安いペット火葬方法とは?費用を抑えて供養する方法をご紹介

お役立ちコラム お役立ちコラム

安いペット火葬方法とは?費用を抑えて供養する方法をご紹介

ペットちゃんは家族同然ですから「できるだけ人と同じように、供養してあげたい」と思われていると思います。しかし、火葬方法やペット火葬業者など選択肢が多く、どのくらい費用がかかるのか検討もつかないと悩まれている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はペット火葬にかかる費用を抑え、安くても安心して供養できる方法をご紹介します。

 

ペット火葬の種類

手を合わせる女性の写真

ペット火葬は火葬業者によって様々なプランがあります。この章では一般的な火葬の種類をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

合同火葬

合同火葬とはペットちゃんを引き取ってもらった後、複数のペットちゃんと一緒に火葬してもらう方法です。他のペットちゃんと遺骨が一緒になってしまうため、遺骨は返却されずそのまま合同墓地などに埋葬されます。火葬方法の中で一番安い方法です。

 

一任個別火葬

一任個別火葬とはペットちゃんを引き取ってもらった後、個別でペットちゃんを火葬してもらう方法です。個別で火葬してもらう場合、遺骨に関しては「返却してもらう」または「墓地や納骨堂に納骨してもらう」のどちらかが一般的です。合同火葬の次に安い火葬方法となります。

 

立会個別火葬

立会個別火葬とは、ご家族立ち会いのもと個別でペットちゃんを火葬する方法です。遺骨を拾い上げそのまま持ち帰ることが可能です。火葬プランの中では一番高い方法となります。

 

ペット火葬の相場

葬儀費用を計算するイメージ写真

この章ではペット火葬にかかる費用の相場をご紹介します。費用は「火葬方法」や「ペットちゃんの体重」によって決められていることがほとんどです。体重別に費用を紹介してきます。

 

~2㎏の小動物

合同火葬の場合は12,000~15,000円、一任個別火葬の場合は17,000~20,000円、立会個別火葬の場合は19,000~22,000円が相場となります。

 

2~5㎏の猫やうさぎ

合同火葬の場合は16,000~20,000円、一任個別火葬の場合は21,000~24,000円、立会個別火葬は23,000~25,000円が相場となります。

 

5~10㎏の小型犬など

合同火葬の場合は20,000~25,000円、一任個別火葬の場合は25,000~30,000円、立会個別火葬の場合は27,000~35,000円が費用の相場となります。

 

10~25㎏の中型犬など

合同火葬の場合は30,000~35,000円、一任個別火葬の場合は35,000~40,000円、立会個別火葬の場合は37,000~45,000円が費用の相場となります。

 

25~40㎏の大型犬など

合同火葬の場合は40,000~45,000円、一任個別火葬の場合は45,000~50,000円、立会個別火葬は47,000~55,000円が費用の相場となります。

 

40㎏以上の超大型犬など

合同火葬の場合は50,000円~、一任個別火葬の場合は55,000円~、立会個別火葬は57,000円~が費用の相場となります。

 

費用を抑えるポイント

人差し指を立てる女性の写真

前章ではペット火葬の相場をご紹介しました。この章では少しでもペット火葬を安くするためのポイントをご紹介します。

 

合同火葬を利用する

一番安く火葬できる方法は「合同火葬」です。「遺骨が残らなくても問題ない」という場合は合同火葬を選ぶことで、安く供養することができます。遺骨を残したいという場合は、一任個別火葬のほうが、立会個別火葬よりも安くなります。

 

体重超過がない

ペットちゃんの体重が一般的な体重より重い場合は、追加料金が発生することがあります。体重の重いペットちゃんはとくに、体重超過の追加請求がない火葬業者を選ぶことが安くペット火葬をするポイントとなります。

 

深夜・早朝を避ける

深夜や早朝に対応してくれるペット火葬業者もあり大変便利ですが、追加料金が発生することもあります。安い料金でペット火葬を行うには、追加料金が発生するか確認し、発生する場合は通常料金で執り行ってくれる日時を選ぶようにしましょう。

 

用意できるものは自分で用意する

お花などのお供えものを購入できる業者もありますが、比較的高くなります。お供えや棺などオプション料金が発生する場合は、できるだけ自分で用意することで費用を抑えることができます。

 

数社の見積もりを

いくつかの業者で見積もりを作成して比較することが、ペット火葬を安く利用するポイントです。見積もりの際は必ず追加料金が発生しないかを確認し、書面で契約をするようにしましょう。

 

出張費を抑える

ご自宅まで出張してくれる業者の中には、出張費がかかる場合もあります。出張費がかかるか事前に確認し、発生する場合は霊園や葬儀業者まで連れていくことで安く抑えることができます。

 

地域によって追加料金がないか確認

全国にあるようなペット火葬業者ではなく、地域密着の業者では「他の地域の出張は追加料金がかかる」といったこともあります。地域によって追加料金が発生しないか事前に確認するようにしましょう。

 

悪徳なペット火葬業者

印鑑を押そうとしている人の写真

「費用を安く抑えたい」ということばかり優先していると、最終的に悪徳業者に高額を騙し取られたり、大切なペットちゃんを雑に扱われたりするような被害に合うリスクもあります。この章では、そのような被害に合ってしまわないように、悪徳なペット火葬業者をご紹介します。

 

追加請求

契約時に言っていた金額よりも大幅に高い金額を請求してくる業者もいます。追加請求がかかるサービスを説明なく勝手に進めるということもありますので、契約時には必ず追加料金の発生がないか確認するようにしましょう。

 

不透明な金額

何のサービスにいくらの費用がかかっているかがわからない見積もり書もあります。よくわからない費用を上乗せされて請求してくるということもありますので、わからない項目は質問し納得してから契約するようにしましょう。

 

高額なメモリアルグッズの販売

火葬費用は安いのに、メモリアルグッズやお供え品などを高額に設定し強引に勧めてくる業者もいます。事前に他社と比較するなど妥当な値段を知っておくことも大切です。

 

火葬方法が違う・火葬しない

依頼していた方法とは違う方法で火葬されてしまった、火葬されずに不法投棄をされていたという被害も実際にありました。

 

遺骨の状態

火葬炉の設備が整っていないと、「遺骨が残らない」「遺骨が焦げる」「遺骨が生焼け」というトラブルも発生しています。

 

費用を抑えた遺骨の供養とは

ぺット仮想した骨壺の写真

ペット火葬の費用を安く抑える方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。「ペット火葬の費用を安く抑えたが、遺骨の供養に高い費用がかかってしまった」ということも少なくありません。この章では費用を安く抑えた供養方法についてご紹介します。

 

合同墓地

個別にお墓を建てる場合に比べ、費用を安く抑えることができます。

 

納骨堂

お墓を建てて供養する方法に比べ、費用を安く抑えることができます。

 

手元供養

ミニ骨壺や仏具セット・ぬいぐるみなど自宅に安置するものや、アクセサリーなど身に付けることができる手元供養も費用を安く抑えることができます。

 

散骨

山や海などに遺骨を散骨してくれる業者もあります。散骨は遺骨を保管する維持費などがかからないため、費用を安く抑えることができます。

 

まとめ

供養にかかる費用はできるだけ抑えたいものですよね。しかし、愛するペットちゃんですから安いだけでなく、大切にペットちゃんを供養したいという気持ちもあると思います。「安い」という謳い文句で雑にペットちゃんを扱う業者や、サービス終了後に高額な追加料金を請求してくるような業者もありますので注意しましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら

ペット火葬 対応地域

Area information

お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております お客様に安心してお任せいただけるサポート体制が整っております