ペットを亡くした方へのお悔やみの言葉やマナーを詳しく解説

お役立ちコラム お役立ちコラム

ペットを亡くした方へのお悔やみの言葉やマナーを詳しく解説

ペットちゃんは私たちに癒しやたくさんの幸せをくれます。その大切なペットちゃんが亡くなった際は、とても悲しく辛い気持ちになってしまうことでしょう。もし、あなたの大切な人のペットちゃんが亡くなった時、どのような言葉をかけてあればいいのでしょうか。ペットを飼っていない方はとくに悩まれることと思います。今回は、ペットちゃんを亡くした方へのお悔やみの言葉やその際のマナーについてご紹介します。

言葉をかける前に

寄り添い合う猫の写真

お悔やみの言葉をかける前に大切なことは「ペットちゃんは大切な家族」ということを理解して接することです。犬や猫、ハムスター、蛇などペットの種類に関係なく、飼い主様にとっては大切な家族です。どうしても理解できない場合は、無理に言葉をかけずそっと見守ってあげる様にしましょう。どんな言葉よりも、友人や知人の気持ちに寄り添ってあげることが何より大切です。人によっては「言葉よりもそっとしておいてほしい」という人もいるでしょう。「せっかく言葉をかけてあげているのに……」と自分の価値観や感情を押し付けず、気持ちに寄り添ってあげましょう。

また、お悔やみの言葉をかけるだけでなく、ペットちゃんの話を聞いてあげることも大切です。これまでペットちゃんと過ごした思い出やお別れしたときのこと、たくさん話を聞いてあげましょう。楽しいときのことを思い出したり、悲しい気持ちを人に話したりすることで少し気持ちが楽になることもあります。もちろん、あまり人に話したくない方には無理に聞き出す必要はありませんので、相手の反応を見て対応するようにしましょう。

言ってはいけない言葉

バツのサインを出す女性

ペットちゃんを亡くした友人を慰めようと言った言葉が、反対に相手を傷つけてしまう場合もあります。お悔やみの言葉をかける前に、言ってはいけない言葉をいくつかご紹介します。

・「たかがペットじゃない」

何度も言いますが、ペットちゃんは飼い主様にとって大切な家族です。そのことを理解せずに「たかがペットが亡くなったくらいで」という言葉をかけてしまうと、反対に相手を傷をつけてしまうこともあります。

・また新しい犬を飼えば

新しいペットを飼うことで気持ちが楽になるということもあります。しかし、タイミングは人それぞれです。ペットちゃんを亡くしたタイミングでそのような言葉をかけられると、「あの子は物じゃないんだから、代わりなんていない」とさらに悲しい気持ちになってしまうでしょう。

・○○できればよかったね

飼い主様の中には「もっと○○してあげればよかった」と後悔をしている方も多くいらっしゃいます。しかし、いくら後悔してもペットちゃんは戻ってきません。後悔している飼い主様に対して「そうだね。○○できればよかったね」と同調してしまうと「やっぱり私のせいだ」と自分を責めてしまうので、言わないようにしましょう。

・そんなに泣いてると安心できないよ

悲しいそうな友人を見ているとつい「そんなに泣いてばかりいると、ペットちゃんは安心して旅立てないよ」というようなことを言いたくなります。しかし、悲しみは我慢せず吐き出すことが大切。落ち着くまでそっと寄り添ってあげましょう。

かけてあげたい言葉とは

手をつなぎ合わせる写真

前章では、言葉をかける前に理解しておくことをご紹介しました。そのことを踏まえた上で、この章では実際にかけてあげたいお悔やみの言葉をご紹介します。友人や知人、職場の人などかける相手やシュチュエーションによって言葉も変わってくるでしょう。言葉をかける相手やシチュエーション別にご紹介していきます。

・友人や知人

友人や知人の場合は直接聞くことはもちろん、SNSで知ることもあるでしょう。「お悔やみ申し上げます」という様な言葉は使わず、自分の言葉で伝えるほうが気持ちが伝わるでしょう。

例1)○○(ペット)がいなくなって寂しくなるね。一人で辛い時はいつでも連絡してね。

例2) ○○(ペット)は○○(友人)の家族として過ごせてきっと幸せだったと思うよ。

・上司や目上の人

例)この度はご愁傷様です。ペットちゃんが亡くなられて寂しくなりますね。

・部下

例)○○(ペット)ちゃんが亡くなってとても辛かったね。無理せず辛くなったら言ってね。

・メッセージや電報

例)○○(ペット)ちゃんのご逝去の知らせを受け、とても驚いています。寂しくなると思いますが、きっと○○(飼い主)さんのこと見守ってくれているはずです。1日でも早くご家族の心が癒される様に、心よりお祈り申し上げます。

言葉をかけるタイミング

クッションを抱きかかえる女性

友人や知人のペットちゃんの不幸を聞いたら、できるだけ早くお悔やみの言葉をかけることが好ましいでしょう。しかし、聞いたタイミングによっては時間が経ってしまっている場合もあります。その様な場合は、四十九日や初盆・一周忌などの法要のタイミングが望ましいでしょう。

また、人によってはそっとしてほしいという方もいらっしゃいます。一度お悔やみのメールを送ってから返事がないからと言って、何度も連絡する様なことは控えましょう。気持ちが落ち着いた時に連絡がくるまで待つ様にしましょう。

言葉と一緒に贈り物をする

色鮮やかな花束

大切な方のペットちゃんが亡くなった際は、お悔やみの言葉と一緒に贈り物をされる方もいらっしゃいます。言葉だけでなく、ペットちゃんや飼い主様の気持ちに寄り添った贈り物は大変喜ばれます。しかし、何を贈ればいいのか分からないという方も多いと思います。そこで、この章ではどのようなお悔やみの贈り物があるのかご紹介します。

・お花

ペットちゃんのお悔やみの贈り物として、一番人気なものがお花です。生花はもちろん、ペットちゃんの形をしたブリザーブドフラワーなども飾るだけで華やかになるのでとても人気です。

・お菓子

お供えしたあとに、人が食べることができるようなお供え用のお菓子なども販売されています。また、ずっと飾っておけるような本物そっくりのフェイクフードなどもあり、贈り物として人気です。

・キャンドル・LEDランプ

LEDランプやケーキなど食べ物の形をしたキャンドルもお悔やみの贈り物として人気です。見た目が可愛いキャンドルは置いておくだけで、華やかになります。

・写真・写真立て

ペットちゃんの写真がスマートフォンやカメラに残っている場合は、現像して写真立てに入れて贈ってあげるといいでしょう。ご自身が持っていない写真にきっと喜んでくれることと思います。

・クッション・マグカップ

ペットちゃんの写真がプリントされたクッションやマグカップなどのオーダーグッズもお悔やみの贈り物として人気です。等身大のサイズのクッションもあり、まるでペットちゃんが傍に居てくれているような感覚になると、飼い主様に大変喜ばれています。

・ぬいぐるみ

電報と一緒にぬいぐるみを一緒に贈る方もいらっしゃいます。ぬいぐるみはとくに小さな子供がいらっしゃるご家族には喜ばれる贈り物です。また、ぬいぐるみとブリザーブドフラワーが一緒になっている華やかな物もあります。

まとめ

大切な人のペットちゃんが亡くなった際は、お悔やみの言葉や贈り物をしたいと思われる方も多いと思います。しかし、マナーを知らないと反対に相手を怒らせたり傷つけてしまったりすることもあります。自分の価値観を押し付けたりせず、何より相手の気持ちに寄り添ってあげることが大切です。どうしても言葉や贈り物ができないという場合は、無理にしなくても問題ありません。元気になることをそっと見守ってあげましょう。

ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら ペット火葬ハピネスのサービス紹介はこちら