愛するペットとずっと一緒に。遺骨アクセサリーおすすめの加工は?

お役立ちコラム お役立ちコラム

愛するペットとずっと一緒に。遺骨アクセサリーおすすめの加工は?

最近では、供養方法が多種多様になり、ペットちゃんの供養に悩まれる飼い主様も多いのではないでしょうか。手元供養はその中でも注目されている供養方法の一つです。遺骨を少量手元に残して供養する方法で、遺骨アクセサリーやミニ骨壺など種類があります。ずっと一緒にいたいと思われる飼い主様たちから注目を浴びている手元供養の中でも、特に人気の遺骨アクセサリーについて説明していきます。

 

遺骨アクセサリーとは?

ダイヤのネックレス

遺骨アクセサリーとは手元供養の一種であり、お骨を少量納めることができるアクセサリーのことをいいます。ペンダントやキーホルダーなど、種類はさまざまです。ミニ骨壺などと違うのは、常にペットちゃんと一緒にいることができ、どこにでも一緒に行けるということです。

 

遺骨アクセサリーの種類は?

付箋のついたノート

遺骨アクセサリーと一概にいってもかなり種類が多いです。ここでは大きく二つに分けて紹介いたします。

 

①アクセサリーの中に遺骨を封入する方法

遺骨を粉骨する以外に何も手を加えず、そのままアクセサリーの中に封入するタイプです。封入の仕方は、蓋を開けてそのまま遺骨を入れるタイプと、特殊な樹脂で封じ込めるタイプがあります。アクセサリーの種類は下記のようなものがあります。

・ペンダント

・カプセル

・リング

・ブレスレット

・ブローチ

販売サイトでどのような封入の仕方かしっかりと確認してから購入しましょう。蓋をするものは、説明書を読んで自らの手で遺骨を納めます。樹脂のタイプは、業者に遺骨を送り、封入してもらうのが一般的ですので、その点も考慮する必要があります。

 

②遺骨を加工してアクセサリーにする

遺骨をアクセサリーの一部に材料として利用し、アクセサリーを作る方法です。遺骨を加工してアクセサリーを作成したものを遺骨ジュエリーといいます。種類は下記のようなものがあります。

・遺骨ダイアモンド

・真珠

・人工宝石(麗石)

・サファイア

どれも製作期間は3カ月~半年以上かかり、値段も高額なものです。しかし、遺骨ジュエリーというのは、ペットちゃんの世界で一つだけの宝石となります。他に同じものはありません。ペットちゃんと長く一緒にいたいと思うのであれば、劣化しにくい、遺骨ジュエリーにすると良いでしょう。

 

封入タイプのアクセサリー

ハートのネックレス

遺骨をアクセサリーに封入するタイプのアクセサリーで、先にも述べた通り、ペンダントなど種類が多くあります。ここでは少し詳細に説明いたします。

・遺骨ペンダント

首からぶら下げるタイプで、ネックレスと同じです。本体に空洞があり、ネジで開閉して遺骨を封入します。

・遺骨カプセル

カプセルの中に遺骨を納めるタイプで、キーホルダーなどにして持ち運ぶことができます。

・遺骨リング

遺骨をリングに収納するタイプで、内側に樹脂で封入するものと、本体の空洞部にネジを開けて入れるものがあります。

・遺骨ブレスレット

腕につけるタイプで、金属製、天然石や革製などさまざまな材質のものがあります。飾り部分が空洞になっており、そこに入れます。

・遺骨ブローチ

胸につけるタイプで、本体の空洞部分に入れます。

 

加工アクセサリー

ダイヤモンドを拡大

遺骨の成分を抽出して作られる宝石類でアクセサリーを作ります。ここでは4種類の遺骨ジュエリーを詳しく紹介します。

 

①遺骨ダイアモンド

遺骨から炭素を抽出し、高温高圧で合成して製作します。通称メモリアルダイアモンドと呼ばれ、天然のダイアモンドと変わらない輝き、硬さです。一定量の遺骨が必要ですが、足りなければ、毛などがあれば作れるようです。高額で製作期間は長いですが、ペットちゃんが輝いて手元に戻ってくることを考えると、一度検討してみるのも良いかもしれません。

 

②真珠

真珠を作る貝に遺骨を核として挿入することで半年以上の時間をかけて作られますが、同じものはできません。また、真珠は普通加工されたものしか出回りませんが、加工せずに、自然にできた形で飼い主様の元に帰ってきます。全てが自然任せなので、色見も形も違い、ペットちゃんの個性が出ているように感じるかもしれません。

 

③人工宝石(麗石)

遺骨と石英などを一緒に高温で溶かし、時間をかけて結晶化したものです。さまざまな形に成形できるので、アクセサリーやオブジェなどにもできます。飼い主様のお気持ちに合わせて、イヤリングやブレスレットなど、アクセサリーの形を選ぶと良いでしょう。また、簡単には割れない強度なので、安心して身につけることができます。

 

④サファイア

遺骨からカルシウムを抽出して作ります。製作できる業者は限られていますが、天然のサファイアと輝きも高度も同じです。カルシウムが含まれているか、人工的に作られたかどうかの違いしかありません。製作業者によってはブルーやピンクサファイアなど、数色の中から好みの色を選ぶこともできます。

 

選ぶポイント

ポイントをチェック

遺骨アクセサリーは買い替えするものではないので、慎重に選ぶ必要があります。どういったことに気をつけるべきか、ここでは注意して選ぶポイントを5点紹介いたします。

 

①デザイン性

普段から身につけるものなので、自分の好みや普段の服装などに合わせて選びましょう。もしあまり好みでもなく、派手なデザインなどを選んでしまった場合、結局仕舞ったままということになりかねません。また、デザインも大切ですが、材質も気に掛けましょう。金属アレルギーなどがないか、皮製はずっとつけていられるかなどをきちんと知っておくことも愛用し続けるためには重要なポイントです。

 

②耐久・防水

遺骨アクセサリーは少しの遺骨をアクセサリーにするため、もし破損や浸水してしまったら少ししかない遺骨を失ったり、カビが繁殖したたりして、アクセサリーとして身につけることができなくなる場合があります。しっかりと水を防ぎ、落としてしまっても壊れない頑丈なものを選ぶようにしましょう。

 

③アフターサービス

買い替えるものではないので、購入後にメンテナンスできるかはとても重要なことです。メッキ剥がれやチェーンが切れることは、長い間身につけていると起こりやすいことなので、対応してくれるかどうかは前もって確認しておきましょう。人工麗石は欠けてしまった場合でも、再度溶かして固めてくれるところもあります。もしものためにしっかりと確認しておいてください。また、証明書や品質保証書を発行してくれるかどうかも大切です。ご自身のペットちゃんで作成したかどうかが分からないと、後々トラブルになります。他の遺骨で作成されていたということもあり得ますので、発行してくれるか、してくれないかの確認はしておきましょう。

 

④遺骨の量

粉骨してアクセサリーに封入するものであれば関係ありませんが、加工してジュエリーを作る場合は、必要な量が決まっています。もしダイアモンドを作成するのに足りない場合は、毛や羽から成分を抽出して作ることも可能ですので、注文前に確認しましょう。

 

⑤予算

遺骨アクセサリーは種類によってかなり値段に差があります。アクセサリーに封入するものは安価な製品もありますが、加工するアクセサリーは数十万~数百万円とかなり高額です。ペットちゃんへの思いはプライスレスなので、無理をしてまで高額なものを買う必要はないと思います。心の安定のための遺骨アクセサリーが負担となりませんように、よく検討することが大事です

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。遺骨アクセサリーとは、死と向き合っていくための思い出の形のようなものであると思います。離れたくない、ずっと側にいてほしい。そういった気持ちがあるからこそ、手元供養という供養方法が注目され、遺骨アクセサリーを身につける人が増えているのでしょう。遺骨を分骨するのは良くないと言う人がいますが、あくまで迷信でしかありません。向き合えるまでの間、死ぬ時まで、自身の心のためにも遺骨アクセサリーを持っていてあげてください。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております