フェレットの死後は何をすればいい?お葬式はしてもらえる?

お役立ちコラム お役立ちコラム

フェレットの死後は何をすればいい?お葬式はしてもらえる?

フェレットの寿命は5年から10年と言われています。
人間と比べるとはるかに短い寿命ですが、それでも一緒に遊んだ時間はかけがえのない思い出ですよね。
心残りのないお別れをするためにも、今回はフェレットの死後に行うべき葬儀方法、埋葬方法についてご紹介いたします。

 

フェレットの死後は何をすればいい?

かごの中のフェレット

フェレットが亡くなった場合、犬のように保健所へ死亡届を提出する必要はありません。
他の小動物と同じように、ご自宅でご遺体を綺麗にして安らかに眠らせてあげましょう。
まずは死後硬直が始まる前に楽な姿勢に整えてあげます。
 
フェレットは身体が小さいため、棺桶に入れるときに体を上手く収めることができず困ることはないと思いますが、それでも身体がねじ曲がっていたり、苦しんだままの姿勢だと安らかに眠れそうにないですよね。
 
ご遺体を段ボールや木箱、バスケットに入れ、その回りをドライアイスや保冷剤などを敷き詰めて冷やします。
気温が高い場合は頭やお腹の下へさらにドライアイスを敷いてあげます。
お棺の隙間にはフェレットが大好きだった食べ物や写真、お花を入れてあげましょう。
 
ご遺体を入れた箱は野良猫やカラスにご遺体を持ち去られないよう、必ず室内で保管します。
臭いなどが発生し、どうしても室内に置きたくない場合は外で管理しても大丈夫ですが、その場合はお棺に蓋をすることを忘れないようにしてください。
 
ご遺体は時間が経つと目の水分が乾燥し、時間が経つにつれてくぼんでゆきます。
死後硬直が始まると瞼を閉じることができなくなります。
飼い主様の手で接着剤で瞼を閉じ、固定することもできますが、ご遺体の体液が指に付着したり、ご遺体を損傷させる恐れがありますのでおすすめできません。
まぶたは死後硬直が始まる前に閉じてあげるか、葬儀会社に希望を伝えてエンゼルケアを依頼してみましょう。
 
夏場など気温が高いときはご遺体から体液が流れ出ることがあります。
体液にはばい菌やウイルスが繁殖しているため、かわいそうであってもなるべく触らないでください。
どうしても気になる場合は、手袋をはめてティッシュなどで優しく拭き取ってあげるようにしましょう。

 

フェレットのお葬式はしてもらえる?

動物用の骨壺

フェレットも犬や猫のようにお葬式や火葬をしてもらうことができます。
フェレットは小動物のため、遺骨が残らないのではないかと不安に感じている方がいらっしゃるかもしれません。けれども実績が豊富な業者に依頼すれば、小さなフェレットの遺骨も綺麗に残してくれます。
 

保健所による火葬

お住まいの市にある保健所へ申し込み、火葬してもらえます。
安い費用で火葬を依頼することができますが、遺骨は遺灰などは返してもらえません。
 

ペット葬儀社による火葬

火葬から納骨、供養まで人間の葬儀の変わらない形式で葬儀をすることができます。
ご家族と亡くなったペットちゃんのみで行う個別火葬と、他のペットちゃんのご遺体と一緒に火葬を行う合同火葬という二つの方法を選ぶことができます。
出棺から火葬まで立ち会うことができるため、最後までペットちゃんをお見送りすることができます。
フェレットは骨格が小さいため、遺骨を引き取りたいのであれば他のペットちゃんと遺骨が混ざらないように個別火葬を選ぶことがおすすめです。
 

訪問火葬

火葬用の炉を備えた車が自宅まで出向き、火葬を行ってくれます。
火葬場が近くになくても自宅の近くでペットちゃんのご遺体を火葬することができるため便利ですが、火葬中は臭いや煙が発生します。
集合住宅やマンションの前など、近隣にお住まいの方の迷惑になりそうな場合は避け、人気の少ない場所で火葬を行いましょう。

 

火葬はすぐに行うべき?

水色の保冷剤

葬儀会社の予約状況やご家族様の都合により、数日後に葬儀を行うことになった場合、ご遺体を傷ませないようにしっかりと冷やし続ける必要があります。
細菌は10度から60度の温度で活動をしますので、ご遺体が10度以下になるように冷却するか、ご遺体が傷まないうちに速やかに葬儀を行うようにしてください。
 
また、敷地内であっても個人で勝手にペットちゃんのご遺体を焼くことをは絶対にやめましょう。
許可されていない場所で動物を焼却すると火災や空気汚染を引き起こし、野焼き行為として訴えられる可能性があります。

 

フェレットの埋葬方法は?

シャベルで土を掘る手

小動物であれば、ご自宅のお庭やプランターに埋葬することもできます。
火葬後の骨であれば臭いや害虫の発生、他の動物に掘り起こされる心配はありません。
公園や山林などの私有地に無断でペットちゃんの遺骨を埋めるのは避けましょう。
不法投棄と見なされ罰せられる場合があります。
ご自宅にフェレットの遺骨を埋める場所がない場合は、合同供養やペット霊園の納骨堂に納める供養法がおすすめです。
 

納骨

ペット霊園のお墓、あるいは納骨堂に遺骨を納めます。
飼い主様の代わりにお墓の管理をしてくれて、合同供養であれば読経をしてもらえますので、人間と同じように丁寧に弔ってもらえます。
 
遺骨を個別墓に収めるか、合同供養墓へ収めるかは飼い主様が選択をすることができます。
個別墓は亡くなったペットちゃんを手厚く供養することができますが、高い費用が必要となります。
一方で合同供養墓は費用を抑えられ、他のペットちゃんが眠っている場所であれば寂しくありません。
 

散骨

火葬後に残った骨を粉砕し、パウダー状になった物を海や山に撒いて自然に返すことで供養する葬法です。
海や山へ散骨する場合は、独断で行うと水質を悪化させ、生態系を破壊してしまう恐れがあります。
散骨で供養する場合は環境、法律に精通した業者に依頼して行うようにしてください。
 
また、いつでも思い出せるように手元供養品として小さな骨壺に遺骨を入れて自宅で保管したり、フェレットのふかふかの毛を活かしたりして、アクセサリーやキーホルダーに加工される方も多いです。

 

フェレットを亡くした悲しみを克服する方法は?

白いフェレット

葬儀が全て終了すると落ち着いた時間が訪れますが、そのとたんにペットちゃんを亡くした喪失感に襲われてしまう方は多いです。
悲しみで心が押しつぶされてしまわないいように、ペットロスによる悲しみは惜しまず他人に打ち明けてみましょう。
他人に共感してもらうことで、孤独を和らげることができるかもしれません。
 
気持ちが落ち着いたら、ペットちゃんが使用していたケージやおもちゃなどを処分しましょう。
引き続き使用できる状態の物はフェレットを飼っている人やペットボランティア団体に寄付をすることもできます。
 
家族同然で可愛がっていたペットちゃんの死を受け入れることは簡単なことではありません。
無理をせず、時間をかけてゆっくりと死を受け入れることが大切です。

 

まとめ

フェレットは体が小さいため、感染症や病気にかかると短期間で命を落としてしまうことがあります。
そのため不幸にも早いお別れとなってしまっうこともありますが、短い時間のなかでもたくさんの思い出をくれた大切なペットちゃんは丁寧に弔ってあげましょう。
 
フェレットは体が小さいためご自宅のプランターやお庭に埋めて埋葬することもできますが、大切な家族として弔ってあげたいのであれば納骨をすることがおすすめです。
火葬業者によっては火葬後に残った遺骨を供養塔まで運んでくれる業者が存在しますので、ぜひ業者へ相談してみましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております