ペットのお葬式の主流は?幸せに送り出してあげるためにすべきこと

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットのお葬式の主流は?幸せに送り出してあげるためにすべきこと

家族に楽しい時間や癒しをたくさんくれるペットちゃん。「いつまでも一緒に居たい」と思っていても、残念なことにお別れのときがやってきてしまいます。大好きな家族とのお別れを考えるのは辛いですが、ペットちゃんを最後まで送り出してあげることは、飼い主としての最後の務めでもあります。

そこで今回は飼い主様がいざという時に慌ててしまわないように、ペットのお葬式の主流や幸せに送り出してあげるための注意点などをご紹介します。

ペットのお葬式の主流

タンスの上にのる三匹の猫の写真

これまではペットちゃんが亡くなった時、「ご自宅の庭に埋める」「自治体の焼却場で火葬してもらう」という供養方法が一般的とされてきました。

しかし、近年ではペットちゃんを我が子のように育てている飼い主様も多く「人と同じように葬儀をしてあげたい」というニーズが高まってきております。

その想いを叶えるために生まれたのがペット専門の葬儀業者です。さらにその中でも、自宅まで迎えにきてくれて、ご自宅付近にて火葬から拾骨までできる「出張ペット火葬」が最近の主流となっております。

ペット火葬の種類

ペットの遺骨の写真

ペットちゃんを火葬するには様々な方法があります。どこに依頼するか、どのプランを選択するかによって葬儀の方法が異なります。ここでは一般的な火葬方法をご紹介します。

合同火葬

合同火葬とは、ご自宅まで訪問し引き取ったペットちゃん達を一緒に火葬する方法です。複数のペットちゃんと一緒に火葬するため返骨はなく、そのまま葬儀業者によって埋葬されることが一般的です。

費用は体重が重くなるにつれて高くなり、相場は大体12,000円~50,000円に「出張費」「永代供養費」などの追加費用10,000円~20,000円程度がかかることが多いです。

一任個別火葬

一任個別火葬とは、ご自宅まで訪問し引き取ったペットちゃんを一人ずつ個別に火葬する方法です。火葬を葬儀業者に一任するため返骨してもらえることは少ないですが、葬儀業者によって異なりますのであらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

費用は体重が重くなるにつれて高くなり、相場は大体17,000円~55,000円に「出張費」「永代供養費」などの追加費用10,000円~20,000円程度がかかることが多いです。

立会個別火葬

立会個別火葬とは、ご自宅まで移動式の火葬車で訪問し、ご自宅付近でご家族立ち会いのもと個別に火葬する方法です。火葬後、家族で遺骨を拾い上げし返却してもらうことができます。

費用は体重が重くなるにつれて高くなり、相場は大体19,000円~57,000円に「出張費」「骨壺代」などの追加費用10,000円~20,000円程度がかかることが多いです。

ペット葬儀の流れ

数珠も持ちながら手を合わせる写真

ペットちゃんが亡くなってから、ペット葬儀を執り行うまでの一般的な流れをご紹介します。葬儀業者によって異なりますので、詳しくは依頼する葬儀業者に確認をお願いします。

①ペットちゃんの体勢を整えてあげる

ペットちゃんの永眠を確認したら、優しく足や手を曲げていつも寝ているときの体勢にしてあげてください。時間が経つと硬直してしまいますので、できるだけ早く体制を整えるようにしましょう。

②葬儀業者に依頼する

葬儀業者によっては24時間営業しているところもあるので、営業時間を確認して依頼をしましょう。担当者の指示に従い葬儀の方法や日時を決めます。

③葬儀当日までペットちゃんを安置

遺体の腐敗を遅らせるために、葬儀当日までドライアイスや保冷剤などでペットちゃんの身体を冷やしてあげてください。夏場はクーラーをつける、冬場は暖房をつけないなどして部屋の温度を冷やしておくといいでしょう。

④葬儀業者が約束の日時に訪問

依頼した日時に葬儀業者がご自宅まで訪問します。「合同火葬」「一任個別火葬」を依頼した場合はここでペットちゃんとお別れになります。きちんと最後までお顔を見て見送ってあげましょう。

⑤火葬

「合同火葬」「一任個別火葬」の場合は、ペットちゃんを引き取り葬儀業者の火葬場にて火葬されます。「個別立会火葬」の場合は、ご自宅付近の安全な場所で火葬し立ち会うことができます。

⑥遺骨の拾い上げ

「個別立会火葬」の場合のみ、家族で遺骨の拾い上げをすることができます。ペットちゃんの生きた証である遺骨を丁寧に拾い骨壺に入れてあげましょう。

⑦供養

「合同火葬」はそのまま葬儀業者の墓地に、他のペットちゃんと一緒に埋葬されます。「個別一任火葬」は返骨してもらえるまたは葬儀業者の墓地に埋葬されます。「個別立会火葬」の場合は返骨してもらえます。

ペット葬儀のトラブル事例

公園で下を向き思い詰める女性の写真

近年ペット葬儀を利用される飼い主様が増えたことにより、ペット葬儀業者も比例して増加しています。中には自分達の利益のことしか考えていないような葬儀業者もいますので注意が必要です。ここでは実際にあった葬儀業者とのトラブルをご紹介します。

必要以上に高い料金を請求

「ペットちゃんを後悔なく送り出してあげたい」という飼い主様の気持ちにつけ込み、必要以上に高い料金を請求してくる葬儀業者も中にはいます。また、初めに言っていた見積額より大幅に違う高額料金を後から請求されるというケースも。不透明な金額があれば必ず確認するようにしましょう。

遺体を不法投棄する

ペットちゃんを引き取り、そのまま火葬せずに山などに不法投棄していたというケースも実際にありました。大切なペットちゃんを不法投棄するなんてことはあってはならないことです。このような悪徳業者に当たらないように、葬儀業者選びは慎重に行わなければならなりません。

火葬方法の相違

「一任個別火葬」を依頼していたのに「合同火葬」で他のペットちゃん達と一緒に火葬され遺骨が戻ってこなかった、という事例もあります。契約時にきちんと確認するのはもちろんですが、火葬費を節約するために葬儀業者がわざと違う火葬方法を行っているケースもあるので注意しなくてはいけません。

遺骨が真っ黒

火葬する際の温度調整がうまくできずに、遺骨が真っ黒になって返ってきたというトラブルも起きています。大切なペットちゃんの遺骨が真っ黒になっていたら、飼い主様のショックは大きいものでしょう。利益のことしか考えていない葬儀業者は、古い設備などを使用し経費を抑えて営業しているため、このようなトラブルが起きてしまいます。

信頼できる葬儀業者選びのポイント

猫と猫が寄り添い合う写真

前章では、葬儀業者とのトラブルについてご紹介しました。この章ではそれらのトラブルに遭うないために、どのようなことに注意して業者選びをすればいいか「葬儀業者選びのポイント」をご紹介します。

ホームページで詳細を確認する

悪徳な葬儀業者は、ホームページに連絡先や住所を載せていないことやホームページ自体ない場合も多くあります。チラシなどを見て依頼する際は、ホームページを確認してから依頼するようにしましょう。

電話で依頼するようにする

悪徳な葬儀業者は、トラブルになった際に連絡が取れなくなることもあるので、すぐに連絡が取れるか確認するためにも電話で依頼するようにするといいでしょう。また、電話で依頼することによってスタッフの対応が確認できます。従業員教育が行き届いているか確認することも業者選びには重要なポイントです。

何社かと比較する

葬儀業者は一社だけに相談するのではなく、余裕があれば3社ほど相談や見積もりしてもらうようにするといいでしょう。数社を比較することで大体の相場が分かり、ご自身に合った葬儀業者を見分けるヒントがあるかもしれません。

まとめ

ペットちゃんとのお別れは辛いですが、きちんと最後まで見送ってあげることでペットちゃんも安心して天国へ旅立つことができます。そのためにも飼い主様が納得するカタチで、葬儀をしてあげることが大切です。ペット葬儀の需要が高まる昨今、悪徳な業者も中にはいます。信頼できる葬儀業者に依頼して、大切なペットちゃんを心から供養してあげましょう。そうすることで飼い主様の気持ちも少し楽になり、一歩前に進めるのではないでしょうか。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら