ペットが亡くなった場合は死亡届が必要?亡くなった後にすること

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットが亡くなった場合は死亡届が必要?亡くなった後にすること

人が亡くなった際は、7日までに「死亡届」の提出をしなくてはいけないと法律で定められています。また、世帯主に変更があった場合は、「14日までに変更の手続きを行わなければならない」など様々な決まりがありますが、ペットちゃんの場合はどのような手続きがあるのでしょうか?今回はペットちゃんが亡くなった際に人と同じように「死亡届」が必要なのか、またその他にしなくてはいけないことについて詳しく解説していきたいと思います。

 

ペットが亡くなった際にすること

目をつぶっている犬の写真

この章ではご自宅で飼われているペットちゃんが亡くなった際に、飼い主様がしなくてはいけないことをご紹介します。飼われているペットちゃんの種類によって対応が異なることもありますが、一般的なしなくてはいけないことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

体勢を整える

ペットちゃんが亡くなったことを確認したら、死後硬直が始まる前にいつも寝ているときのような無理のない体勢に整えてあげましょう。

 

遺体をお清め

綺麗な姿で送り出してあげられるように、少し濡らしたタオルなどで綺麗にペットちゃんを拭いてあげましょう。

 

遺体を冷やす

遺体を保冷剤などで冷やすことで、腐敗を遅らせることができます。すぐに供養できない場合は、必ず冷やして涼しい部屋に安置させるようにしましょう。

 

家族で偲ぶ

ペットちゃんを供養する前に、可能であれば家族でペットちゃんを囲み偲ぶ時間を作るようにしましょう。人が亡くなった際に行う、通夜のようなイメージです。

 

ペットちゃんを供養する

「所有地に埋葬する」「自治体に依頼する」「ペット火葬業者に依頼する」「プランター葬」など飼い主様それぞれの方法で供養して、ペットちゃんを見送ってあげましょう。

 

手続きを行う

「死亡届を提出しなくてはいけない」「ペット保険の手続きをしないといけない」などペットちゃんによって様々な手続きが必要な場合があります。

 

死亡届が必要な場合・提出しなかった場合

パソコンで手続きをするイメージ写真

ペットちゃんが亡くなった場合は死亡届を提出しないといけないペットちゃんもいますが、すべてのペットちゃんが手続きを行わなければいけないという訳ではありません。この章では死亡届を提出しないといけないペットちゃんについて、また提出しなかった場合について解説します。

 

死亡届が必要な動物

ペットとして飼われているような動物で、死亡届を提出しないといけないのは主に愛犬です。その他に虎やライオンなどの一部の動物で提出しなくてはいけませんが、ペットとして飼われている方はほとんどいないと思います。愛犬が亡くなった場合に死亡届を提出しないといけない理由は、愛犬は狂犬病予防法第4条の規定で、飼われている市町村に登録と予防注射が義務づけられているからです。この登録をしていない場合は、20万円以下の罰金が処せられる場合があります。

 

死亡届を提出しなかった場合

愛犬が亡くなった際は、30日以内に死亡届を提出して手続きを行うことが法律で義務づけられています。手続きを行わないと登録が抹消されず残ったままになり、予防接種の案内などが送られてきます。また、20万円以下の罰金を処せられる場合もありますので、必ず手続きするようにしましょう。

 

死亡届に必要なもの

書類に書き込む女性の写真

愛犬の死亡届を提出する際はどのようなものが必要なのでしょうか?この章では愛犬の死亡手続きをする際に必要なものをご紹介します。

 

死亡届

お住まいの地域のホームページからダウンロードできることがほとんどですので事前に記入するか、窓口に置いてあるものを当日記入します。

 

鑑札

愛犬の登録をすると鑑札が発行されます。死亡届の手続きをする際は鑑札を返却しないといけませんので準備しましょう。

 

狂犬病予防注射票

愛犬の登録をすると鑑札と一緒に「狂犬病予防注射票」が発行されます。死亡の手続きをする場合は「狂犬病予防注射票」も一緒に提出しなくてはいけません。

 

死亡届の提出する流れ

電話をかける女性の写真

この章では実際に死亡届を提出する際の流れについてご紹介します。死亡届の手続きは直接窓口に行って行う方法と、インターネット上で手続きを行う方法がありますのでそれぞれご紹介します。ただし、お住まいの地域によって若干異なる場合もあります。詳しくは自治体のホームページで確認するようにしましょう。また、死亡届の手続きは愛犬が亡くなってから30日以内に手続きしなくてはいけませんので、できるだけ早く手続きを進めるようにしましょう。

 

直接窓口へ

死亡届は保健所か自治体にて手続きすることができます。ご自宅にパソコンとプリンターがある場合は、ホームページよりダウンロードして、「飼い主様の名前」「住所」「連絡先」「ペットの名前」「生年月日」「年齢」「登録番号」を記入します。すべて記入したら、「死亡届」「鑑札」「狂犬病予防注射票」を窓口まで持っていき手続きをしてもらいます。「死亡届」を持っていかなくても、窓口でもらって記入することも可能です。

 

電子申請

ご自宅のパソコンやスマートフォンなどインターネットを利用すれば、いつでも申請をすることができます。電子申請する場合はまずは自治体ホームページより「犬の死亡届の手続き」を選び、「申請日」「メールアドレス」「飼い主様の情報」「犬の情報」「登録番号」「狂犬病予防注射票番号」などを入力し申請します。申請した後、速やかに「鑑札」と「狂犬病予防注射票」を郵送します。

 

郵送

お住まいの地域によっては、郵送で手続きをすることができる場合もあります。「死亡届」をダウンロードして記入し、「鑑札」と「狂犬病予防注射票」を一緒に入れて郵送します。記入漏れなどがあれば直接連絡がありますので、連絡が取れやすい連絡先を記入するようにしましょう。

 

電話

電話にて受付をしている場合もあります。担当者の指示に従って手続きをしましょう。万が一「鑑札」と「狂犬病予防注射票」を紛失した場合や思い出として残しておきたい場合は、担当者に伝えましょう。

 

その他の手続きについて

手続きをするイメージ写真

この章ではペットちゃんが亡くなった際に必要な手続きについてご紹介します。「死亡届」の提出同様に飼われているペットちゃんや供養方法によって異なります。

 

ペット火葬を依頼する

ペットちゃんが亡くなった際に、「自治体に引き取ってもらう」「ペット火葬業者に依頼する」といった場合は手続きが必要です。依頼する自治体や業者に連絡をして手続きをするようにしましょう。初めて火葬をする際はいくつかの業者に見積もりを作成してもらい、比較することで納得する形で送り出すことができるのではないでしょうか。

 

保険

ペット保険に加入している場合は、ペット保険の死亡手続きが必要です。インターネットや直接連絡することで手続きをすることができます。保険の手続きをする際に「死亡診断書」や「火葬した際の領収書」などが必要な場合もありますので、残しておくようにしましょう。

 

まとめ

今回はペットちゃんが亡くなった際の「死亡届」の手続きについてご紹介しました。基本的に愛犬は手続きが必要です。いざという時慌てないように、「鑑札」「狂犬病予防注射票」をすぐに準備できるよう日頃からわかる場所に保管しておきましょう。また、保険に加入しているペットちゃんは保険の手続きも必要です。その際に「死亡診断書」や「火葬領収書」が必要になるケースもありますので、ペット火葬を利用した際は必ず保管しておくようにしましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております