ペット火葬って?料金相場や流れを徹底解説!

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペット火葬って?料金相場や流れを徹底解説!

ペット火葬の背景

白い犬がこっちを見ている写真

最近はペットちゃんを家族として迎え、我が子のように育てられているご家庭もたくさんあります。しかし、悲しいことに動物の寿命は人間よりも短く、いつか愛するペットちゃんの死を現実として受け入れないといけない日が訪れます。 家族同然のペットちゃんが亡くなったときは、「きちんと供養してあげたい」と思うことは飼い主として当然のことです。そこで今回は「ペット火葬」をご検討されている飼い主様にペット火葬とは何か、料金相場や流れなどをご紹介いたします。

ペット火葬の種類

数珠の写真

 

飼っているペットちゃんが亡くなったとき、昔であればご遺体をご自宅の庭や空き地などにそのまま埋める、自治体に引き取ってもらうという方法が一般的でした。
しかし、最近は庭がないご自宅や集合住宅が増えたこと、自治体では「一般廃棄物」としてゴミのように扱われ、望んでいる「供養」をしてもらえないことから、ペットちゃんを人と同じように火葬してくれるペット専門の火葬業者の需要が高まりました。
ペット火葬を執り行う際は、ご家族でペットちゃんのご遺体を持ち込んで火葬してもらう火葬業者と、ご自宅までペットちゃんを引き取りに来てくれる出張火葬業者があります。
最近は、ご自宅まで来てくれる出張火葬が主流となっていますので、ここでは出張火葬業者の一般的な火葬の種類をご紹介いたします。

合同火葬

合同火葬とは、火葬業者がペットちゃんを引き取り、他のペットちゃん達と一緒に火葬するプランです。 複数のペットちゃんと合同で火葬するため、遺骨の返却はありませんが、火葬業者の墓地にて埋葬までお任せすることができます。 合同火葬は他の火葬プランに比べもっとも費用が抑えられるので、「費用を最小限に抑えたいけど、きちんと火葬してあげたい」と思われている飼い主様におすすめの火葬プランです。しかし、ペットちゃんをまとめて火葬される嫌悪感と拾骨・返骨することができないことが懸念点となる飼い主様もいらっしゃいます。

一任個別火葬

一任個別火葬とは、火葬業者がペットちゃんを引き取り、ペットちゃんを個別に火葬する火葬プランです。基本的には遺骨の返却はなく、そのまま火葬業者の墓地に埋葬されることがほとんどですが、火葬業者によって遺骨を返却してもらうことが可能な場合もあります。 火葬に立ち会うことが難しい場合や、「費用は抑えたいけど、個別で火葬してあげたい」と思われてている飼い主様におすすめの火葬プランです。

立会個別火葬

立会個別火葬とは、ご自宅や近所の公園や駐車場などで火葬炉が設置された移動車で火葬し、遺骨の拾い上げまでご家族で立会うことができる火葬プランです、拾い上げたペットちゃんの遺骨を納骨または返骨してもらうことができます。 「家族の一員であるペットちゃんを、より人の火葬方法と近い形式で最後まで見送ってあげたい」と思われている飼い主様におすすめの火葬方法です。

ペット火葬の料金相場

電卓とボールペンの写真

ペット火葬の料金は、火葬プラン、ペットちゃんの種類や体重によって異なります。下記に記載している料金相場は各社の表記料金をもとにしたもので、出張費・夜間料金・骨壺代・永代供養費・霊園への埋葬費など様々なオプションがあり、実際は表記料金よりも10,000円~20,000円ほど高くなるケースが多くあります。ペット火葬業者によって金額の相場は異なりますので、詳しくは火葬業者に直接お問い合わせください。

ハムスター・小鳥などの小動物(0~2㎏)

合同火葬 12,000円~15,000円 一任個別火葬 17,000円~20,000円 立会個別火葬 19,000円~22,000円

猫・うさぎ・チワワなど(2~5㎏)

合同火葬 16,000円~20,000円 一任個別火葬 21,000円~24,000円 立会個別火葬 23,000円~25,000円

ミニチュアダックスフンド・パグなど(5~10㎏)

合同火葬 20,000円~25,000円 一任個別火葬 25,000円~30,000円 立会個別火葬 27,000円~35,000円

柴犬・ビーグル犬など(10~25㎏)

合同火葬 30,000円~35,000円 一任個別火葬 35,000円~40,000円 立会個別火葬 37,000円~45,000円

ゴールデン・ラブラドールなど(25~40㎏)

合同火葬 40,000円~45,000円 一任個別火葬 45,000円~50,000円 立会個別火葬 47,000円~55,000円

セントバーナード・土佐犬など(40㎏以上)

合同火葬 50,000円~ 個別一任火葬 55,000円~ 立会個別火葬 57,000円~

ペット火葬の流れ

オペレーターが案内をしている写真

ペットちゃんに突然の不幸が訪れ、何をどうしたらいいか分からず慌ててしまわないようにここでは「ペット火葬までの流れ」をご紹介します。
一般的な流れですので、火葬プランや依頼する業者によって異なりますが参考にしてください。

①火葬業者へ依頼

ペットちゃんの永眠を確認したら、まずは火葬業者へ依頼して火葬する日程を決めます。出張火葬業者は年中無休で24時間対応してくれるところもあるので、依頼する前に営業時間を確認しておきましょう。少し気持ちが落ち着いてからで大丈夫ですので、慌てず担当者に希望を伝えプランなどを決めていきます。

②火葬業者が来るまでペットちゃんを保冷する

ペットちゃんの遺体は放置しておくと硬直してしまうので、状態を保つために保冷剤などで冷やしてあげてください。そのほか飼い主様側で何か準備することはないか担当者の指示に従ってください。

③業者がペットちゃんを引き取る

「合同火葬」「一任個別火葬」の火葬プランを選択した場合は、火葬業者がご自宅までペットちゃんを引き取りに来てくれます。

④火葬

「立会個別火葬」の場合はご自宅や近所の公園などで、それ以外の火葬プランは業者が引き取って火葬を執り行います。

⑤お骨上げ

「立会個別火葬」の場合はペットちゃんの遺骨を、ご家族の手で拾い上げて骨壺に入れていきます。

⑥返骨

「立会個別火葬」の場合は、骨壺に入れた遺骨を返却してもらえます。火葬業者によっては「一任個別火葬」でも返骨してもらえる場合もございます。

⑦埋葬

返骨後は自宅で供養したり、霊園へ埋葬したり飼い主様によって対応は様々です。返骨がない「合同火葬」「一任個別火葬」では、基本的に火葬後に業者によって埋葬してもらうことになります。

信頼できるペット火葬業者の見分け方

握手をしている写真

近年、重要が高まっているペット火葬業者ですが、中には利益だけを優先した悪徳業者もいます。
悪徳業者に当たってトラブルとなり、最愛のペットちゃんとの別れが辛い思い出とならないように、信頼できる業者の見分け方をご紹介します。

住所や電話番号が明確にわかる

悪徳業者は所在地や電話番号が分からずに、トラブルになっても連絡が取れないことがほとんどです。そのため業者に依頼する際は、ホームページなどで住所や電話番号が記載されているか確認しましょう。さらに電話にて依頼することで、スタッフの対応やきちんと電話が繋がることが確認できます。

明確な料金を提示

悪徳業者は料金の説明は口頭だけで、書面をくれないところやあとから高額な追加料金を請求をしてくることもあります。そのため、書面をもらうなどして正確な金額を確認し、納得できなければ契約しないようにしましょう。

丁寧な説明

悪徳業者は隠したいことがあるため、質問に対して曖昧な回答でごまかしたり、答えてくれなかったりします。一方信頼できる業者は、どんな質問にも丁寧に答えてくれますので、少しでも不安なことや疑問に思うことがあればきちんと確認しましょう。

強引な勧誘がない

業者によって様々なメモリアルグッズなどを販売しているところもあります。そのようなグッズを販売しているのはもちろんいいのですが、中には強引に購入を勧めてくるケースもあるので、違和感を感じたらきちんと断りましょう。

まとめ

ペット火葬についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
ペット火葬は必ずしないといけないという規定はありませんが、大切なペットちゃんにこれまでの感謝を伝え、きちんと供養してあげることで飼い主様の気持ちも整理させれるのではないでしょうか。 しかし、悪徳な業者とトラブルになって、辛い思い出となってしまうのはとても悲しいものです。しっかりと業者を見極めて、信頼できる業者のもとで愛するペットちゃんの供養をしてあげましょう。
ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら