ペットちゃんの遺骨を返してもらうための方法などをご紹介しました。ペットちゃんの供養は人のように決まりはなく、ご自身に合った方法を選ぶことができます。そのため、どのように供養したらいいのか悩まれる方も多くいらっしゃいます。後悔のない供養をするために、しっかり検討してご自身のタイミングで供養してあげてください。飼い主様が納得いく方法やタイミングですることが何よりも大切です。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら