ペットの死後、埋めてもいいの?ペットの供養について詳しくご紹介

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットの死後、埋めてもいいの?ペットの供養について詳しくご紹介

「ペットちゃんの死後、みんなどのように供養しているのだろう」「自宅の庭に埋めてもいいの?」などペットちゃんの死後、供養にお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は自宅の庭にペットの遺体を埋葬してもいいのかなど、ペットの供養方法についてご紹介します。

 

庭に埋めてもいいの?

庭にお花を植えるイメージ写真

ペットちゃんが亡くなった際、「自宅に埋葬したい」と思われる飼い主様も多いと思います。しかし、自宅の庭に埋めることは様々なリスクが伴いますので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。しかし、「どうしても自宅に埋葬したい」という方もいらっしゃると思います。そこで、庭に埋葬するリスクとリスクを軽減するための方法を合わせてご紹介します。

 

庭に埋めるリスク

害虫

遺体を埋めた場所に、コバエなどの小さな虫が沸くことが多くあります。日当たりの悪い場所はとくに虫が沸きやすいので気をつけなくてはいけません。

異臭

浅い場所に埋めると、遺体から異臭がしてくることもあります。遺体をそのまま埋める際は、できるだけ深く掘らなくてはいけません。

環境汚染

ペットの遺体を埋めたことが原因で、水質を汚染させてしまうというリスクもあります。

掘り起し

深く掘って埋葬しないと、野生動物など他の動物に掘り起されるというリスクもあります。

引っ越し

土に還るまで時間がかかりますので、自宅を引っ越しする際は掘り起こさなくてはいけません。

不法投棄

ご自宅の庭であっても私有地ではない場合は「不法投棄」となり、法律違反になりますので気をつけましょう。

 

リスクが軽減できる方法

遺骨にしてから埋葬

ペットの死後、そのまま自宅の庭に埋めることは害虫や異臭など様々なリスクがあります。しかし、遺骨を埋める場合は害虫や異臭などのリスクはなくなります。さらに、土に還りやすくなりますので、どうしてもペットちゃんを大好きだった庭に埋めたいと思われる方は、火葬してもらってから埋葬することがおすすめです。

プランター葬

小さなペットちゃんは死後、遺体をプランターに埋葬される方もたくさんいます。プランターに埋葬することで環境汚染のリスクも軽減され、引っ越しすることになっても掘り起こす必要がありません。しかし、異臭や害虫などのリスクはありますので、近隣の迷惑にならないように気をつけましょう。

 

葬儀や火葬はしたほうがいいの?

葬儀のイメージ写真

ペットちゃんの死後、「人と同じように葬儀や火葬をしたほうがいいのかしら?」と悩まれる方もたくさんいらっしゃると思います。最近は、ペットちゃんも家族の一員として大切に飼われている方がほとんどですので、そのように悩まれることは当然です。しかし、ペットちゃんの場合は決まったルールなどがありません。そのため、ご自身の納得いく方法で供養することが大切です。

 

葬儀をする

霊園や葬儀業者に連れていき、人と同じよう葬儀をして供養する方法です。できるだけ人と同じ形式でペットちゃんを供養してあげたいと思われている方に選ばれています。葬儀をした後は四十九日まで遺骨を自宅で保管し、その後お墓に埋葬するという流れが人と同じ方法になります。しかし、ペットの場合は葬儀後の供養方法も人それぞれ選ぶことができます。

 

火葬だけ

出張火葬業者などで火葬のみを行い供養される方もたくさんいます。火葬は火葬業者に一任するプランと家族で収骨をすることができるプランがあります。収骨する場合はそのまま遺骨を持ち帰ることができるため、ご自身で遺骨を供養することができます。火葬を一任する場合はそのまま遺骨をお墓に埋葬してもらうことが多いですが、個別で火葬してもらう場合は遺骨を返却してもらうことが可能な場合もあります。

 

遺骨の供養について

ぺっとの遺骨のイメージ写真

火葬後、「遺骨をどのように供養したらいいのか分からない」と自宅にそのまま保管されている方も多いです。しかし、ペットの遺骨は様々な供養方法があります。この章では、遺骨の供養方法についてご紹介します。

 

お墓に埋葬

ペットちゃんの場合は、複数のペットちゃんが一緒に入ることができる合同葬が一般的です。しかし、最近は個別でお墓を建てて供養される方も増えています。また、最近はペットちゃんと飼い主様が一緒に入ることができる霊園もあり、人気が高まっています。

 

樹木葬

樹木葬とは墓石の代わりに樹木やお花を目印とするお墓です。「自然の中でゆっくりと眠らせてあげたい」という飼い主様にぴったりな供養方法です。遺骨が自然に還りやすいように骨壺から出して、そのまま埋葬されることもあります。

 

手元供養

ミニ仏具やオブジェ、アクセサリー、ぬいぐるみなど様々な手元供養が販売されています。ペットちゃんを常に感じることができると人気です。

 

散骨

遺骨を粉状にして、山や海に散骨して供養される方もいます。散骨業者ではなく個人で散骨する場合は、許可が必要な場合もありますので確認するようにしましょう。また、すべて散骨するのではなく、一部を手元供養にして残りを散骨するという方もいます。

 

後悔しないために

頭を抑える女性の写真

ペットちゃんの死後、ペットロスが続き苦しまれる方もいます。ペットロスは「あのときこうしておけば…」と後悔からくることも多くあります。そこで、この章では供養を後悔しないために大切なことをご紹介します。

 

家族で話し合う

ペット火葬や供養などは、家族できちんと話し合って決めることが大切です。ペットちゃんの死後はすぐに決めないといけないことも多く時間がありません。そのため、日頃からどのような最期にするかなど家族で話し合っておくようにしましょう。

 

何社かに相談

ペット火葬や葬儀など業者に依頼する際は、一つの業者だけでなく数社に相談や見積もりをしてもらうことがおすすめです。数社を比較することで、サービスやスタッフの対応などご自身に合った業者を見極めることができます。

 

どのような方法があるか知る

「こんな火葬や供養方法があったのか」と知って、後から後悔することもあります。そのため、できるだけどのような選択肢があるのかを調べてから、ご自身にあった方法を選択するようにしましょう。

 

身近な人に聞く

友人やペット仲間などに周りにペットを見送った方がいる場合は、どのような方法で供養したか聞くといいでしょう。反対に後悔していることを教えてくれる場合もありますので、参考にしましょう。

 

供養後にしないといけないこと

供養をした後にも飼い主様はしないといけないことがあります。すべてのペットちゃんがしないといけない訳ではありませんが、必要な場合はできるだけ早く対応しましょう。

 

死亡届提出

狂犬病予防法で犬を飼う際は登録が義務づけられています。そのため犬が亡くなった後は、「死亡届」を提出しなくてはいけません。お住まいの市町村に確認して手続きをしましょう。死亡届は亡くなってから30日以内に提出しなくてはいけませんので、できるだけ早い対応が必要です。

 

ペット保険の解約

ペット保険に加入されている場合は、ペットちゃんが亡くなったことを保険会社に報告し解約の手続きをしなくてはいけません。動物病院での診断書やペット火葬の領収書が死を証明するものになりますので、必ず取っておきましょう。また、加入されている保険によっては、ペット葬儀や仏具を購入した費用の一部を受け取れる場合もあります。

 

まとめ

ペットちゃんの死後、自宅の庭に埋めてあげたいと思われていた方も多いと思いますが、自宅の庭に遺体をそのまま埋めることは様々なリスクがあります。どうしても自宅の庭に埋めてあげたい場合は、火葬してから埋めることが好ましいでしょう。ペットちゃんの供養方法は、とくに決まりはありません。ご自身にあった方法で気持ちを込めて供養することが何より大切です。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら