猫を火葬してもらうには?お別れの方法をご紹介

お役立ちコラム お役立ちコラム

猫を火葬してもらうには?お別れの方法をご紹介

いつも一緒にいた家族のような存在がいなくなった場合、いざとなったらどのように対応したらいいのか、動揺して分からなくなってしまう方は少なくありません。
大切にしていた愛猫がいなくなる喪失感は、計り知れないものがありますよね。
愛猫を火葬して弔いたいけれど、どうしたらいいか分からない方のために、亡くなった直後から火葬してお別れする方法までを細かくご説明します。
このコラムさえ読んでいただければ心残りなく、愛猫とのお別れができます。

 

猫の死後にやることは?

眠っているような猫の顔

愛猫の死後、慌ててしまい何をしたらいいのか分からなくなることもあるでしょう。でもそんなときこそ慌てず、心を込めて丁寧に最後までお世話をしてあげましょう。
 

①寝床を整える

まず、愛猫を静かに寝かせてあげられるように寝床を整えましょう。ペットシーツやバスタオル、ペット用のベッドなどを用意して落ち着いて休めるように準備します。
手足を軽く曲げ、目を閉じてあげてください。もし体が硬直している場合は、無理に手足を伸ばす必要はありません。
 

②体を綺麗にする

普段使っていたブラシで、体をブラッシングしてあげてください。硬く絞ったタオルで拭いてあげるのもいいです。
もし口や鼻からの出血が見られたら、それは胃や肺からの出血の可能性がありますので、枕を顔にあて鼻先を高く保ってください。
出血があるからといって、詰め物をするのはできるだけやめてください。体にガスが溜まってしまい、お腹が膨れてしまうことがあります。
 
体に外傷がある場合、傷口を覆い害虫が寄ってくるのを防ぐことも必要です。
 

③体を冷やす

特に気温の高い夏場は、遺体の腐敗が早いためできるだけ体を冷やしてあげましょう。寝床もできるだけ涼しい部屋で、床暖房などが入っていないか確認してください。
保冷剤や袋に入れた氷を、頭の下、胸、お腹周りに置きます。
遺体を冷やすことで、数日間自宅に安置することができます。

 

猫の火葬はどこでできる?

雲になった後ろ姿の猫

猫の火葬は民間のペット火葬業者に依頼するか、保健所に依頼することができます。実は猫は、亡くなったら火葬しなければならないという具体的な法律はなく、法律上は一般廃棄物として家庭ごみで処理することもできてしまいます。
しかし、ペットとして飼っていた愛猫は今まで長く一緒に暮らしてきた家族ですから、ありがとうの気持ちを込めて丁寧に火葬し、送り出してあげたいものです。
 

①民間の火葬業者に依頼する

ペット火葬を行っている民間業者は、多数存在しています。火葬だけではなく、供養やお別れのセレモニーなど、手厚くサポートしてくれる業者も多くあります。
ただし、民間業者に依頼する場合には注意が必要です。
中には悪質な業者も存在しており、火葬をするといって引き取ったものの、裏山に廃棄していたとか、そもそも火葬場を持っていない業者だったなどの問題も発生しています。
 

②自治体に依頼する

猫の火葬は、各自治体へも依頼をすることができます。火葬方法は自治体によりさまざまですが、合同火葬で行っているところが多いです。合同火葬ですと、他のペットと一緒に火葬されますのでほとんどの場合、遺骨は返ってきません。
届け出先は各自治体によって変わりますので、ホームページなどで確認する必要があります。

 

猫を火葬・お別れするまでの流れ

寄り添う2匹の猫

愛猫が亡くなってから、火葬し、お別れするまでの流れをご説明します。
 

①火葬業者を選ぶ

まずは、猫を火葬してくれる業者を選びましょう。
火葬サービスには大きく分けて「出張火葬」と「引き取り火葬」の2種類があります。
 
出張火葬は、ペット火葬車で自宅近くの指定場所まで来て火葬し、お骨にしてくれるサービスです。ペット火葬車での火葬を行う業者は、1980年代後半から90年代初頭にかけての第1次ペットブーム以降増えてきました。
ペット火葬車とは、見た目は普通のワゴン車と変わりませんが、車内にペット用の火葬場や排煙装置を搭載した車のことです。環境に配慮した構造で、臭いや排煙もほとんど無いので街中にお住まいでも利用することができます。
基本的には自宅近くの公園や、河川敷など各市町村のルールに反しない場所で火葬を行います。希望の場所まで来てくれますので、その便利さから需要も増えています。
 
引き取り火葬は一度火葬場に遺体を運び、火葬を行います。
自宅に遺体を引き取りに来てくれるサービスを提供している業者もありますし、自分で抱えて火葬場に運び火葬してもらうこともできます。
他のペットと一緒に火葬する合同火葬か、1匹だけで火葬する個別火葬を選べる場合が多いです。
 

②遺体を運ぶ

火葬場に遺体を運ぶ場合は、タオルや布にくるんで抱いて運ぶか、段ボールなどの箱に入れて運びましょう。そのまま火葬できる棺で運ぶ方もいらっしゃいます。
運ぶ際の注意点としては、以下の通りです。
 
・運ぶ最中も体を冷やす
・車や体を動かしたことにより体から体液が出てくることがあるので、汚れてもいいようにタオルなど準備する
・棺に庭の生花を入れる場合、虫が体についてしまう危険性があるので注意する
 

③火葬する

火葬の際には、生前好きだった食べ物やおやつを入れてあげることも可能です。火葬業者によっては、食べ物を棺に入れるための紙皿を準備してくれているところもありますので、事前に確認するといいでしょう。
体の周りに花を入れたり、好きだった遊び道具や愛用していたタオルなどを入れたりすることも可能です。ただしボールなど、火葬時に破裂するものは入れることができない場合もあります。
 
あとは各業者が対応してくれますので、愛猫が安らかに旅立つのを見守るだけです。

 

猫の遺骨を供養する方法は?

猫の仏壇

亡くなった猫の遺骨を供養する方法はペット霊園や納骨堂への納骨が一般的ですが、実は小さな遺骨を持ち帰り、手元に置いておくこともできるのをご存じでしょうか。
遺骨を形見として常に手元に置いておくことは、法的にも何の問題もありません。
 
火葬後、業者が遺骨を返骨してくれる場合は小さなお骨だけ手元に置き、カプセルなどに入れて置いておくことも可能です。
最近では、ペットの遺骨を肌身離さず持ち歩くためのアクセサリーケースも流行っています。ファッションの一部としても取り入れられるよう、見た目には遺骨が入っているとは分からないおしゃれなものもたくさんあります。
 
お守りとして持ち歩き、供養する方法もおすすめです。

 

猫の火葬業者の選び方

キーポイント

ペット火葬業者はインターネットで検索しただけでもたくさんあって、どの業者に依頼すればいいか迷ってしまいます。
悪質な業者を選んでしまうと、大切な家族の旅立ちに嫌な思いをし、後悔することになります。業者を選ぶポイントをいくつかご紹介します。
 

①料金体系が明確

料金の確認は非常に大切です。
業者の中には前もって正確な料金を提示せず、火葬を始めてから「追加料金が発生する」などと言い、高額請求してくる業者もいます。
ホームページの情報を鵜呑みにせず、依頼する前に書面で正式な見積書を提示してもらうことをおすすめします。
見積書で正式な総額と、何にいくらかかるのか、追加料金発生の有無などを把握しておきましょう。
 

②ホームページの情報が豊富

料金に関する記載はもちろんですが、会社の情報を掲載しているかもチェックが必要です。
会社の所在地、電話番号、運営者の名前、火葬方法、利用者の口コミなどの情報を確認するようにしましょう。
 
とはいえ、ペット火葬や葬儀を行うには現状は必須になる資格はありませんので、ホームページの情報だけで業者を見分けることは難しいです。火葬炉を使用する場合には消防法により届け出が必要になる場合はありますが、各自治体によっても異なります。
そこで、必要なのは実際に業者に連絡を取ってみることです。
 

③電話やメールの対応が良い

実際に業者に連絡を取ってみて、電話対応やメールでの対応をみてみましょう。ずっと一緒だった家族同然の愛猫とお別れするのですから、不明なことは遠慮せず納得いくまで確認しましょう。
対応がずさんだったり、高圧的な業者は避けたいものです。
担当してくれるスタッフの対応によって納得のいくお別れができるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

 

まとめ

家族のようにずっと一緒にいた愛猫とのお別れはとても辛いものです。感謝の気持ちを込めてお別れするためには、最後まで丁寧に扱ってあげることが重要です。
 
死後、寝床を作り体を綺麗にしてから、氷や保冷剤などで体を冷やしておきましょう。こうすることで、数日間は家に置いていても大丈夫です。
火葬場に運ぶ際は、タオルなどにくるんだり段ボールに入れたりして運びましょう。体を動かすことで体液や排泄物が流れ出てしまうこともありますので、汚れてもいいような準備も忘れず運んでください。
 
火葬や遺骨の供養は火葬業者に依頼しますが、中には高額請求をしてきたり、ずさんな対応をしたりする悪徳業者もいます。大切な家族をしっかりと旅立たせるためにも後悔しない業者を選びましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております