ペットが亡くなったけどすぐに火葬できない!遺体の冷凍は可能?

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットが亡くなったけどすぐに火葬できない!遺体の冷凍は可能?

飼っていたペットちゃんが亡くなったが、仕事事情すぐに火葬でないという場あるのはないでしょうか。しかし遺体はそのまま放置しておくと腐敗が、綺麗状態送り出してあげることができません。そこで今回は、すぐに火葬でない方めに、遺体を冷凍保管することは可能のか、そのに安置させ方法はないのかについて詳しく解説していきた思います。

すぐに火葬しないといけないのか?

インコの写真

人が亡くなった場合は通夜などを行い数日間、安置させから火葬することが一般的です。24時間以内に火葬することは法律禁止されり、亡くなったと思って人が蘇り、そのまま気づかずに火葬してしまうことを防ぐためです。動物の場合は法律禁止されりませんので、すぐに火葬することがでます。しかしペットちゃんの場仮死状態本当は亡くっていないなどの危険ありますので、半日または一日空けて火葬れる方もいらっしゃいます。

また、ペットちゃんも家族の一員から家族で偲ぶ時間を大切にしたと、すぐに火葬ないというケース多くっています。ただし遺体をそのままにしておくと腐敗が、綺麗状態でお別れができません亡くなった後は適切にペットちゃんの遺体を安置させて、腐敗を防ぐ必要があります

 

基本的な流れ

ペットちゃんが亡くってからの基本的な流れをご紹介します。依頼する火葬業者によって異ますので、詳しくは依頼される業者確認すようにしましょう。

 

①体勢を整える

ペットちゃんが息を引き取ったことを確認しら、いつているとのような体勢に整えてあげましょう。遺体はだんだん死後硬直をしていきますので、できるだけ早く体勢を整えてあげてください。

 

②遺体を清める

れたタオルウエットティッシュなどでペットちゃんの遺体を拭いてあげましょう。目や口・耳・肛門などから体液が流れてくることもあります。コットンなどを詰めたり、定期的に確認したして遺体に体液つかないように気をつけましょう。

 

③家族で偲ぶ

ペットちゃんの遺体が腐敗ないように遺体をて安置させます。家族集まれる場は火葬までペットちゃんの遺体を、偲ぶ時間を作ってあげましょう。

 

④火葬

火葬業者に依頼してペットちゃん火葬してもらいます。火葬ない場合は、自宅の庭に遺体を埋めて供養れる方もいらっしゃいます。

 

遺体の冷凍は可能?

冷蔵庫の前で悩む女性遺体を少しでも長く安置させたという方もいらっしゃる思います。小さなペットちゃんであればそのまま冷凍し考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?そここの章ではペットちゃんの冷凍はきるのかについてご紹介します。

 

遺体の冷凍は可能?

ペットちゃん火葬するまでの間、冷凍庫保管することいいでしょうか?結論を言うと、火葬するまでのペットちゃん冷凍庫に保管することは問題ありません。しかし、冷凍庫に保管することメリットもありますがデメリットもあります。理解し冷凍保管することは問題ありません。

 

冷凍の方法

ペットちゃんが入る大きさのタッパーを用意し、ガーゼなどの布を下に敷きます。その上にペットちゃんを寝かせ、蓋を閉めて冷凍庫や冷蔵庫に安置させます。

 

冷凍のメリット・デメリット

メリットとデメリットのイメージ写真

前章言いましたがペットちゃんを冷凍安置させことメリットとデメリットがあります。きちん理解しペットちゃんに合った方法で安置しましょう。

 

メリット

ペットちゃんの遺体を冷凍保存するメリットは、一定の温度ことができるた腐敗を遅らせることがでます。ことに特化している冷凍庫ですので、保管するのには優いることは確かです。

 

デメリット

ペットちゃんの遺体を冷凍保存するメリットは他の食材入っている場所でからやはり衛生面気になるというところです。大切なペットちゃん冷凍庫にれるということに抵抗ある方も多い思います。また、大きなペットちゃん冷凍庫に入ることができませんのでペットちゃんの大きさによっては冷凍庫にれることができない場合もあります。

 

冷凍以外の安置

保冷剤の写真

冷凍庫にれることがでないペットちゃんや、衛生的に気になるという方めに冷凍以外の安置方法をご紹介します。また、どのくらいの期間安置きるのかについてもご紹介しますので、ぜひ参考してみください。

 

ドライアイス

ペットちゃんドライアイスでやして安置する方法もあります。ドライアイスはマイナス78.5℃の低温食品の保冷などに使われおり、スーパーインターネット・製などに販売されています。

安置方法

ペットちゃんを発泡スチロールなどの箱に入て、タオルなどの布でドライアイスを包み遺体を冷やすようにれています。ドライアイスを触る際は必ず軍手などを使い、直接触らないように注意しましょう。

期間

ドライアイスを使って安置する場合は、夏場なら4~7日程度、冬場な1週間~10日程度安置することがでます。数日間安置する場合は2日に1ドライアイスを交換するようにしましょう。

 

保冷剤

保冷剤で安置する方法もあります。ケーキなど食品を保冷するにもらっていた保冷剤ご自宅に置いているとう方も多いのではないでしょうか。一般的におなどで使わいる保冷剤で問題ありません。ご自宅にない場合はスーパーや100円ショップなどでも販売されています。

安置方法

ペットちゃんが入る大きさの箱を用意して、下にタオルなどを敷きます。の上にペットちゃんを寝かせてあげ、保冷剤を箱の中に入て冷ます。す力はドライアイスよりも落ちてしまいます。場所は涼しい部屋に安置するようにしましょう。

期間

期間はドライアイスよりも短い、夏場な1~2日程度、冬場なら2~3日程度安置することがでます。保冷剤は時間経つってしまうので、定期的に新しい保冷剤と交換するようにしましょう。

 

忙しい人のためのペット火葬

ペットの供養イメージ写真

忙しい飼い主様はすぐに火葬ないという方も多い思います。そここの章では忙しいのペット火葬についてご紹介します。

 

24時間のペット火葬

ペット火葬の業者の中には、24時間自宅まで出張してくれる業者もあります。夜中早朝などお時間れる時間帯に供養することができるため、ゆっくりお別れすることがでます。最新の火葬では短い時間綺麗に遺骨火葬することができ、時間あまり取りません。

 

一任火葬

火葬業者に一任してペットちゃん火葬してもう方法は自宅までペットちゃん業者が引き取りに来ますので時間を取らず供養でます。

複数のペットちゃんと一緒に火葬する合同火葬の場合は、火葬後そのまま合同の墓地に埋葬して供養てくれることが多く、個別火葬の場は遺骨を後日返骨してくれる業者もあります。火葬に立ち会うこときません、丁寧にペットちゃん供養することは可能です。

 

まとめ

ペットちゃんの遺体は冷凍して腐敗を遅らせることができます、衛生面ではあまりいいとは言えません。そのため、ドライアイスや保冷剤などで遺体をし、涼しい場所に安置することが一般的です。しかし、冷凍冷蔵庫は一定の温度ことができるため、安置する環境としては最適です。考え人それれですので自身に合った方法でペットちゃん安置し供養してあげましょう。

 

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら