ペットを自宅で供養する方法は?その他の供養もご紹介します

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットを自宅で供養する方法は?その他の供養もご紹介します

いつも一緒に過ごした大切なペットちゃんが亡くなった際、大好きだった自宅で供養してあげたいと思われる飼い主様も多いのではないでしょうか。しかし、初めてペットちゃんを見送る場合は、どのようにしたらいいか分からないという方がほとんどだと思います。そこで今回は、自宅でペットちゃんを供養する方法をご紹介します。また、自宅以外で供養する方法もご紹介しますので、「供養方法に悩んでいる」という方はぜひ参考にしてください。

 

自宅で供養するメリットと注意点

メリットのイメージ写真

ペットちゃんの場合、自宅で供養される方が多くいらっしゃいます。この章では自宅でペットちゃんを供養するメリットと注意点についてご紹介します。

 

メリット

いつでも手を合わせられる

お墓などご自宅から遠い場所に、ペットちゃんを納骨してしまうとすぐには手を合わせてあげることができません。しかし、自宅であれば、いつでも手を合わせてペットちゃんを感じることができます。「いつもペットちゃんを感じていたい」と思われる飼い主様にとっては、いつでも繋がっているような気持ちになれます。

費用が抑えられる

ペットちゃんを自宅に供養する方法は、「お墓を建てる」「納骨堂に納骨する」などの自宅以外での供養に比べ費用が抑えられます。「費用は抑えたいけど、きちんと供養してあげたい」という飼い主様にとってはおすすめです。

 

注意点

引っ越し

今住まわれているご自宅に合わせて供養方法選ぶため、引っ越しする際は注意が必要です。特に自宅の庭に埋葬する場合は、掘り起こさないといけなくなるためよく検討するようにしましょう。

後継者

自宅に供養する場合は、後継者がいるかどうか問題になります。後継者がいない場合は、「永久供養」がついている合同葬を利用される方も多いですので、よく検討してから決めるようにしましょう。

 

自宅で供養する方法

ペットの遺骨のイメージ写真

自宅で供養する方法はいくつかあり、ペットちゃんの種類やご自宅の状況によって適切な方法が異なります。飼い主様のお気持ちも大切ですが、どの方法がペットちゃんに合っているかも検討して決めてあげましょう。

 

遺体をそのまま埋葬

ご自宅の庭が私有地である場合は、ペットちゃんの遺体をそのまま埋葬することができます。しかし、大きなペットちゃんや感染病の疑いがある場合は様々なリスクが伴います。大きなペットちゃんは土に還るまで時間がかかるため害虫や異臭、環境汚染などのリスクがあるため、できるだけ埋葬しないようにしましょう。また、亡くなった原因によっては遺体に菌が付着しており、環境汚染や他のペットちゃんが掘り起こした場合、感染してしまうリスクもあります。

 

遺骨にしてから埋葬

遺体をそのまま自宅に埋葬する場合は様々なリスクが伴いますが、火葬して遺骨にすることで害虫や異臭などのリスクを軽減することができます。火葬は自分ですることができませんので、火葬業者に依頼する必要があります。火葬方法は複数のペットちゃんを一緒に火葬する方法とペットちゃんを個別で火葬する方法があり、遺骨を返却してもらう場合は個別で火葬する方法を選びましょう。

 

プランターに埋葬

ご自宅に庭がない方は、プランターに遺骨を埋葬する「プランター葬」をされる方もいます。小さなペットちゃんの場合は遺体のまま埋葬することもできますが、異臭や害虫のリスクがあるためやはり遺骨にしてから埋葬することがおすすめです。ペットちゃんのイメージに合うお花を植えて、玄関やベランダなどに飾ってあげましょう。

 

骨壷や仏具など

ご自宅に飾っておける骨壷や仏具なども販売されています。お洒落なものや、スペースを取らないコンパクトなものなど様々な種類が販売されているため、ご自宅に馴染むものを選ぶことができます。来客があった時でも遺骨と気づかれないようなものもあるため、リビングなどにも安心して置いておくことが可能です。

 

手元供養

遺骨の一部を入れることができるネックレスやブレスレットなどのアクセサリーも販売されています。また、ぬいぐるみやクッションなどもあり人気です。「ペットちゃんを常に感じていたい」という方には、ぴったりな方法でしょう。

 

自宅以外で供養する

お墓のイメージ写真

ペットちゃんの供養方法はご自宅以外にも、様々な方法があります。この章では、自宅以外の供養方法についてご紹介します。

 

お墓を立てる

人と同じ様にペットちゃんもお墓を建てることができます。ペット専用の霊園や人とペットちゃんが一緒になっている霊園もあります。その様な霊園では、人とペットちゃんが一緒に入ることができる場合もあり、最近は人気が高まっています。

 

樹木葬

墓石ではなく、樹木を目印としたお墓のことを「樹木葬」と言います。墓石を購入する必要がないため「費用が抑えることができる」永久供養がついているため「後継者がいなくても問題がない」といったメリットがあり、最近は人の供養でも人気が高まっています。

 

散骨

山や海などに散骨してくれる散骨業者もあります。すべての散骨するのではなく、分骨して一部を手元に残されるケースも多いです。

 

供養を一任する方法も

青空の下で握手を交わす写真

これまではペットちゃんの遺骨を返却してもらってからの供養方法をメインでご紹介しました。ペット火葬業者では遺骨を飼い主様に返却せず、火葬から供養まですべて一任して行うプランもあります。この章では業者に一任するプランについてご紹介します。

 

一任合同火葬

「一任合同火葬」というプランは、複数のペットちゃんを一緒に火葬しそのまま合同のお墓に埋葬してくれます。

 

一任個別火葬

「一任個別火葬」というプランは、個別でペットちゃんを火葬したあと合同のお墓に埋葬してくれます。業者によってはペットちゃんの遺骨を返却してくれる場合もありますが、基本的には業者によってお墓へ埋葬されることがほとんどです。

 

自分にあった供養とは

愛犬と顔を寄せ合う写真

人とは違い、ペットちゃんを供養する方法はたくさんあります。そのため、どのような方法で供養すればいいか悩まれることも多いでしょう。この章では、自分にあった方法とはどのようなものなのかについて考えていきます。

 

家族が納得する方法

ペットちゃんは家族の一員です。一人で決めるのではなく、家族みんなが納得する方法を話し合って決めましょう。

 

タイミング

ペットちゃんの遺骨は「いつまでに供養しないといけない」という決まりはありません。そのため、ご自身が納得いくタイミングが来たら供養するということが可能です。

 

どのような方法があるか知る

「こんな供養方法があったなんて知らなかった…」と後から後悔しないために、事前にどのような方法があるのか知っておきましょう。仏具や手元供養、お墓と一口に言っても様々な種類がありますので、細かく調べて決めるようにしましょう。

 

まとめ

今回はペットちゃんを自宅にて供養する方法を詳しくご紹介しました。自宅で供養する方法はペットちゃんを身近に感じることができるというメリットがありますが、注意点もあります。また、ペットちゃんは人の供養と違い、「四十九日を過ぎたらお墓に納骨しないといけない」というような決まりはありませんので、飼い主様のタイミングで供養することが大切です。まずは、どのような方法があるのかを知って、ご自身に合った方法で供養してあげましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております