死ぬ前の熱帯魚はどのような変化があるのか?品種別の寿命もご紹介

お役立ちコラム お役立ちコラム

死ぬ前の熱帯魚はどのような変化があるのか?品種別の寿命もご紹介

アクアリウムとも呼ばれ、ご自宅で魚が泳いでいる姿を見て癒されると人気の熱帯魚。ご自宅で飼われている方や今後購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は人気の熱帯魚の寿命から死ぬ前の変化などについて詳しくご紹介します。

 

種類別の寿命

熱帯魚の寿命は2~5年ほどですが、中には10年ほど生きる熱帯魚もいます。この章では熱帯魚の寿命を種類別にご紹介します。

 

グッピー

グッピーの寿命はおよそ数か月~1年と言われており、中には2年ほど生きる場合もあります。

 

ネオンテトラ

ネオンテトラは寿命およそ2年と言われており、熱帯魚の中でも短いほうです。

 

カクレクマノミ

カクレクマノミの寿命はおよそ5~10年と言われており、中には20年ほど生きる場合もあります。

 

ベタ

ベタの寿命はおよそ1~3年と言われています。

 

アロワナ

アロワナの寿命はおよそ10年と言われており。中には30年ほど生きる場合もあります。

 

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュの寿命はおよそ5~7年と言われています。

 

アベニーパファー

アベニーパファーの寿命はおよそ3年と言われています。

 

アカヒレ

アカヒレの寿命はおよそ2年と言われています。

 

コリドラス

コリドラスの寿命はおよそ3~5年と言われており、中には15年生きる場合もあります。

 

長生きさせる秘訣

寿命の短い熱帯魚でも個体の生命力や、飼育方法によって変わってきます。そこでこの章は、熱帯魚を長生きさせる秘訣をご紹介します。

 

個体の選び方

元気な個体を選ぶ方法は、「ヒレの状態」「目の状態」「鱗の状態」を確認して、病気や怪我がないか 確認するようにしましょう。また、他の魚との様子を見て性格や相性を見ることも大切です。お店で熱帯魚へのエサやりを見れる場合は様子を見るようにするといいでしょう。

 

水の環境

熱帯魚にとって水の環境はとても大事です。それぞれの熱帯魚によって適切な水温や水質が異なります。熱帯魚の種類に合わせて、水温や水質を安定させてあげましょう。また、水槽の水が汚れすぎないように定期的に清掃してあげることも大切です。

 

飼育環境

同じ水槽で熱帯魚が過密になりすぎると、魚にとってストレスになってしまい病気になるリスクが上がってしまいます。また、魚同士のトラブルになることもあります。一方で少なすぎると群れる習性のある熱帯魚にとっては孤独感を感じストレスになってしまうこともありますので、特性に合わせて飼育するようにしましょう。

 

食事

同じものばかり食べていると栄養が偏ってしまいますよね。魚も同じで、一種類のエサだけでは栄養が偏ってしまうことがあります。バランスよく栄養が取れるように気を付けましょう。また、エサの与えすぎも肥満になって病気のリスクを上げてしまうことがありますので、注意が必要です。

 

気をつける病気や事故

餌を食べる熱帯魚

この章では熱帯魚に多い病気や事故についてご紹介します。対処法なども合わせてご紹介しますので、もしもの際にお役立てください。

 

白点病

白点病は熱帯魚でかかりやすい代表的な病気です。原因であるウオノカイセンチュウという菌が熱帯魚に寄生し、白のポツポツが体に表れます。痛みを伴うため熱帯魚が水槽の中で体をこすりつけるような行動を見せます。対処法はメチレンブルーという成分が入った薬を使います。また、ウオノカイセンチュウは25℃付近の低温を好むため、水温を徐々に30℃ほどに上げることも効果的です。

 

こしょう病

白点病と似ていて、体にこしょうのようなポツポツが表れます。原因はウーディニウムという菌が熱帯魚に寄生することで病気になります。初期の段階では見た目には出ず、対応が遅れてしまうため重症化してしまうことが多くあります。ウーディニウムは光合成をすることで栄養を得ているため、太陽の光を入れない、電気を消すなどして数日間暗くすることが効果的です。

 

尾ぐされ病・口ぐされ病

初期の段階は、ヒレの先端が白く濁り、感染したところが赤く充血します。病気が進行すると、ヒレ全体や尻尾が白く濁り裂け始めていきます。原因はカラムナリスという菌が熱帯魚に寄生することで病気になります。初期段階では、塩水浴によって症状がよくなることもあります。

 

運動性エロモナス病

エロモナス・ハイドロフィラという菌が原因で、まつかさ病や鱗赤病・ポップアイという病気になってしまうことがあります。松かさ病は鱗が逆立つ、鱗赤病は体の一部が赤くなる、ポップアイは眼球が飛び出るなどの症状が表れます。運動性のエロモナス菌は25~30℃の気温を好むため、22℃ほどの低温にするといいでしょう。また、塩水浴や殺菌灯を用いることも効果的です。

 

非運動性エロモナス病

エロモナス・サルモニシダという菌が原因で、穴あき病になってしまうことがあります。一部の鱗が充血しだんだん全体に広がっていくような病気です。病気が進行すると、鱗が落ち筋肉が見えてきます。非運動性のエロモナス菌は20℃程度の低温を好むため、30℃ほどに上げるといいでしょう。また、塩水浴や殺菌灯を用いることも効果的です。

 

飛び出し

熱帯魚が飛び出さないように蓋をしている人も多いと思いますが、エアホースやフィルターパイプなど思いもよらない場所から飛び出してしまうこともあります。遊泳性が高い熱帯魚の場合は、細かな穴はスポンジなどを詰めておくといいでしょう、飛び出しは早期発見が大切なので、作業をした後などは熱帯魚がきちんといるか数を数えるようにしましょう。

 

死ぬ前の予兆

熱帯魚の寿命が訪れた場合、毎日熱帯魚の様子を見ていれば気付くことが多くあります。この章では熱帯魚が死ぬ前に見せる症状についてご紹介します。

 

動かない

死ぬ前の熱帯魚は動かなくなることがほとんどです。ストレスや病気などで体力が落ちていて、動かなくなっていることもあります。

 

体の色がくすんでいる

グッピーなどの熱帯魚は死ぬ前になると体の色がくすむ、またはヒレが裂けていくような症状を見せることがあります。

 

エサを食べない

死ぬ前の熱帯魚はエサを食べなくなることが多いです。

 

やせ細る

死ぬ前は痩せ細るという症状が見られることが多くあります。ただし、ストレスや病気などでエサを食べれず痩せている場合もあります。

 

死んだあと

水槽で泳ぐ熱帯魚の写真

熱帯魚が亡くなってしまったあとはどのように対応すればいいのでしょうか?この章では熱帯魚が亡くなってしまったあとに、してあげられることを順番にご紹介します。大切な家族である熱帯魚を、丁寧に送り出してあげましょう。

 

①水槽から出す

死んでしまった熱帯魚をそのままにしておくと、水質が悪くなり元気な熱帯魚にまで悪影響を及ぼすことになります。熱帯魚が死んだことを確認したら、まずは水槽から出してあげましょう。

 

②魚の様子を見る

死んだ魚の様子を見て何が原因で亡くなったのか検証しましょう。感染病の場合は水槽の中にいる他の熱帯魚も危険なため対応しなくてはいけません。

 

③水槽を確認

他に弱っている熱帯魚はいないか、水草の状態などを確認しましょう。こちらも②と同様に感染病が疑われる場合は対応しなくてはいけません。

 

④供養する

死んでしまった熱帯魚を供養してあげましょう。ご自宅が私有地の場合は庭などに埋めて供養する方も多くいます。しかし、感染病で亡くなってしまった場合は、病原菌が発生してしまうこともあります。そのような菌を持った熱帯魚を飼っているペットちゃんが掘り起してしまえば、感染してしまうリスクもあります。そのような場合は、「自治体に引き取ってもらう」「ペット火葬に依頼する」などして供養することがおすすめです。

 

まとめ

熱帯魚も大切な家族ですから、死んでしまったらとても悲しいですよね。日々の飼育環境を整え、観察するようにしましょう。熱帯魚はたくさん飼っていることも多く、一匹一匹の様子を見ることが難しいこともあると思います。しかし、感染病などになった場合は他の魚たちにも影響を及ぼすこともありますので、早めに対応するようにしましょう。また、死ぬ前の症状を見せている場合でも早期発見することで元気になることもありますので、変化に気付いた際はすぐに対応するようにしましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております