ペット火葬後の骨壺の供養方法とは?遺骨に関するお悩みを解決

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペット火葬後の骨壺の供養方法とは?遺骨に関するお悩みを解決

最近はペット火葬を利用される方も多く、「火葬後の遺骨をどのように供養したらいいか分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?今回はペットちゃんの遺骨を骨壺に入れて安置する方法など遺骨に関するお悩みについてご紹介します。

遺骨を残すための火葬方法

ペットの遺骨のイメージ写真

遺骨を残すための火葬方法や火葬業者を知らないで依頼してしまうと、遺骨が残らずショックを受けることもありますので気をつけなくてはいけません。まずはペットちゃんの遺骨を残すための方法をご紹介します。

火葬業者へ依頼

自治体に依頼すればペットちゃんの遺体を引き取ってもらうことが可能です。しかし、お住まいの地域によってはペットちゃんを火葬するのではなく、焼却して埋め立てるケースもあります。そのような場合、遺骨は残りません。また、ペットちゃんを自分で火葬することは法律で禁止されています。そのため、遺骨を残す場合はペットちゃんをきちんと火葬してくれる業者に依頼するようにしましょう。

遺骨が残る火葬方法

火葬業者の火葬方法は、合同火葬と個別火葬の種類があります。合同火葬は他のペットちゃんと遺骨が混ざりあってしまうため、個別の遺骨を残すことができません。そのため、火葬は個別火葬を選ぶようにしましょう。また、個別火葬は火葬業者に一任して火葬してもらい後日返骨してもらう「一任個別火葬」と、火葬後、家族で遺骨を拾い上げそのまま持ち帰ることができる「立会個別火葬」があります。「一任個別火葬」の場合は、火葬業者によって返却してもらえない場合もあるため、必ず事前に確認しましょう。

骨壺のまま保管しても大丈夫?

ハテナを持つ女性の写真

遺骨を返却してもらったが、骨壺に入れたまま保管しても大丈夫かと心配される方も多いと思います。この章では遺骨を骨壺のまま保管する際の問題についてご紹介していきます。

法律的な問題

ペットちゃんの遺骨は骨壺のまま保管しても法律的には問題ありません。また、火葬後はいつまでに納骨しないといけないという決まりもないため、ご自宅にて供養することが可能です。しかし、庭へ遺骨を埋葬する場合は注意が必要です。庭が私有地ではない場合は、「不法投棄」となり、法律に違反してしまいます。

物理的な問題

火葬した遺骨をご自宅に骨壺のまま保管しても問題ありませんが、カビや臭いなどが心配という方も多いと思います。大切なペットちゃんの遺骨に、臭いが発生したりカビが生えてしまうなんてことがあれば、ショックですよね。しかし、骨壺のまま保管する場合でもしっかりと湿気対策を行えば保管することが可能です。

骨壺の選び方

ペットの骨壺の写真

ペット用の骨壺は様々な種類があるため、どのような基準で選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?この章では、ペット用骨壺の選び方について詳しく解説していきます。ご自身の用途に合わせて選ぶようにしましょう。

ペットの大きさ

遺骨はペットちゃんの大きさによって量が異なります。そのため、返却してもらった量を見てから選ぶようにするといいでしょう。遺骨の量がわからない時に購入してしまうと、「遺骨が入らなかった…」というようなこともあります。一般的には小鳥や小動物は2~2.5寸、超小型犬やうさぎは3~3.5寸、小型犬や猫は4寸、中型犬は5寸、大型犬は6寸が目安になります。

デザイン

「寂しい思いをさせたくない」と骨壺を人が集まるリビングなどに置きたいと思われている人も多いと思います。そのような場合は、骨壺とわからないようなオシャレなデザインのものを選ぶといいでしょう。また、「いつまでもペットちゃんの顔を忘れたくない」という方には、ペットちゃんの写真がプリントされているものもあります。ご自身が納得されるデザインのものを選ぶといいでしょう。また、骨壺用のカバーも販売されていますので、季節などでイメージを変えることができます。

素材

骨壺は素材によって雰囲気が異なります。天然の木で作られている木製の骨壺は自然のぬくもりを感じることができます。紙製の骨壺は絵や文字を直接書くことができ、お子様がいるご家庭などでは手づくりで骨壺を作られる方もいます。金属製の骨壺はお値段は高くなりますが、耐久性に優れています。

期間

自宅で保管する期間が長期か短期によって骨壺の種類が変わってきます。四十九日が過ぎたら庭に埋葬する予定など期間が短い場合は、そのまま埋葬することができる木製や紙製を選ばれるといいでしょう。長期間ご自宅で保管する場合は、耐久性が高い素材を選ばれるほうがいいでしょう。

骨壺を安置する際の注意点

ご自宅に長期間安置する場合は、様々なことに気をつけなくてはいけません。この章では骨壺を安置する際の注意点についてご紹介します。愛するペットちゃんの遺骨ですから、大切に安置しましょう。

湿気対策

遺骨を長期間保管する場合は気密性や耐久性が高い骨壺を選ぶことと、湿気対策も大切です。「遺骨を真空パックする」「除湿剤を入れる」「骨壺の蓋にテープをまく」など湿気対策を行いましょう。

保管場所

湿気が骨壺に入ってしまわないようにするには、保管場所も大切です。風通しのいい場所や気温の変化が少ない場所に保管するようにしましょう。

家族と相談

家族であっても遺骨に対する考え方は様々です。「人が集まるリビングに置いてあげたい」「いつも寝ていた寝室に寝かせてあげたい」など家族の意見が異なることもありますので、事前に話し合って決めましょう。

来客への配慮

リビングなど人目に付く場所に骨壺を安置する場合は、来客への配慮も必要です。あまりよく思わない人もいますので、来客が来たときは棚にしまったり、骨壺カバーをかけたりできるようにしておくといいでしょう。

最終的な供養

飼い主様が亡くなった際、遺骨をどのように供養するかも考えておくようにしましょう。また、後継者がいない場合はお寺や霊園での永代供養なども検討しておくといいでしょう。

その他の自宅供養

ペット供養のイメージ写真

これまでは骨壺をご自宅で安置する方法をご紹介しました。この章では骨壺だけではなく、その他のメモリアルグッズで自宅供養する方法をご紹介します。

仏壇・仏具セット

ろうそく立て・供物皿・花器・香立などの仏具とそれらが収納できるボックスがセットで販売されています。来客が来た時はすぐに収納できるため、場所を選ばず保管することができます。

庭へ埋葬

私有地であればご自宅の庭に遺骨を埋葬することが可能です。庭に埋葬する場合は、他の動物に掘り起される、異臭や害虫が発生するなどのリスクがあります。できるだけ深く掘って埋葬するようにしましょう。

プランター葬

火葬後の遺骨をプランターに埋葬して供養する方法もあります。庭がない集合住宅でも、ベランダや玄関など場所を選ばず置くことができるため、人気な供養方法です。

ぬいぐるみ・クッション

遺骨を収納することができるぬいぐるみやクッションもあります。ぬいぐるみやクッションは温もりが感じることができるため人気の供養方法です。また、ペットちゃんの写真をプリントできるものもあります。

アクセサリー

遺骨を入れることができるブレスレットやネックレスなどもあります。小さいアクセサリーは火葬後の遺骨をすべて入れることが難しいため、分骨して一部のみを入れられる方がほとんどです。

まとめ

ペットちゃんの場合は、お墓などを持たずにご自宅にて骨壺を安置される方もたくさんいます。長期間保管する場合は、湿気対策を行い大切に保管してあげましょう。また、最近は骨壺の種類も幅広く、コンパクトなものやオシャレなものもたくさん販売されています。ご家族で話し合いご家庭に合った方法でペットちゃんを供養してあげることが何より大切です。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら