突然ペットが亡くなってしまった場合、仕事を休むことはできるのか?

お役立ちコラム お役立ちコラム

突然ペットが亡くなってしまった場合、仕事を休むことはできるのか?

家族同然の大切なペットちゃんが亡くなった際は、仕事に行けないほどつらい気持ちになる方も多いと思います。家族が亡くなった際、人の場合は仕事を休むケースがほとんどです。しかし、ペットちゃんの場合は、仕事を休むことを非常識だと思う人もいます。そこで今回は、突然大切なペットちゃんが亡くなってしまった場合、休みを取ることができるのか、どのように伝えたらいいのかなどを詳しくご紹介していきます。

 

仕事は休んでもいいのか

スーツ姿で頭を抱える女性

ペットちゃんはいつも一緒に過ごした大切な家族ですから、「仕事を休んでゆっくり見送ってあげたい」と思われる飼い主様がほとんどだと思います。しかし、会社や人の考え方は様々です。一般的にはどのような考え方があるのかをご紹介します。

 

ペットは家族

ペットちゃんを飼われている方のほとんどは、「ペットは家族だ」という考え方を持っていると思います。そのため、ペットちゃんを飼われている人は、「ペットが亡くなったから仕事を休みたい」と言っても理解してくれることがほとんどではないでしょうか。しかし、ペットちゃんを飼われている人の中でも、「自分はペットが亡くなったときに仕事を優先した」といった思いがあり快く思わない人もいるでしょう。

 

ペットが亡くなったくらいで

ペットちゃんを飼っている方や飼っていない方でも「ペットは大切な存在」と理解している方も多くいます。しかし、ペットちゃんを飼っていない方の中には、「たかがペットが亡くなったくらいで仕事を休むなんて」という考えを持っている方もいます。とても残酷のように聞こえますが、どの考えが正しいというわけではなく「ペットのことをよく理解していない人もいる」ということを知っておきましょう。

 

仕事を休むとき

オフィスで連絡を受けて落ち込む女性の写真

ペットちゃんに対して様々な考えがあることを知っていただけたと思います。この章では、様々な考えがあることを理解したうえで、どのように仕事を休むのかについて考えていきます。

 

正直に理由を言って休む

「大切な家族だから嘘をついて休みたくない」と思われる方は、正直な理由を話して休むこともいいと思います。ただし、すべての人が快く思っていないということを理解して、きちんと説明して休むようにしましょう。また、仕事が忙しい時期などにも配慮が必要です。

 

理由は伏せて休む

もし、休む理由を正直に言って「ペットが亡くなったくらいで」と嫌味を言われてしまうことがあれば、とても辛い気持ちになると思います。そのため、別の理由を言って休まれる方も多いようです。どんな理由でも、急にお休みすることは周りの人に迷惑がかかりますので、気遣いを忘れないようにしましょう。

 

有給休暇を取る

有給休暇は労働者が自由に休むことができる権利です。そのため、理由を伝えずにお休みを取ることができます。基本的には前日より前に伝えていれば取得できますが、会社のルールや忙しい時期などによっては取りにくい場合もあると思います。そのような場合は、理由を伝えて有給を取得すると、欠勤するよりはまだ休みやすくなるのではないでしょうか。

 

上司や同僚への伝え方

電話をかける女性の写真

働いている職場の雰囲気によって、正直にいって快く休みが取れる会社もあれば、理由は伏せて休んだほうがいい会社もあると思います。ご自身が働いている会社の雰囲気によって伝え方を考えるようにしましょう。この章では、正直な理由と理由を伏せる場合の伝え方についてご紹介します。

 

正直に伝える

普段からコミュニケーションをしっかり取っていて、理解してくれそうな上司には正直に伝えてもいいかもしれません。さらに、部下の気持ちを理解してくれる上司なら「よく思わない方もいるかもしれない」などと相談すると、「同僚には親戚が亡くなったことにしておこう」などと提案してくれることもあるでしょう。信頼関係ができている上司なら、素直に気持ちを話してみましょう。

 

理由を伏せる

理由を伏せる場合は「ご自身の体調が悪い」「親戚が亡くなった」などのことを理由にして休まれる方が多いようです。嘘をつくことは辛いという方も多いと思いますが、「たかがペットが死んだだけで…」などと言われるリスクを避けるために嘘をつくと割り切ると、気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

仕事復帰する際の対応

THANK YOUのイメージ写真

ペットちゃんが亡くなったことを正直に伝えた場合、休むことができても仕事に復帰するときが一番不安という方も多いと思います。そこで今回は、仕事復帰する際の対応で気をつけることについてご紹介します。

 

上司や同僚へ感謝

仕事を急に休むことはどのような理由があっても、上司や同僚に迷惑がかかります。復帰した際は、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。また、理由によっては心配をかけている場合もあります。「おかげ様で愛犬を見送ることができました」などの報告を合わせてするといいでしょう。

 

仕事を代わりにしてくれた人

休んでいる間、代わりに仕事をしてくれた人がいる場合は、お礼を伝えるようにしましょう。「休みの間に迷惑をかけて申し訳ございません。ありがとうございました」などと声をかけて、仕事の引き継ぎをしてもらうようにしましょう。

 

どうしても休めないとき

手紙を書くイメージ写真

職業や時期によっては、どうしても急に仕事を休めないという方も多いと思います。そのような場合でも、大切なペットちゃんをきちんと見送ってあげたいものですよね。そこでこの章では、どうしても仕事をお休みできない方のためのお見送り方法をご紹介します。

 

日にちを遅らせる

仕事をお休みできない場合は、休みの日までご遺体を安置される方もいらっしゃいます。ご遺体を保冷剤などで冷やし、涼しい部屋へ安置させてあげましょう。ペットちゃんの大きさにもよりますが、夏場なら1~2日、冬場なら2~3日ほど安置させることができます。ゆっくりと休みが取れる日にお別れをすることで、落ち着いた気持ちで送り出すことができるのではないでしょうか。

 

24時間対応の火葬業者

どうしても休みが取れないという場合は、24時間対応してくれるペット火葬業者を利用するのもいいでしょう。仕事が終わってからゆっくりとお別れの時間を取ることができ、忙しい飼い主様に人気です。

 

家族に見送ってもらう

どうしても仕事でお休みが取れない場合は、ご家族に代わりに見送ってもらうという方もいらっしゃいます。立ち会うことができなくても、大事なのは送り出す気持ちです。ペットちゃんへの感謝の気持ちを手紙に書くなどして送り出してあげるのもいいでしょう。火葬業者によっては、手紙を一緒に火葬してくれる場合もあります。

 

まとめ

大切な家族であるペットちゃんが亡くなった際は、できるだけゆっくりと偲んであげたいと思うのは飼い主様として当然です。「ペットは家族」という考え方は日本でも一般的な考え方としてなりつつあります。しかし、まだまだ理解できないという方が多いため、ペットが亡くなった理由で仕事を休む行為は賛否両論あるのが現実です。そのため、仕事を休みたくてもどのように伝えたらいいのか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。「嘘をつくのは心苦しい」や「ペットのことを悪く言われる可能性があるのなら、嘘をついてでも休みたい」など考え方は人それぞれです。どの考え方が正しいというものではありませんので、ゆっくり考え後悔のないようにペットちゃんを送り出してあげましょう。何より飼い主様の気持ちが大切です。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら