ペット火葬の証明書は必要?ペット保険の解約なども詳しく解説します

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペット火葬の証明書は必要?ペット保険の解約なども詳しく解説します

ペット火葬を利用した後の証明書は必要なのでしょうか。ペットちゃんが亡くなった後は火葬や保険の解約、死亡届の提出など様々な手続きが必要です。しかし、何度も経験することではないため、何をしたらいいのか何を準備したらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ペット火葬の証明書は必要かどうかや保険の解約、死亡届についても詳しく解説します。

 

ペットが亡くなったとき

外を眺める犬の写真

ご自宅で飼っていたペットちゃんが亡くなったとき、飼い主様は何をしないといけないのでしょうか。この章では、ペットちゃんが亡くなった際にしないといけないことをご紹介します。ペットちゃんの種類や供養方法によっても異なりますので、一般的な手続きをご紹介します。

 

ペット火葬

ペットちゃんが亡くなったら、遺体を火葬して供養する方がほとんどです。ご自身で火葬することは法律的にできませんので、ペット専用の火葬業者に依頼する必要があります。

 

死亡届提出

飼っていたペットちゃんが犬の場合は、「死亡届」の手続きが必要です。犬を飼う際は狂犬病予防法によって登録が義務付けられているため、亡くなった際は登録を解除しなくていけません。

 

ペット保険解約

ペット保険に加入されている場合は、解約の手続きをしなくていけません。加入されていたペット保険によっては、葬儀や火葬に関する費用を一部負担してくれるようなものもあります。

 

遺骨の供養

火葬後、遺骨を返却してもらった場合はご自身で遺骨の供養を行います。ペットの場合は「いつまでに納骨しないといけない」という決まりはありませんので、そのままご自宅に安置される方も多くいます。

 

ペット火葬について

ペットの仏具の写真

ペット火葬は火葬方法やプランなどいくつか種類があり、ご自身にあった方法を選ぶことができます。この章では、ペット火葬の種類について詳しくご紹介します。

 

火葬方法

ペット火葬の種類は複数のペットちゃんと火葬する「合同火葬」と個別で火葬する「個別火葬」があります。合同火葬の場合は他のペットちゃんと遺骨が混ざってしまうため遺骨は返却されず、そのまま合同葬へ埋葬されることが多いです。個別火葬の場合は、ペットちゃんの遺骨を残すことができるため、返却してもらうことが可能です。

 

立ち会うか一任か

人の場合は家族で遺骨を拾い上げることができる「立会火葬」が一般的です。ペットちゃんの場合は、火葬業者がペットちゃんを引き取り火葬してくれる「一任火葬」というプランもあります。家族が立ち会う場合は遺骨をそのまま持ち帰ることができますが、一任する場合は業者によって対応が異なりますので確認するようにしましょう。

 

注意点

どのプランでも火葬する場合は、必ず「火葬証明書」をもらうようにしてください。また、ペット火葬業者によってそのまま遺骨を埋葬してもらう場合もあります。その場合は「納骨証明証」をもらうようにしてください。どちらもペット保険の解約に必要になります。

 

死亡届について

パソコンの前で困る女性の写真

犬のペットちゃんが亡くなった際は、亡くなってから30日以内に死亡届を提出しなくてはいけません。手続きをしないと、20万円以内の罰金に処されるケースもありますので必ず行いましょう。この章では、死亡届の手続きについて詳しくご紹介します。

 

窓口

愛犬の死亡届の手続きは保健所か自治体で行います。窓口にて「死亡届」をもらい「ペットの名前」「飼い主の名前」「住所」「連絡先」「生年月日」「登録番号」などを記入します。その際に「鑑札」「狂犬病予防注射票」を返却します。ご自宅にパソコンとプリンターがある場合は、事前に「死亡届」をダウンロードして記入して持っていくことも可能です。

 

インターネット

パソコンやスマートフォンからいつでも死亡届の手続きを行うことができます。自治体のホームページの「死亡届の手続き」から手続きを進め、飼い主様やペットちゃんの情報を入力してください。申請の手続きをしたら、「鑑札」と「狂犬病予防注射票」を速やかに郵送して返却します。

 

電話・郵送

自治体によっては電話や郵送にて手続きができる場合もあります。郵送の場合は自治体のホームページより「死亡届」をダウンロードして記入し、「死亡届」と一緒に「鑑札」と「狂犬病予防注射票」を入れて指定の住所に郵送します。

 

ペット保険の手続き

ノートにメモを取る女性の写真

この章ではペット保険を解約する手続きについて詳しく解説します。

 

必要なもの

ペットちゃんが亡くなった日を証明するために、病院での「死亡診断書」や火葬した際の「火葬証明書」などが必要になります。また、保険の種類によっては葬儀や火葬・仏具などにかかった費用の一部が支払われる場合もあります。その際にも「火葬証明書」や「埋葬の領収証」などが必要になりますので、捨てないように置いておきましょう。

 

手続きの流れ

ペット保険会社へ連絡してペットちゃんが亡くなったことを伝えます。ほとんどの場合、書面の手続きが必要になりますので、後日郵送で書面がご自宅に届きます。送られてきた書類に必要事項を記入し、返送します。この際に「火葬証明書」などが必要になる場合もありますので、確認して一緒に提出しましょう。

 

注意点

ペットちゃんが亡くなった際の解約の手続きは、「死亡診断書」「火葬証明書」「納骨や埋葬の領収証」に記載されている日付から失効になることがほとんどです。これらの証明証がなくても手続きすることはできますが、ない場合は書類が届いた日が失効日になることが多いですので気をつけましょう。保険料の日割り計算は失効日から計算されます。

 

遺骨の供養について

海に差し込む夕焼けの写真

人の供養では「四十九日を過ぎたらお墓に納骨しなくてないけない」という考え方が一般的ですが、ペットちゃんの場合はとくに決まりはありません。そのため返却してもらった遺骨をそのままご自宅に安置する方もいます。しかし、そのまま安置する場合はカビが発生することがありますので気をつけましょう。また、そのまま安置する以外にも供養する方法がありますのでご紹介します。

 

そのまま安置

返却された骨壺のまま安置する場合は、湿気によるカビを防ぐため中に除湿剤などを入れましょう。また、安置する場所は湿気の少ない部屋が好ましいです。

 

お墓・納骨堂

人の供養と同じようにお墓や納骨堂に納骨される方もいます。また、ペットちゃんと一緒に入ることができるお墓も最近は増えています。

 

樹木葬

墓石の代わりに樹木を目印とする樹木葬も最近は人気です。永久供養がついてることが多く、後継者がいない場合でも安心できます。

 

自宅供養

最近はご自宅に置いていてもお洒落な供養グッズがたくさん販売されています。ミニ仏具やオブジェ、クッションなど幅広い種類があり人気です。

 

プランター葬

プランターに遺骨を埋葬してお花を植えるプランター葬も人気です。玄関やベランダを華やかに飾ることができます。

 

散骨

遺骨を粉状にして海や山などに散骨してくれる業者もあります。すべて散骨するのではなく、遺骨を入れることができるネックレスに一部の遺骨を入れて持っているという方もいます。

 

まとめ

今回はペット火葬の際の証明書は必要かどうか、ペットちゃんが亡くなった後に飼い主様がしないといけないことについて詳しく解説しました。家族の一員であるペットちゃんが亡くなった際は、辛くパニックになってしまうこともあると思います。しかし、ペット火葬や死亡届の提出、ペット保険の解約などできるだけ早く対応しないといけないことも多いため、落ち着いて進めていきましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております