ペットと一緒に入る樹木葬とは?ペットの樹木葬について詳しく解説

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットと一緒に入る樹木葬とは?ペットの樹木葬について詳しく解説

「愛するペットちゃんと同じお墓に入りたい」と考えられている飼い主様も多いのではないでしょうか?実際に人とペットちゃんが一緒に入るお墓も増えています。その中でも、樹木葬は、「費用が墓石に比べて抑えられる」ととても人気です。そこで今回は樹木葬について詳しく解説していきます。飼い主様と一緒に入るだけでなく、ペットちゃんだけの供養でも人気が高まっていますので参考にしてください。

 

樹木葬とは

樹木の写真

最近は人の供養でも人気が高まっていることから、テレビや雑誌などで取り上げられているのを見たという方も多いと思います。この章では樹木葬の特徴についてご紹介していきます。従来のお墓との違いなどもご紹介しますので、どちらか悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

 

墓石の代わり

従来のお墓は埋葬した後、墓石を建てお墓を作りますが樹木葬の場合は樹木がお墓になります。目印となるものは、花や草木・芝生などもあり霊園によってスタイルは様々です。

 

一代限り

樹木葬のほとんどは、承継が必要のない永代供養です。そのため先祖と一緒に入るのではなく、一代限りとなります。

 

樹木葬の種類

ガーデンの写真

一口に樹木葬と言ってもいくつか種類があります。この章では樹木葬の種類をご紹介します。

 

お墓の種類

樹木葬の種類は大きく分けて三つに分かれます。また、ペットを埋葬してくれることができる施設では、オプションとしてペットと一緒に入れてもらうことも可能です。ペットと一緒に眠りたいと思われている方にとってはとても嬉しいサービスです。

 

公園型

公園型は人工的に自然を再現しており、アクセスのいい都会の中に施設があることが多いです。自宅から通いやすい場所に埋葬したいと考えられている方に選ばれています。

 

里山型

里山型は自然に還すという意味で、自然と一体になるように埋葬されます。山林など自然を活かした場所にある霊園やお寺が多いです。そのため、都心から離れた場所にあることも多いですが、環境のいいところにゆっくりと眠らせてあげたいと選ばれている方もいらっしゃいます。

 

ガーデン型

ガーデン樹木葬は個別に墓石を建てて、その周りに緑やお花を植えるというタイプです。墓石を建てるタイプになりますので、墓石代が必要になる場合もあります。

 

飼い主と一緒に入る

飼い主様と一緒に入ることができるオプションがある霊園もあります。「公園型」「里山型」「ガーデン型」それぞれのタイプで対応してもらえる場合があり、霊園によって異なります。飼い主様と一緒に入るお墓は基本的に一家族のみとなりますので、先祖のお墓をどうするか家族で十分に話し合ってから決めましょう。

 

埋葬方法

埋葬方法は三つの種類があります。それぞれ詳しく説明していきます。

 

個別型

ペットちゃんを個別、または家族のみで遺骨を埋葬する方法です。家族ごとにシンボルツリーが植えられます。

 

合祀型

他のペットちゃんや他の人と一緒に埋葬する方法です。大きなシンボルツリーの根元に埋葬されます。埋葬する穴は個別ですので基本的には遺骨は混ざりませんが、取り出すことができないところも多いです。

 

集合型

区分け型とも呼ばれ、一本の木を中心にいくつかの遺骨を埋葬する方法です。合祀型のように一緒になっているのではなく、プレートなどで明確に区間が分けられていることが特徴です。

 

メリットとデメリットについて

メリットとデメリットが書いたノートの写真

樹木葬は従来のお墓とどのような違いがあるのでしょうか。この章ではメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

 

メリット

費用が抑えられる

お墓を建てる場合は墓石を購入しないといけませんが、樹木葬の場合は墓石や工事等の費用も抑えることができます。種類によってはプレートなどを購入しないといけない場合もありますが、お墓を建てる場合に比べて費用は安くなります。

 

永代供養ができる

樹木葬は永代供養がついていることがほとんでです。そのため「お墓を見てくれる人がいない」という場合も安心です。

 

宗教が関係ない

基本的にどの宗教でも問題なく利用できます。また、無宗教の方も安心して埋葬することが可能です。

 

自然に還すことができる

樹木葬は自然の姿に還すという供養方法であります。生きた証を残しつつも自然の姿に還してあげたいという飼い主様に向いています。

 

デメリット

遺骨を取り出せない

合祀型の場合は、後から遺骨を取り出すことができません。埋葬後に後悔することのないように、家族で相談しよく検討してから納骨しましょう。

 

管理ができない

樹木葬の場合、樹木やお花の管理は個人ではなく管理人がしてくれることが多いです。自分の都合で手入れをしたり、お花を変えたりすることはできません、どのような手入れをしているのか事前に確認しましょう。

 

一般的な供養ができないことも

樹木葬の場合は線香やろうそくなどの火を使うものを供えることができません。また、山奥にあって野生の動物が荒らしてしまう恐れがある場合は、食べ物のお供えを禁止していることもあります。どのような規定があるのか事前に確認しておきましょう。

 

交通が不便なことも

ペットちゃんの樹木葬はどこにでもあるわけではありませんので、ご自宅から離れ交通が不便な場合もあるでしょう。また、都会から離れた自然が多い場所にあることも多くあります。定期的に通いたい場合はできるだけ通いやすい場所を選ぶといいでしょう。

 

費用相場

電卓のイメージ写真

費用は従来のお墓に比べ抑えられると紹介しましたが、実際はどのような費用が発生するのでしょうか。この章では、樹木葬にかかる費用の項目についてそれぞれ詳しく解説します。

 

埋葬・工事

遺骨を埋葬する際にかかる費用です。墓石を建てる場合は工事費などもかかります。

 

樹木・プレートなど

遺骨を納骨した際に目印としておく樹木やプレートの費用がかかります。

 

霊園使用料

その名の通り霊園を使用する料金です。飼い主様に代わって手入れしてもらうことも含まれます。

 

永代供養代

遺骨の供養を行ってくれる費用です。個別型の場合でも一定の期間が過ぎると合祀され、永代供養してくれることがほとんどです。

 

自宅で樹木葬をする方法

土に咲いている花の写真

ここまで樹木葬について詳しくご紹介し、ある程度理解してもらえたのではないでしょうか。この章では、「自宅で樹木葬をしたい」いう方のために、自宅で供養する方法についてご紹介します。

 

①ペットちゃんを火葬

ご自身でペットちゃんの遺体を火葬することは法律で禁止されています。火葬する際は必ず火葬業者にて火葬してもらいましょう。また、合同火葬の場合は遺骨を残すことができないため、個別に火葬してもらい遺骨を返却してもらう必要があります。

 

②遺骨を土に埋める

遺骨を埋葬する場所は、日当たりがいい場所を選ぶといいでしょう。30㎝ほどの穴を掘り、遺骨をそのまま穴に入れて埋めます。

 

③土を戻す

土を戻します。少し山になるように高めに土を被せましょう。

 

④種を撒く

戻した山を避けて、周辺に種を撒きます。花が咲くまではわかるように、石や木などの目印を置きます。

 

まとめ

今回はペットの樹木葬についてご紹介しました。樹木葬は「ペットちゃんと一緒のお墓に入りたい」「費用を抑えてきちんと供養したい」「後継者がいない」といった飼い主様にはピッタリな供養方法です。霊園によっては対応が異なることもありますので、細かな対応は霊園に確認するようにしましょう。また、一度埋葬してもらうと取り出せないことも多いため、きちんと家族と話し合い後悔のない供養にしてください。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら