ペットの永代供養とは?方法やできる場所を徹底解説します

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットの永代供養とは?方法やできる場所を徹底解説します

日本でのペットの数は子供より多いと言われており、我が子のように可愛がっている方も多くいらっしゃいます。そのため、ペットちゃんが亡くなった際は、できるだけ人と同じようにお墓や納骨堂に供養してあげたいと思われている飼い主様も多いと思います。しかし、「自分が亡くなったときに見てくれる人がいない」と悩まれている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は飼い主様の代わりに亡くなったペットちゃんを管理してくれる「永代供養」について詳しく解説していきたいと思います。

 

永代供養とは

お墓で手を合わせる女性たちの写真

永代供養とは飼い主様の代わりに、ペットちゃんの遺骨やお墓を管理してくれるサービスのことです。近年は少子高齢化などの影響から、人の供養の際も利用される方が増えています。この章では永代供養のメリットとデメリットを詳しく紹介します。

 

メリット

後継者がいない場合でも安心

家族であるペットちゃんを「人と同じように供養してあげたい」と思われていても、後継者がいない場合はお墓や納骨堂への供養が難しいと諦める方もたくさんいらっしゃいます。しかし、飼い主様が亡くなった後も管理してもらえる永代供養なら安心です。

手間がかからずしっかり供養

霊園や寺院が代わりにお墓の管理を行ってくれますので、「忙しくてお墓参りに行く時間がない」という方にも喜ばれているサービスです。さらに、法要を執り行いしっかり供養してもらうことができます。

 

デメリット

供養してくれる場所が限られている

永代供養を行っている霊園や寺院は年々増加していますが、どこにでもあるわけではありません。ご自宅付近にない場合は「頻繁に会いに行きたい」と思われている方にとってデメリットとなります。

期間が決まっている

個別で埋葬していても一定期間を過ぎると、他のペットちゃんと一緒に埋葬される「合葬」となってしまうこともあります。

 

永代供養の種類

お墓に備えられるお花の写真

永代供養はすべての霊園や寺院などで対応してもらえる訳ではありません。事前にサービスがあるか確認してから依頼しましょう。また、永代供養の種類も様々です。この章では永代供養の種類についてご紹介します。

 

共同のお墓

複数のペットちゃん達と同じお墓に埋葬され、月に一回やお盆・お彼岸などの法要時に供養してもらうことができます。霊園によっては法要に参加できる場合もあります。

 

個別のお墓

ペットちゃんを個別でお墓に埋葬し、月命日やお盆・お彼岸などの法要時に供養してもらうことができます。

 

納骨堂

屋内の敷地スペースにペットちゃんを個別で納骨してもらうことができます。霊園によって決まっている日程に法要をしてもらうことが可能です。

 

人と一緒に入れるお墓

人とペットちゃんが一緒に入ることができるお墓です。最近は「ペットちゃんと一緒のお墓に入りたい」という需要が高まり、専門の霊園も増えてきています。

 

永代供養する方法

供養のイメージ写真

後継者がいない飼い主様や忙しい飼い主様にとってはとてもメリットのある永代供養。実際にはどのような方法でできるのでしょうか。この章では永代供養する方法をご紹介します。

 

合同火葬後に専用の合同墓地に埋葬

合同火葬をしてもらった場合、そのまま専用の合同墓地に埋葬されることがほとんどです。葬儀業者や霊園によっては、合同火葬に永代供養のサービスがついている場合もあります。火葬から供養まですべて同じ業者に任せることができるため、手間がかからず費用を抑えて供養することができます。

 

永代供養があるお墓

永代供養のサービスがある霊園に依頼すれば、個別のお墓を建てた場合でも永代供養が可能です。個別のお墓であっても、一定の期間を超えた後は合葬されることもあります。

 

永代供養までの流れ

電話をする女性の写真

この章ではペットちゃんが亡くなってから、永代供養するまでの流れをご紹介します。葬儀業者や火葬プランによって異なりますが、一般的な流れをご紹介しますのでぜひ参考してください。

 

①ペットちゃん永眠

ペットちゃんが亡くなったことを確認したら葬儀業者や霊園に火葬の依頼をし、火葬の日時・火葬の種類などを決めます。火葬と一緒に永代供養をしてもらうことが可能な葬儀業者や霊園もあります。初めてのペット火葬でどこに依頼すればいいか分からない場合は、いくつかの業者に相談をして比較してみましょう。

 

②火葬

業者によって火葬日に自宅まで迎えに来てもらえる場合や、霊園までペットちゃんを連れていく場合があります。火葬の種類は複数のペットちゃんを一緒に火葬する「合同火葬」、個別で火葬する「個別火葬」があります。合同火葬の場合は遺骨が他のペットちゃんと混合してしまうため、そのまま合同墓地に埋葬されることになります。

 

③納骨

火葬をした業者で火葬後そのままお墓や納骨堂に納骨をしてもらうことも可能です。そうでない場合は、ご自身で永代供養のある霊園や納骨堂を探し依頼しましょう。

 

自分で供養する方法

ミニ骨壺のイメージ写真

ここまではお墓や納骨堂にてペットちゃんを永代供養する方法をご紹介しました。しかし、ご予算やご希望によっては永代供養が難しい場合もあると思います。ペットちゃん場合、遺骨の供養方法に決まりはなく飼い主様が決めることができます。そこでこの章では、ご自身でペットちゃんを供養する方法をご紹介します。

 

自宅の庭などに埋葬

ご自宅が私有地であれば、庭にペットちゃんを納骨することが可能です。異臭や害虫などに気をつけながら、穴を深く掘ってペットちゃんを埋葬します。万が一掘り起こさないといけない場合でも、場所がわかるように石などを置いて目印をつけておくといいでしょう。ペットちゃんが土に還るまでは、数年~数十年かかると言われております。引っ越しする予定がないかなど、十分に検討してから埋葬するようにしましょう。

 

アクセサリー

遺骨を入れることができるネックレスやブレスレットなどもあります。また、遺骨をダイヤモンド加工にするなどお洒落なものもたくさんあり、身に付けてペットちゃんをいつも感じることができます。

 

仏壇やオブジェ

仏壇やオブジェなどに遺骨を入れてご自宅で安置される方も少なくありません。ペット用の仏壇は人間のものとは違い、カラフルなものやコンパクトでお洒落なものもあるため、インテリアとして飾られる方もいらっしゃいます。

 

骨壺のまま

遺骨を返却された骨壺のままご自宅で安置される方もいらっしゃいます。ただし、骨壺のままだと湿気によってカビが生えてくることもあるため、除湿剤などを入れておくといいでしょう。また、ミニ骨壺なども販売されているので、入れ替えてお洒落に飾ることもできます。

 

散骨

遺骨をさらにパウダー状にして、山や海などに散骨される方もいらっしゃいます。散骨は形に残らないため、維持に手間や費用がかかりません。また、遺骨の一部をアクセサリーにして、残りを散骨にするという方もいらっしゃいます。

 

まとめ

今回はペットちゃんの永代供養についてご紹介しました。最近は「終活」などをされる方も多く、ペットちゃんとの最期を考えられている方も多くいらっしゃいます。元気なうちからご自身やペットちゃんの最期を考えておくことで「ペットと一緒に入ることができるお墓に入りたい」「後継者がいないため永代供養してあげたい」などもしもの際に悩まずに決めることができます。ペットちゃんの最期を考えることは辛いですが、日頃から家族で話し合っておくことも大切です。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら