ペット火葬は評判とサービス内容で選ぶ!業者選びの5ポイントを紹介

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペット火葬は評判とサービス内容で選ぶ!業者選びの5ポイントを紹介

大切なペットちゃんが亡くなってしまったら、ご遺体を供養してくれる場所を探さなくてはいけません。自治体では丁寧な葬儀を行ってもらえず、一般廃棄物として処分されることがほとんどです。ペットちゃんと悔いのない最後のお別れをするためには、民間のペット霊園や火葬業者の利用がおすすめです。ですが、業者の中には悪質な手段で飼い主様からお金を騙し取ろうとする業者も存在します。

悪質な火葬業者の被害に遭わないように、今回は選ぶ基準となる5つのポイントをまとめました。

 

葬儀の種類で選ぶ

ペット用の遺骨

あらゆる環境でペットちゃんとの最後のお別れをしたい飼い主様の依頼に応えられるよう、近年では様々な葬儀方法が行われています。

それぞれメリットがありますので、ご自身の状況に合った葬儀を選んでみましょう。

 

立会個別火葬

人間のお葬式と同じように、セレモニーで葬儀を行い、火葬のお見送りからお骨拾いまで立ち会うことができます。火葬中は待合室で待機しながら亡くなったペットちゃんの思い出を語り合うことができます。地域によってはペット用の葬儀場がない場合もあります。

 

一任個別火葬

一任個別火葬ではご家族の代わりにペット霊園のスタッフがご遺体を引き取り、火葬後に遺骨を返してもらえます。一任個別火葬は近くに葬儀場がない方、あるいはペットちゃんが亡くなった事実を受け入れられず、火葬される瞬間を見ることが辛い方におすすめです。

 

出張火葬

火葬炉を積んだ出張火葬車が指定場所に出張してくれます。葬儀場へ出かけなくてもペットちゃんの最後のお見送りをすることができますが、ご遺体を焼くと煙や臭いが発生しますので、近隣への配慮をして火葬をしてもらう場所を選ぶことが必要です。

自宅付近で火葬を行っても近隣の方に迷惑が掛からない環境であれば出張火葬サービスを選び、自宅付近で火葬が難しい場合は引き取り火葬サービスを選ぶとよいでしょう。

 

合同火葬

他のペットちゃんと一緒に火葬を行います。火葬後は遺骨をそのまま合同墓地で供養することができます。

個別火葬より費用を抑えて火葬が行えるだけでなく、ペットちゃんも他の動物たちと一緒に眠ることができますので寂しくありません。

他のペットちゃんと合同で供養するため、火葬後は遺骨を引き取ることができませんので注意してください。

 

ご遺体を焼く目的で作られた火葬炉と火葬車ですが、それぞれメリットとデメリットが異なります。

火葬炉で行う葬儀は万全の設備の中で最後のお別れをすることができますが、全国的にペット用の葬儀場が少ないため火葬場までご遺体を遠方から運ぶ必要があり、葬儀費用が高くなる傾向があります。対して火葬車は火葬炉と個別火葬と比べて低料金で葬儀が行えます。ただし、火葬によって発生する煙や臭いで近隣の方へ迷惑を掛けてしまう恐れがありますので、住宅が密集していない場所を選んで行わなければなりません。そして屋外で火葬を行うため家族以外の方に葬儀の様子を見られてしまう可能性もあります。

それぞれのメリット、デメリットを考慮し、ご自身にとって相応しい火葬方法を選びましょう。

また、業者によって亡くなったペットちゃんを心残りなく供養できるよう、オリジナルの骨壺や遺灰を入れるネックレスなどの手元供養品を販売している業者もあります。

葬儀に必要な棺、線香、ローソクなども販売されていますので、オプションの内容から選ぶのも一つの手と言えます。

 

ホームページに利用者の声が掲載されているか

パソコンを操作する手

インターネットから依頼する業者を選ぶ場合は、ホームページに利用者のアンケートやレビューが掲載されている業者を選びましょう。

利用者の声が掲載されていなかったり、ホームページ全体の内容が少なかったりする場合は、実績が少ない業者かもしれません。ペットちゃんの葬儀をトラブルなく終了させるためには、経験豊富な業者を選ぶことが重要です。疑問点がある場合はホームページのみで自己判断するのではなく、連絡フォームや掲載されている電話番号に問い合わせてみましょう。

 

対応が丁寧であるか

電話をかける女性

確認すべきポイントはサービス内容やレビューだけでなく、スタッフと実際にやりとりをした感覚も重要です。

悪質な火葬業者は契約前にだけ親切な対応をし、実際の火葬で威圧的な態度をとるようになる場合があります。

ペットちゃんのご遺体を焼却炉に入れた瞬間態度が豹変し、ほぼ脅しに近い形で高額な料金を請求するという悪質な商法を行っているのです。支払いを拒否すると完全に焼けていないまま炉から出すと脅されたり、誓約書を書かされたりすることもあるため、話し合いで解決することは非常に困難です。

利用を検討している業者が心から飼い主様の気持ちに寄り添って対応してくれる人物であるかどうかは、言葉遣いやあいさつ、お見積もりをするときの説明の口調などで判断することができます。

こちらの質問に回答することを面倒くさがる、早く契約を結ばせようと強いるなど、実際にやりとりをして嫌な印象を持った場合は、利用を見送ったほうが良いかもしれません。

 

明瞭な見積書を提示してくれる業者であるか

灰色の電卓

出張火葬サービスを利用する際は、必ず見積書を作成してくれる業者を選びましょう。

悪質な業者を利用してしまい、ペットちゃんのご遺体を焼却炉に入れたあと、事前に聞かされていない高額な追加料金を請求されるトラブルが多発しています。

大切なペットちゃんを喪ってしまい、じっくりと業者を選ぶ心境ではない場合もあるかもしれませんが、火葬業者は1社だけでなく何社かと比較し、火葬前に明瞭な見積もりを行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

見積書の作成を断る業者はこちらに不利な契約を結ばせようとする可能性が高いため、利用を避けることが賢明です。

 

火葬後に返骨してもらえるか

走るシェルティ

霊園に出向くことが難しい場合は、ペットちゃんのご遺体を預けて火葬してもらう一任個別火葬がおすすめだと先程ご紹介いたしました。

この一任個別火葬を利用したところ、依頼した業者によって大量のペットちゃんの遺体が山林に不法投棄されたという事件が発生しています。大変残念なことですが、火葬費用を省くために預かったご遺体を火葬せずに山林へ投棄している業者が存在するのです。葬儀費用を支払ったのにだまし取られることは非常に悔しいですし、何より捨てられてしまったペットちゃんも無念に違いありませんよね。

そのため、なるべくペットちゃんが炉に入るまで見送ることができる葬儀方法を選ぶか、遺骨を返骨してもらえる業者を選ぶほうが安心です。

また、最近では遺骨を粉砕して海上に散骨するという海洋散骨も注目を集めています。海洋散骨をご自身の手で行うと海周辺にお住まいの方に不快な思いをさせてしまったり、海の生態系を破壊してしまう恐れがありますので、必ず業者に依頼して散骨を行うようにしてください。

 

まとめ

ペットちゃんを供養し、きちんとお別れをするためには自治体へ火葬を依頼するよりも葬儀社、火葬業者を利用することがおすすめです。

口コミや費用を比較することが大切ですが、一番はどのような形でペットちゃんを見送ってあげたいかご自身やご家族に尋ねてみることです。

納骨をする場合はどのように管理をしているのか、実際にご自身の目で確かめてみることが大切です。

悔いのない最後のお別れができるよう、今回ご紹介したポイントを重視して選んでみましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております