フェレットは死ぬ前どのような症状を見せるのか?安置方法なども解説

お役立ちコラム お役立ちコラム

フェレットは死ぬ前どのような症状を見せるのか?安置方法なども解説

日本でペットを飼っている割合は、三世帯に一世帯といわれており、ペットブームが続いています。最近は犬や猫だけでなく、ハリネズミやフェレット・爬虫類・フクロウなどの珍しい動物も人気です。今回はその中でも飼いやすいといわれているフェレットについて詳しくご紹介します。かかりやすい病気や死ぬ前に見せる症状などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

フェレットの特性

毛布にいるフェレットの写真

この章ではフェレットの特性をご紹介します。そもそもフェレットはどんな特性を持った動物なのか、寿命はどのくらいなのかなど詳しくご紹介します。

 

生態

フェレットはイタチ科に属する小動物です。人間との関わりは、およそ3000年前にエジプトでねずみやうさぎを捕るために家畜化されていたのが初めと言われています。小さい体ですが、自分より大きな動物にも襲い掛かるほど狂暴です。しかし、現在日本でペットとして流通しているフェレットは、改良されており狂暴ではありません。

 

性格

日本にペットとして流通しているフェレットは、穏やかでおとなしい性格の子が多く飼育しやすいです。しかし、もともと狩猟に使われていたため、種類によっては噛み癖がある場合があります。そのため小さい頃からのしつけが大切です。

 

寿命

フェレットの寿命は平均6~8年くらいで、長い場合は10年ほど生きることもあります。最近はペットフードの品質が上がっていることや医療の発達により寿命が伸びており、14年ほど生きたフェレットも実際にいます。

 

かかりやすい病気

フェレットがかかりやすいといわれている病気はご存知でしょうか?それは「インスリノーマ」「副腎腫瘍」「リンパ腫」で、フェレットがかかりやすい三大疾病と言われています。この章ではフェレットがかかりやすい三大疾病について詳しくご紹介します。

 

インスリンノーマ

インスリノーマは膵臓に腫瘍ができる病気で、中年以降のフェレットがかかりやすいと言われています。血糖値が下がって、インスリンというホルモンが必要以上に分泌してしてしまう病気です。症状はふらついたり、元気がなくなってきたりすることがあります。

 

副腎腫瘍

副腎腫瘍は副腎に腫瘍ができる病気です。メスは女性ホルモンの影響を受け、陰部の腫れや脱毛の症状が出ることがあり、オスは尿漏れなどの症状が出ることがあります。

 

リンパ腫

リンパ腫は血液の癌で高齢のフェレットがかかりやすいと言われています。遺伝、ウイルス感染などが原因で、リンパ球が癌になってしまう病気です。腫瘍ができる部位によって症状が異なります。胸腔内に発生した場合は咳や呼吸困難になってしまうこともあり、腹部にできた場合は下痢や嘔吐などの症状ができることもあります。また、脾臓にできた場合は食欲低下や体重減少、ずっと寝ているということもあります。

 

少しでも長く生きてもらうために

お家から顔を出すフェレットの写真

愛するフェレットには、一日でも長く生きてほしいと思うことは当然です。しかし、どのようにすれば一日でも長く生きてもらえるのでしょうか。この章では寿命を伸ばすために飼い主様ができることについてご紹介します。

 

食事

健康で長く生きるためには、食事が何より大切です。フェレットの食事は肉がメインですが、人が食べているような食べ物は高カロリーなのであまり与えないようにしましょう。最近はそれぞれのフェレットに合わせた専門のフードなども販売されています。

 

運動

運動をしないことで肥満になり、様々な病気になるリスクが高まります。また、フェレットは肉食の動物なため、運動しないとストレスが溜まってしまうことあります。適度な運動をさせることも大切です。

 

コミュニケーション

フェレットは寂しがり屋な動物でもあります。何歳になっても一緒に遊ぶ時間を作って、コミュニケーションを取るようにしましょう。一日一回はゲージから出して、猫じゃらしなどフェレットが好きなおもちゃで遊んであげましょう。ただし、ずっと触ったり色んなところに出かけすぎると、かえってストレスになってしまうこともありますので気をつけましょう。

 

気温

フェレットは体温調節が苦手で、暑さにも寒さにも弱い動物です。フェレットにとっての適温は15~25度、湿度は45~55%程度ですので、適温を保つようにしましょう。熱中症になってしまうと、最悪の場合死んでしまうこともあります。お留守番しているときに気温が急激に変化することもありますので、夏場ならクーラー、冬場なら動物用のヒーターをつけるなどして温度を保つようにしましょう。

 

定期診断

定期診断を受けることで病気を早期発見することができます。人と同じように年に1回は定期検診を受けるようにしましょう。さらに高齢のフェレットの場合は、半年に一度のペースで受けておくほうがいいでしょう。また、フェレットに異変がある場合は、できるだけ早く病院に連れていくようにしましょう。

 

死ぬ前に見せる症状

タオルの上の眠るフェレットの写真

この章ではフェレットが死ぬ前に見せる症状についてご紹介します。これらの症状が見られたときは、フェレットに何かしら異変が起きているかもしれません。少しでも早くかかりつけの病院に診てもらうようにしましょう。

 

ずっと寝ている

死ぬ直前のフェレットは寝ている時間が長くなり、一日中寝ているということもあるでしょう。また、反応が少なくなってきます。しかし、聴覚は最後まで残ると言われていますので、感謝の気持ちを伝えるなど話しかけてあげるといいでしょう。

 

ご飯や水を取らない

フェレットは亡くなる直前、食欲が落ち水も飲まなくなることが多くなります。フェレットがご飯や水分を取らなくなることは、体が栄養を取ることを必要としていないという場合があります。

 

目や口に力が入らなくなる

フェレットが亡くなる直前は、目に力が入らなくなります。また、口にも力が入らなくなり、よだれがたれることもあります。

 

急に歩くなど落ち着かない

ぐったりしていたフェレットが急に歩き出す、落ち着かなくなるなどの行動をすることがあります。元気になったと思われる方もいらっしゃいますが、このような行動は死ぬ前の一時的な行動であることが多いです。

 

不規則な呼吸や痙攣

浅い呼吸が不規則になってくると、死が近づいているサインかも知れません。さらに痙攣をしたり、体が震えるという症状も見られます。

 

後悔をしないためにしておくこと

落ち込む情勢の写真

ペットちゃんにしてあげられなかった後悔があると、ペットロスに苦しんでしまう場合もあります。この章ではそのようなことにならないように、ペットちゃんが元気なうちにしてあげられることをご紹介します。

 

コミュニケーションをたくさんとる

日頃からフェレットと遊んでコミュニケーションを取るようにしましょう。また、最期は安心して旅立てるように寄り添ってあげましょう。

 

見送り方を決めておく

フェレットはそこまで寿命が長い動物ではありません。そのため、突然のことでなかなか立ち直れないという方も多いと思います。元気なうちから見送り方を家族で話し合うなどして決めておくといいでしょう。

 

まとめ

今回はフェレットの寿命や死ぬ直前に見せる症状についてご紹介しました。フェレットを飼う際は寿命や飼育方法を知り、一日でも長く元気で過ごせるように務めてあげましょう。苦しんでいるペットちゃんを見るのは辛いと思いますが、最期は安心して旅立てるように寄り添ってあげてください。

 

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら